<   2011年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Eのこと。




名古屋に比べれば暖かい地方といわれる私の住むこの町も、

さすがにこの二日ばかり氷点下となっています。。。

「寒い寒い」と身を縮めていても寒さは一緒。

カーポートの下の落ち葉を掃除し始めた・・・

リズムに乗って・・♫さっさっさっさ・・・♫


これがまた調子に乗ってきたらば気持ちいいこと。


空気が冴えている~~


やっぱり外に出て、体を動かすって大事ね。

ここんとこ一年を振り返るニュースは原発事故と津波のこと・・・。


当たり前に思っていることが当たり前でないということを思い知らされた一年だったように思う・・・


無事に一年を過ごすことができ、また新たな年を迎えられる幸せを忘れないようにしたいものです。


仮設住宅はこの時期、どんなに寒いことでしょうか・・・




===================




ところで。

Eから嬉しい報告の電話がありました。


小学校講師の仕事に就くことができるとのこと。

声が心なしか弾んでいるようにも思えた。


その報告をききながら、知らず知らず泣いていました。


「認めてもらえること」って嬉しいじゃないですか。

やっとEの地道な努力が報われたかなぁ・・って・・・・・

そしたら、込み上げてくるものが・・・・


親はどうしたって自分の子供をひいき目に見てしまうとこがあるんです。

失敗しても、落ちこぼれても、もうだめだと諦めそうな子を前にしても・・・

いいや、この子は大丈夫!!

と根拠のない確信を持っているのも親。


だってね、親が信じなかったら誰が信じるんですか。

子どもの長所も短所もぜ~んぶ丸ごと受けとめるのが親だと思っています。




===================




孤独でいることを自ら選んで生きてきたEですが、

むしろ孤独でいなくてはいけないような感じさえ漂わせていたE。


そんなEを見ていて、

いつか、どこかでEが心から好きになれる人が現れるといいなぁ・・

このままではEの人生、寂しすぎるわ・・・

・・・と思っていたら、

突如出現!!

Riでした。



================



そして今回は・・・

今までEがこつこつと地道にやってきたことが、仕事につながったらどんなにいいかと願っておりました。


Eは頭で考えるよりも行動して体で獲得していくタイプ。

研究向きではない。


生身の人とかかわることが好き。

人を押しのけてぐいぐい前へ出るどころか、後ろに下がっていってしまうE。

前へ出ようともしない。


ただし。

こだわりはめっぽうある方です。



================



今年、関西レインボーパレードのかかわって、

Eが変化してきたように感じるきょうこのごろ。

どうやら自己改革に乗り出している模様。


そして、この一年がまさに終わろうとしているこの時期に、吉報がもたらされました。



================



一歩ずつでいい、

確実に、少しずつ、進んでいけば・・・。

はじめの一歩です。



おめでとう。

Eらしさを忘れないで、しっかりね。

私たち家族はEを心から誇りに思っているよ。



もうすぐ帰ってくると言ってましたが、

どんな顔して帰ってくるんだか!

ねっ!




ちょんちょん!(^^)!



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2011-12-28 00:24 | まみーとEのきせき

嬉しいことふたつ。

後ろのテレビから小田和正のクリスマスコンサートらしき歌。

これをバックミュージックに書いております。



娘Eからクリスマスカードが届きました。

たいていは、ぷにさんと私宛てなのに、今回は私宛て。

ちょっと嬉しい♫



飲んだくれたカエルが電車の車内で居眠りしている絵ハガキ。

田園風景が広がる車窓。

窓際には缶ビールとウィスキーの瓶。

吸いかけのタバコを突っ込んだ灰皿。

ふふ~ん・・・


クリスマスグッズは何もない。

でも書いてある言葉と、

手描きのちっちゃなサンタさんがそこはかとなくクリスマス気分を醸し出していて。

そこがEの心憎いところ。

ありがとう。

忙しい中、よく書いてくれたなぁ・・


静かなクリスマス。




================



きょうはもうひとつ、嬉しいことがありました。


お友達のSちゃんが息子さんと一緒にアトリエを訪ねて来てくれました。


息子さんはクラウンの見習い中。

お会いするのは初めてでした。

きれいな目をした若者です。


いったい親子してなになに?

ってきいてみたらば・・・

おもむろに白のデニムのつなぎを出して言うのに、

急ぎでオレンジ色に染めてほしいとのこと。

クラウンの衣装なんだって。


私からの提案。

レインボーと水玉で染めさせてくれない?と。

子どもたちが見てて楽しめるものを。

きれいな色で染めさせて・・・と。

見て楽しくなる衣装にしたい。


快くOKしてくださったので、腕まくりして染めさせていただきます!!


しかも超急ぎで。(やや不安)


===================




「人生は二度とないんだから(後悔のないように)」


先日の東京で、ヴァンちゃんに何度も言われたこの言葉。

心にずっと残ってる。

ほんとにそうよね。

だから、ちょっと無理をしてでも、彼のクラウン修行のお手伝いをしたいと心から思ったことでした。


人を笑顔にするお仕事、すばらしいと思っているから。

オリジナル衣装はきっとお役にたつはずと信じて。


たぶんこれが今年最後の染めの仕事ね。 

頑張っての気持ちが伝わるといいな♫



================



もしかしたら・・・

了解をもらえたら、ブログに写真載せるかも・・・です。


お楽しみに。

怒涛の年末へ!(加速がついてきたッちゅうのに!)


乞うご期待~~


ちょんちょ~ん(@_@;)


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2011-12-25 16:37 | にっき

認定式はともかく、飲み屋さんの話。


私のだ~いすきなクリスマスマスコット。

ドンナカイ?顏の、トナカイよん♫

クリスマス気分をほんの少しお福分けね。

a0238324_21545219.jpg




==================


昨夜11時帰宅。

けさ自分の顔をよくよく見たら・・・

目にくまができているではあ~りましぇんか!(=_=)

まぁ、ふだん地方でのんびり過ごしている私にしては、

かなりのハードスケジュールでござんした。


=======================



きのう、千葉県南柏市へ行って、会終了後、その日のうちに帰ってきました。


前日より東京の友人Mちゃんちで泊めてもらってまして。


着いたその夜、飲めない私がまさかの飲み屋さんのハシゴ。



================




食事に行こうと連れて行ってくれたMちゃん旦那さまと待ち合わせのお店。

ここは・・骨董品屋さん??

・・・かと見まごう程の狭くて暗くて骨董品だらけのお店。


奥からふる~い皮のカバンなど出してきて中のレコードなんぞ見たりして。

そのとき、カウンターの下をなにやらゴ○○○らしきものがさささっと走りぬけるのを目撃してしまったものの・・

「見なかった!!・・・見なかったよね!!・・見なかったことにしよう!・・」とMとひそひそ・・・こわいわ~(゜.゜)



まるで店も店のご主人も全部骨董品・・・70歳はとっくに過ぎていらっしゃる・・・

たぶんサンタの衣装がぴったりフィットだと思うわ。


私の目の前に、木彫りのペリカンがいい顔してデンと鎮座。


「ペリちゃん、いい味出してますけど、ここにいるのは間違いですよね~

やっぱ、この子は宅急便の会社においとかないと!ほら、ペリカン便!!

って言ったら受けたわ~!(^^)!



=======================



お酒飲めない私がいるのはまるで場違いだと思うものの、帰れない・・・

ノンアルコールは水しかないと言われ、水でいいと言っているのに、

となりに座っていた見ず知らずのお客さんが

「リキュールを一滴落とすとおいしいよ・・・」とにこやかにおっしゃる。


言わんでいい!!とこころの中で思っていたら、

一滴どころか・・・色が変わるくらいたっぷり入ったグラスが出てきた(>_<)。



===================


私ね。

お酒はチョー弱いんだけど、お酒の香りと味は結構わかるつもり。

洋酒の香りも静かにお酒をいただく雰囲気も嫌いじゃないんです・・・(-_-)。

ジャズ聴きながら・・とかね。

お酒飲んでなくても、酔えるタイプだと自分では思っています。



====================


おいしいおでんがあるからと言われ、ついてきたのにその日に限っておでんはない。

出てきたのがグラス・・・

ま~・・・味見してみよか・・・・

一口・・・・ゴックン・・・(^u^)

・・・ん~・・・いい香り~・・・・おいしいわん!


思わず勧めてくれたお隣さんに、「これ、おいしいですね~」

彼、したり顏で、「でしょ?」

やられました。


数少ないメニューから肉団子を選んで食べながら飲みながらお客さんとおしゃべり・・・


お酒をちょびちょび・・・


楽しいじゃ~ん♫



===================



さて、骨董品屋のお店を出て家に帰るのかと思いきや、

Mちゃんが、

「ゆうちゃ~ん、まだおなかすいてるでしょ?おいしいお料理出すお店があるから行こう行こう!」

・・・って。

あなた、私が大食いだと決めつけてない?


かくして方向音痴の私は二人のあとをついてゆく・・・とぼとぼ・・


次に行ったお店が、これね。

a0238324_22272555.jpg


かなりふざけた名前だと思ったんですが、これって、誰かの歌の名前なんですって?

なんか怖そうなお店。  どよ~ん・・・


ドアを開けたら大音響でカラオケうたってる~!!

しかもヘタ!!


料理上手なマスターに作ってもらった焼きそばはまだいいとしても・・・

私はマスターに訊きたかった。

「ナスのグラタン」がなぜ、「ナスがなしのホタテのグラタン」になっているんですか~?


やたらしょっぱいナスなしグラタンを、へたなカラオケきかされながら食べるのに苦労いたしました。



======================


でもとってもいいことも。


Mの御主人、ヴァンちゃんは昔本気で歌手を目指そうとしたくらい歌が上手。

とはいうものの、3万円出さないと歌わないと出し惜しみをしておったのですが、

とうとう幻の歌声を聴かせていただきました。

しかも3曲も。


おそらく、あまりにその場にいた方々が歌がウマ過ぎるので、お口直しに歌ってくれたものと思われます。


「愛の賛歌」 Mちゃんとデュエットの「昭和枯れすすき」(なんでまたこの選曲?)  「シクラメンのかおり」


顔はともかく、ほんとじょうずでした。来たかいがあったというもの。



==========================



だれしもヘタな歌を強制的にきかされるのって嫌じゃないですか?

私は我慢ができないたち。


歌う楽しさ。

知らない人とも楽しく共有する場と時間。


Mちゃんとヴァンちゃんはふたりともとてもコミュニケーションを取ることが上手。

社交的。

大人のマナーもわきまえている。

自分ができない分、尊敬してます。



どうやらヴァンちゃんは、私がこういうお店に行ったことがないだろうと、社会勉強させてくれた模様です。




============================




二人のデュエットを聴きながら、

少しは夫婦で楽しむ時間も持つようにした方がいいかなぁ・・・て思いました。

そのお店、ご夫婦でカラオケ楽しんでるカップルがいらっしゃいました。


夫ぷにさんはいい声してるんです。

婚約時代にはときどきカラオケに行って私に歌ってくれたっけ(あら)。


私はヘタだけど、聴いてあげることはできる。

仕事でストレスためっぱなしのぷにさんにはたまにはいいかもね。

共通の趣味がない夫婦だからこそ、ね。



===========================


さてさて・・日は変わり・・・

翌日は、友禅教室の生徒仲間とMちゃん夫婦と総勢6人、千葉県の、とある会館で会の認定式に出席してきました。


結婚式場でもあるその会館のロビー。
バックで椅子にふん反り帰っているのが、ヴァンちゃんよ。
a0238324_2123614.jpg


結婚衣装の展示。
a0238324_23385310.jpg


スカーレット オハラが出てきそうな階段。結婚写真スポット用?
a0238324_23394556.jpg





結婚式も何組か。華やかなムード。


認定式は・・・なんと昼12時から始まり、終わったのが4時。

宴会兼ねたお食事時間の長~いこと(@_@;)


大急ぎで東京に帰り、着換えて、新幹線に飛び乗り、11時帰宅~



========================



なんだかんだのミニ旅行。

季節は寒かった。人は温かかった。


ということで!!

めりーちょんちょんくりすます~♫
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2011-12-24 11:03 | にっき

知らないことは恥ずかしいことじゃない。


知ったかぶりすることの方がずっと恥ずかしい。

本当に恥ずかしいことは、自分で自覚せず、迷惑をかけたり、嫌な思いをさせてしまうこと。

50を過ぎてもそんなことの繰り返しの毎日。

まだそれに気付くだけましか・・・なんて自分を慰めたり。


====================


きょう、東京へ出かけます。

私の所属する会が主催する認定式出席のため。

今年「型友禅講師」の資格をとったので。

この上となると、教授クラスになっていく。

私はそこまで資格を取るつもりないから、晴れがましい席に出席することはもうないと思います。

だから、思い切っての出席参加。

きょうは師でもあり親友でもあるMん家に泊めてもらい、明日が認定式で千葉へ。


====================


楽しめたらいい、と思うのですが。

私はそもそもこういうのが苦手。

着物一式も持っていかなくてはいけないというのに、支度がまだ。

それどころか仕事の方もまだちょっとやらなくてはいけないことがある。


======================


昨日、娘のあんちゃん(E姉)に東京に行くから会えないかなと思って電話した。

繁忙期で仕事が夜遅くまで在るとのことで無理とのこと。

仕方ないね、また季節のいい時に会おうねと電話切りました。

みんな頑張ってるな・・・

お互い、無理せず、私は認定式のみ出て、即帰ってくるつもりです。


=======================


「型友禅」はそれなりにやりがいがあります。

型さえあれば、手軽に染められる。


私は、絵も描くし、手織りも少し。

どちらかというと、自己表現という意味では、絵を描く方が私らしいと思う。

資格を取るために、先生のお手本を見ながら、染める作業をし続けていると、ちょっと息苦しい。

染めの技術や色の使い方を審査されるから資格を取るためには通らなければならない門です。


これからは自由に自分のしたいことができそうです。

自分らしさの追及。

枠にはめるのも自分。

枠を作っているのも自分なのかもしれない。

心しだいですね。


===============


読みたい本を一冊持って、

遊んできまっす!


ちょんちょん(^.^)/~~~


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2011-12-22 09:47 | かんがえたこと

年をとればとるほど・・・

これ、なんだかわっかるかな?(笑)
a0238324_12463833.jpg


アボカド。
私が買ってきて、食べたアボカドの種を埋めておいたら、三本芽を出しまして。
それを鉢に植え替えて。
元気に育っております。スゴイでしょ!
これで三年目。
将来的にはアボカド農園を営もうかと・・・ホンマかいな(笑)



ここんとこちょっとアイロンかけをさぼっておりましたら・・・

ワイシャツが8枚も!!

クリーニング代節約も楽ではありません・・・(-_-)・・・

さきほどからせっせとアイロンかけ。


せっせせっせ・・・


ただ。

そういうときに限って色々頭ん中に浮かんでくることがある・・・



================



「年をとればとるほど、自分を叱ってくれる人がいなくなるから、

それでも叱ってくれる人に・・・たいていの場合、それは親が多いのだけど・・・

あえて嫌われることを覚悟して言ってくれる人の存在は貴重なのだ。

ありがたいと感謝しなさい。

自分が嫌われたくないからふつうの人は言わないだけ。」




夫の母が言っていたこの言葉。今になって、ふと思いだしました。


人間、年をとると、地位も名誉もプライドもそれなりに持つようになり、部下なんかもいたりして・・・

部下がいなくても、親になって子どもをしつける立場になってたりする。


要するに、上から目線で平気でモノを言うようになっちゃってる。

自分でも気付かずに・・・・

嫌だけど。


『「先生」と 言われるほどのバカじゃなし』

昔の人はうまいこと言ったもんです。



叱られる立場より、指導したり叱る立場になると、どうしても謙虚さに欠け、傲慢になってきますよね・・

そういう立場に立っていても、傲慢にならずに謙虚な気持ちでいられる人が人格者だと思います。




あれれ・・

なんか・・・「がばいばあちゃん」みたい・・・?

すぐ感化されるのね、わたち・・・


「ばあちゃん」はちょっと早い気がする・・・

「がばいマミィ」・・・ってどう?♫




========================



最近、聞いてるつもりで、けっこう自分の思いこみに走っちゃっているということを指摘され、あ~あ・・・です。


「ただ話を聞くだけ」ということ。

これって、本当に難しい。

自分の考えを入れずに、相手の話に、ただ耳を傾ける。



何か言ってあげなくては・・

とか・・・

私だったら・・・

とか・・・

アドバイスはないか・・・

とか・・・


聞いていながら聞いてなくて、そんなことばっか、かんがえてませんか。


これって、話してくれている人に対してかなり失礼な話。



クセになっているんですよね~、私。

ひとことも要求されていないのに。


自己嫌悪にさいなまれます・・・




====================


もうひとつ、思い出した話。

題名も忘れた、昔テレビで見た古いアメリカ映画だと思うのだけど・・・



二組の宇宙飛行士の夫婦の話。



二人の宇宙飛行士が命をかけて宇宙へと向かう。

これは家族と言えども絶対命令で極秘にしておかなくてはならない。

ひと組の夫婦は、夫は黙っているのですが、妻が大変理知的でカンの鋭いかた。

隠していても、ふだんとちがう夫の様子に感づいてしまう。

夫も問いただされ、言わずにはいられなくなり、告白する。

妻はそんな夫をロケット打ち上げから帰還まで、ともに苦しみ、悩み、献身的に夫を支え続ける。


もうひと組の方はというと、

妻がとっても天然でお気楽なかた。

夫が元気のないことなど、気づきもしやしない。

悩みというものがこの人にあるのかというくらい。

日常のつまらない出来事や噂話のおしゃべりにママ友と盛りあがり、「夫元気で留守がいい」・・のタイプ。



ロケット打ち上げのその日も、夫は、もしかしたら永久の別れになるかもと、

せめて妻には言おうとするのだが、いつもと変わらぬ妻の様子に、

「ま、いっか・・」の心境で何も言わず家をでる。

妻は鼻歌交じりで洗濯物なんぞを干していて、振り向きもしない。



一方の、察しのいい妻の方はというと・・・

悲壮な顔の夫に、妻は、熱い抱擁とキスをして、無理に笑顔を作り、送り出す。

胸は引き裂かれんばかり・・・悲壮感漂う別れのシーン・・・まるでお葬式。



======================



結果、無事二人とも地球に帰還。

帰還までには命の危険が幾度となく襲い、よくぞ無事に・・・というくらいの場面があったのですが。




やっとこさ帰宅するふたり。



出来の良い方の妻は、夫の留守中、心配のあまり身も心もくたくた状態。

嬉しいのだが、夫を迎える元気もないくらい。



かたやお気楽妻は・・・

夫がやっとの思いで帰ってきて、疲労困憊でソファーでぐったり座り込んでたら、

夫が帰ってきてることにようやく気がついて、

「あーら、あなたいたの?」

のひとこと。


日常、なーんも変わらない感じで。


夫はそんな妻の言葉と態度に怒るどころか、なぜか晴々した気持ちになり、

笑顔で妻にキスしにゆく・・・


ここでおしまい。



==================



わかってたほうがいいか悪いか。


知っていた方がいいか悪いか。


すべて知ることの方が、知らない時より苦しいことも多々ありますよね。

その人の性格にもよるのでしょうが。


ガン告知。

余命宣告。

カムアウト。


一番理想的なのは、

すべて知った上で、無理なく自分らしく普通でいること・・・・

じゃないかな・・・・


私には絶対無理(>_<)。

御釈迦様でもあるまいし。


あなたはどっち派?


====================



さて、私は続きのアイロンかけアイロンかけ~~♫


夫ぷにさんは期限目前で毎日切羽詰まって仕事してますぅ~


ちょんちょん(^.^)/~~~


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2011-12-20 11:26 | かんがえたこと

友人とのランチでの話。



さすがにここ連日の寒さがこたえるので、ぶ厚いとっくりセーターを着たまでは良かったのですが・・・・

夜、お風呂に入るときに気がつきました(>_<)

前と後ろ、反対に着ていたことに・・・・

ポケットが後ろになってた!

が~~ん!!(-"-)・・・


いつになったらこのそそっかしさは治るのでしょうか・・・

もはや治ることを期待すること自体、まちがいでしょうか・・・・


性格か・・・・もしや・・・・認知性の始まり?・・・・・・・・・・


あ”~~やだやだ!!


急いでいたからということにさせてください!!(無理やり)



======================



この間。

半年ぶりに会ってランチしたお友だちがいます。

彼女は私よりひとつふたつ年下で、実家は福島。

男の子二人のお母さんで、妹の友人だった人。

妹の闘病中、彼女もまた同じ病気で入院していた。

何回もの手術入院を経て、早や5年が過ぎた。

彼女が元気でいてくれること、それだけで私は嬉しい。



===================



地震の被害状況やら積もる話をいろいろする中で。


去年から資格を生かしてスクールサポートの仕事をしていた彼女ですが、

来年四月から非常勤講師で理科を教えることになったと嬉しそうに報告してくれました。


毎日生徒と関わる仕事に就く彼女に、思わず、Eのことを話した延長で、

セクシュアリティで悩んでいる子どもが必ずいると思うから、ぜひそういった生徒にも目をむけてあげられる先生になってねと言っていました。

リストカットの傷跡とか、手に爪をたてた跡が消えずに残っているこどもに気がついてあげてほしいと。




=====================



カムアウトの話から始まり、大学でのブログ展、続ブログ展の話、関西レインボーパレードの話・・・


彼女は静かに私の話に耳を傾けてくれました。


遅まきながら、教員採用試験にも挑戦したいという彼女。


そんな意欲がわくほど、元気になってくれて・・・・



======================



病気の再発の不安を持ちながら前向きに生きようとしている彼女。



命の大切さを自分の体験からよく知る彼女だからこそ、きっと彼女に救われる生徒がいることだろう・・・



ただし、頑張りすぎないでね、ちあきさん!!


元気でいてくれて、ありがとう!



ちょんちょん!(^^)!



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2011-12-20 00:11 | にっき

大いなるものは遠くまで行く。遠くまで行くものは還ってくる。



世間は師走でせわしなくなっていますが、庭の木や花からみたら関係ないことで。

咲く時期に咲き、散るときに散っていくだけですね。


毎日あたふたとしているまに、ふと我が家の庭に目を向けてみると・・・

サザンカがこんなに咲いていました。
この木は、毎年たわわにつぼみをつけ、咲き続けてくれます。

a0238324_23114652.jpg


庭のドウダンツツジが真っ赤に紅葉。
「どうだん!?」・・・なんちゃって(笑)

a0238324_2371724.jpg



南天の実がこんなにたわわ・・・
白南天なんてん(?)言うのもあるんですのよ。
これ、白南天ね。

a0238324_23145815.jpg

 
こっちがフツーの南天ね。

a0238324_2355740.jpg



===========================



私が、庭の季節の変わりように気もつかず、何をしていたかというと。

カレンダーや年賀状作りもさることながら・・・

a0238324_2319980.jpg


これ、来年用カレンダーね。

ちなみに、こっちは今年のカレンダーでした。

a0238324_23465160.jpg



この時期に思いがけない人との再会や出会いがいつになく頻繁にありました。



=====================



なぜか身のまわりの空気の動きが激しい気がいたします。

抽象的な言い方しかできないのですが・・・・


毎日何かしら変化のある毎日です。

ブログ更新までたどりつけないような・・・(ただの言い訳か!(笑))



=======================



きょうは、ようやく、以前より額縁屋さんに頼んでいた、おっきなパネルを受け取りに行くことができました。


この額縁屋さん、不思議なかたで、大好きなかたなのです。

Tさん。



Eの大学祭展示用のパネル11枚も大急ぎでお願いしたこともあり、きょうはその写真も見てもらおうと、持って行きました。



私:「おかげさまで、こんな感じで展示ができました!」


Tさん:「おっ!!なかなかいい感じじゃないか・・・あのとき、あんまり頑張ったんで、腕が痛くなっちゃったんだよね~」


私:「すみませんでしたね~・・・ところで「LGBT」って言葉、知ってます?」


Tさん:「知ってるよ。」


私:「実はこの写真の私の娘が当事者で。  この展示はLGBTをテーマにしたものなんですよ。」


Tさん:「なかなかいいことやっとるじゃないか!お役に立てて嬉しいね~♫  

次はあんたの番だよ!しっかりやんなさい!!」


・・・・・って、はっぱをかけられてしまいました。


私、るんるんで軽トラを運転して帰ってきました。



=========================



自然にそんな会話ができて、とても優しい気分にさせてくれるTさん。


いろんな作品の額縁を何十年も手がけてきたTさんのような人がかけてくれる言葉が、ウソがなくて私は嬉しいです。


============================



最近読んだ本   「がばいばあちゃんの口ぐせ  本当の幸せは目の前にある」

とってもよかった。


あんまり難しく考えなくても生きていけるわ~

って思えた。


人の目を気にしないで生きる。

まず、わがこと。
世のため、人のためはウソ。
まずわがことを頑張って、余裕があったら人にやさしくしてあげたらいいし、分けてあげたらいい。
これが本当のところ。

人間は5分悩んで解決せんもんは、解決せん。なるようにしかならん。
人生は思い通りにいかないもの。



そんなこんなの言葉がいっぱい登場して、楽しく読めて納得。

心が軽くなりました。


がばいばあちゃん流で生きゆくのが私の理想だわ~


(クリスマスまで「ベリークルシミマス」って感じだったけど・・・)


ちょんちょん。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2011-12-18 22:34 | さくひん

嬉しい悲鳴。



奈良から帰ってきた翌日。

夫ぷにさんは忘年会でタクシーで帰宅していたので、朝、会社まで送って帰ってきたら・・・・・・

アトリエの前に何やら野菜の山が置いてあるのに気がつきました。



そう言えば、奈良にいるとき絵手紙教室の生徒さんが、畑の帰りに野菜を家の前に置いておきます、と電話をくださっていたのでした。

まさかこんなに持ってきてくれたとは!!


a0238324_15263.jpg



白菜、大根、ニンジンの抜き菜、菊菜、小松菜、水菜、ブロッコリー、蕪、チンゲン菜、サラダ菜。

はらぺこ青虫の食事のあとで、葉っぱがところどころレース状になっているのもご愛嬌ね。


この白菜、あんまり重いので体重測定してみたら、なんと4.5㎏!

a0238324_1125912.jpg


でもって、この大根は一本で2.5㎏ね。

a0238324_1111094.jpg



ブロッコリーもこぶし三つ分のド迫力。

a0238324_1143012.jpg


(そういえば、昔ブロッコリーって、ブロックの穴の中で栽培されているから、ブロッコリーって言うんだよって教えてくれた人がいて、人を疑うということを知らない純真無垢だった私はそのまま真に受けて大人になり、親切心で友達に教えてあげたら爆笑されました・・・・・・・・今じゃウソを教えてくれたのが誰だったかも忘れちまいました・・・くやちい(笑))



せっかくの無農薬野菜。無駄なく食べたい。

・・・てなわけで、夜10時から洗っておいた野菜たちをとりあえず優先順位をつけて料理を始めたら・・・

12時を過ぎていたわ(-"-)

a0238324_1572271.jpg



大根と蕪の葉っぱは捨てずに、ゆでて刻んでカラ入りして醤油で味付け。

蕪は皮をむいて塩でもんで浅漬けに。

むいた皮はニンジンと炒めてキンピラ風に。

同時におでんを作りました。

a0238324_1574413.jpg



とりあえずキリがついたので一安心。   や~れやれ!(^^)!

はっ?!    はんぱじゃないこの量・・・だれが食べるんだろ・・・あぁ~~

近所のお友達のところにもっていこうっかな~♫


どなかたか食べるの手伝ってください!!

いくら食べても太らない料理はいかが~?



これにて、ちょんちょん(^-^)








にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2011-12-14 02:15 | にっき

奈良にいます。



昨日の夜、霧と雨の名阪国道を突っ走って、奈良に来ています。



今朝は、留守中のEの代わりに、Riの寝ていた布団の中からタオル一本と靴下片方を引っ張り出しました。

どこまでも世話の焼ける娘ではありますが、日々論文執筆に精を出しているRiであります。

いつも世話をしているEの苦労に思いをはせ、洗濯機のスイッチを入れました。



ちょんちょん。




=====================



(--〆)・・・・・・て、終わるわけないじゃん!?(笑)



今日12月11日って、何の日か知ってるぅ?

私、ぜっんぜん知らなかったんだけど!

「奈良マラソン」の日だった。


こっちに来る前に、Riが、マラソンで道路規制がかかって大変なことになるから日曜には来ない方がいいと教えてくれまして。


現在夕方五時半。

すでに終わっておりますわな・・・・



==================



こんなことはめったにないのですが・・・・・

Eがただいま、ヒマだからとお料理をやってくれています。



今日は鴨鍋・・・かも・・・なんちゃて。

鴨がネギ背負って、家にやってきたので。


カモン!!


・・・・・・・・(-.-)。




Riはがっこで。


私にとっては、大変贅沢な時間なのですよ(涙)

ありがたい、ありがたい・・・



=================





小さなことに幸せを感じられる気持ちを大事にしたいと思っています。



先日、仲良しの友人が来てくれて、なんとな~く、「体調、どう?」


って聞いたんです。


そしたら、彼女いわく(しかも満面笑顔で)


「それがさ~、私ね、来週手術することになってるんだわね!」

って、まさかのカミングアウト。


驚きましたが、このままさよならすることができなくて、家の中に招き入れ、話を聞きました。


定期検査で、腫瘍があることが判明。

どうもできている場所がよくないらしく、急遽手術することになったとのこと。


いつも明るく、元気印。

私と同級生の彼女。


ご両親はすでになく、下の息子さんは就職活動中。


入院中そばにいてくれる人がいるだろうか。

自営業だけど、入院中やこれからのことも含めて、どうするのだろう。

第一、手術して治る病気だろうか・・・


つぎつぎ疑問がわいてくるのだけど・・・・・・・・



================



結局、やさしい彼女は、私の方が不安げに見えたのでしょうね、ぶしつけな問いにも、はきはき答えてくれて、

あり合わせの料理を並べた昼食をおいしいおいしいと完食し、

別れ際、かける言葉がみつからない私は、思わず彼女を抱きしめて、

「祈っているから・・」と言い、見送った。



================



なんだか、彼女の方が私に気を遣わせないように気を遣ってくれた気がします。


もし、私が彼女の立場だったら・・・・


病人扱いされたくないし、

いつもどおり普通に接して欲しいと思うにちがいない。


いつもどおり。

これまでどおり。


自分でやれることは自分でやり、

できるだけまわりに迷惑をかけたくない。



できることなら、手術入院も人に知られずにすませてしまいたい。


そして一方では、エンディングノートを書き始め、身辺整理の「断捨離」をやる。


人前では気丈に振る舞い、ひとりのときには・・・・涙を流す・・・かも・・・・・



「やりたいことリスト」を作って、ベッドの横に貼っていつも眺めよう。


ベッドに寝てると暇だから、ブログの更新頻度はぐっと高くなり、あっちこっちにコメント書いたり、おもしろそうなブログを見つけてみたりして楽しく過ごそうとする。




======================



でもでも。


昼間はいいよ。


夜の消灯後の病院のベッドで、ひとり天井を眺める姿を想い浮かべると・・・・・

その彼女の姿を想像すると・・・・・・・・・・私はたまらない・・・・・・・



=====================



「あんたは、いっつも動き回って忙しすぎるから、白いホテルに休養に行ったと思って休んでおいでね!」


・・・・・・・て、言って手をふった
私だけど。


彼女は笑ってくれたけど。

そんなことしか言えなかった自分が情けなくなる。




トモちゃん!!

退院したら、おいしいごはん作るから、また食べに来てね!





どうかお守りください。



私も祈っています。



ちょんちょん・・・・・・・
[PR]

by jandaramommy | 2011-12-11 17:18 | にっき

盛りだくさんの一日。




くたくたです(笑)。


毎日、何かしらやることがいっぱいで。



きょうは(・・・といっても、もう日がかわってるけど・・・)午前中は月に一度のボランティア。

午後は夫の母とともに甥の結婚お祝いを届けに義妹の家へ。

夕方義母を家に送った帰り、会社へ行き、夜まで仕事。

合間を縫って、書かなければならない礼状やお歳暮の注文などなど。


夜十時半。夫から「帰るコール」。

あわててご飯の支度。

ひととおりやり終えたら12時近く。


よく考えたら、まともに自分がごはん食べてなかったわ(笑)




========================



きょうは楽しみにしていたテレビ番組がありまして。


「たけしアート☆ビート」。


彫刻家の三沢厚彦さんの特集。


つい一カ月ほど前、偶然見つけて買ってきた三沢さんの絵本。

彫刻の本もあったけど、私は彫刻するために描いた絵の方に魅かれました。


表情が在るようでないような・・・・どことなくユーモラスな動物たち。


たぶん彫刻は、本でなく、実物を見ないとその魅力はわからないだろうと思っていた。

こんなステキな絵を描く三沢さんと言う人はどんな人なんだろうと知りたかった。


帰ってきたのが遅かったから、最初から番組見られなくて残念だったけど、

私の期待は裏切られなかった。





=======================





番組途中、スペインの芸術家、「ジョアン・リポレス」さんの作品と本人、おもしろかったわん♫


リポレスさん、いつもトレードマークのお手製の帽子をかぶっていて。

その帽子、かわいいツノが2本ついてるの。

しかもその日の気分によってツノの色が変わるんだって。

赤いツノは近付くと危険という信号。攻撃するぞ!のサインなんだって。

緑のツノは「穏やか」とかね。



リポレスさん、何をしてても楽しそう。やることがダイナミックでユーモラス。

絵もなんだかユーモラス。

なんとなく楽しい気分になるような作品。

見ていて飽きない。



この番組見てたら、気分が変わったわ♫


やっぱり、明るくて楽しいって大事ね。




======================



とても忙しい一日だったけど・・・・・・・・・


その中でも、義母と過ごした数時間は正直しんどかった。

義母の価値観が私とはあまりに違い過ぎて、聞き流すことしかできなかったけど、それさえも私にはしんどかった。


義母の、今まで必死に生きて来た人生を否定してしまうような言葉はとても私には言えないしね。


義母はあまり笑うことはなかった・・・・




========================



嬉しいこともあった。


Riから嬉しい知らせがあったこと。


ボランティアでいつも会うかたが、「本当にこの日が楽しみなの!」と言ってくださったこと。


車いすの節子さんと、ハグして「また来年ね!」ってバイバイできたこと。


甥のサトシからメールが来たこと。

サトシは亡き妹の二男。

東京にいるけど、連絡があったのは半年ぶりくらい。

今もつながっていることが確認できた気がして、すごくうれしかった・・・・




====================




あすは妹の長男のマサトが大阪から会いに来てくれます。

久しぶりにお墓参りに行って、一緒にランチするつもり。



========================



一日の中でも、起伏が激しくて、こんな日もあるさ!てことで。


人はその瞬間瞬間、生きたり死んだりしているって、誰かが言ってた。


ちょっとわかる気がする。







にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2011-12-08 01:10 | にっき