<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

かくれブログファン、めっけ!・・・ なんて。





Kちゃんへ (^^)/



メールくれてありがとう。

声も聞けて嬉しかったです。

なぜか涙が少し。

あなたのがんばる姿が思い浮かんだからでしょうか。



KちゃんはE姉のアンのなかよし。

アンも、Kちゃんも、そこまでやらなくても・・と思うくらい真面目でがんばり屋さん。

たぶんその性格ゆえに苦しむことが多いのだと思います。



2年前の大学の卒業式後の謝恩会で、

Kちゃんはわざわざ私に会いに来てくれて

思わずハグしちゃったことを、この間のEの卒業式の時に思い出していたばかりでした。

Kちゃんは自分の目標を定めた、ステキな女性でした。

あれからもう2年も経つのねぇ・・・・






そのKちゃんが、なんと、私のブログを見てくれていると教えてくれました。


まぁ、嬉しい~~!!


・・・と、同時に、ちょっと照れるわ・・・(-_-;)

こんなことならもうちょっと上品にしとけば・・・とかね。。。。。(汗)


・・・・・・・・・あかんわ、無理無理・・・(-"-)私の性格上。



今さら隠しようもないので、

得意の、「ま、いっか根性」でこれからも、私、頑張るけんね!<`ヘ´>

・・・もしくはドン引きするかの、いちかばちかのスリルを味わいつつ・・・

アンが嫌がるオヤジギャグを連発したりして(笑)

私のジョークでKちゃんがあのきれいな顔を総崩れさせて大笑いしてくれるなら

多少品格が下がったところでどうってことないわ・・・コホン。

(だれ?!・・もう十分に下がり切ってると言うひと!)




=====================



会いたい、話したいと言ってくれる人の存在が

逆に私に元気をくれます。


言葉の力はやはりすごいと思う。

言葉には魂がある

言霊。。ことだま。


私が自分の心に留まる言葉を書きたくなるのも

その言葉の魂に自分の心が共鳴するからなのでしょう

理屈や分析はいらない


元気や勇気を与えてくれる言葉は呪文のようにつぶやいてもいい

そうすると、なんだか元気になる気がする

それを信じる




汚い言葉

忌み言葉は口に出さない

言葉には力があるから反対の方向にも力が働く

口に出すとその通りになる


私はそう思っています



だけど、どうしても怒りや恨む気持ちがわいてくることもある

どうするか


ポジティブな言葉に変えて言うように努力する。

無理やりな  「ありがとう」 に。


笑ってしまう  

笑ってすます


「笑えるうちは大丈夫」とか申しますしね!




・・・・・・・・・・てことで

Kちゃん、またね!

天使の絵を楽しみにしててちょうよ~(訳:していてくださいね)


ちょんちょ~ん



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-03-31 01:02 | にっき

雨の卒業式


奈良から帰ってきたらモクレンのつぼみが大きく膨らんでいました。

モクレンの花は、みんな上に向かって咲くのよね!

そこが好き!
a0238324_1545467.jpg


こぶしの花も。ムスカリも。
a0238324_1584750.jpg


a0238324_204619.jpg


春めいてまいりました♫
何やらうれしいわん(^-^)



================



Eの卒業式、出席してきました。

証拠写真。(なんちゃって)
a0238324_242081.jpg




雨天決行、袴の着付け。

雨などに負けていられまっしぇん<`ヘ´>

a0238324_273296.jpg


いかがでしょ?Eの晴れ姿。


Eの変身ぶりに同級生もびっくりだったようです。

Eだと気がつかない人もいたくらいよ。

それをまた楽しんでいる親子ふたりでした~♫


式後は記念撮影のオンパレード!
a0238324_23423948.jpg


友人と談笑するEの後ろ姿どすえ~
華やか華やか、きれいきれい(@_@;)
a0238324_2340241.jpg




============================



式を終え、ご挨拶に寄らせてもらった先で、お茶をいただいているとき、

Eから、今まで私に2回たたかれたと言われ、思い出したわ(-"-)



四年前、大学合格がわかり、すぐアパート探しをせねば!という、そのときにやった親子バトル。

今だったら、もうちょっと冷静に対処出来たかなと思うけれど、当時の私には無理な話で。

直球ストレートでEとぶつかり合った(>_<)


その直後にふたりで行ったアパート探しは最悪の親子関係だった。


幸い、いいところが見つかり、それと同時に親子げんかも自然とおさまったような記憶ですが・・・




================




大きなケガもしたE。

年末年始にかけてのまさかの手術入院と、松葉づえ生活一ヶ月半。

今思えば貴重な体験だったよね、E?


あのときいったん立ち止まり、本当に自分のやりたいことやセクシュアリティについて深く考える時間が与えられたのではないかしら・・・・



そしてその後に続くカムアウト。


それまでひたすら思考ばかりしていたEという印象がガラリと変わり、

行動的・活動的になった。

大学祭や関西レインボーパレード,ボランティアなどにかかわっていくようになる。

そしてRiとの出会い。



================



険悪な親子関係から始まった大学生活だったけど

「終わり良ければすべてよし」

と言うではありませんか。

まさにそのとおりとなりました(^^)v



親子とも、(子に比べ母親の私は遅々とした歩みですが)成長が見られたことは目に見えない財産となりました。


たくさんの友人。

支えてくださった方々の存在。

大学生活で築いた宝物です。


写真を撮りまくり、

後輩や友だちと笑い合うEの姿を後ろで眺めながら

私は私なりの満足感に浸っていたのでした。



卒業、おめでとう。

私からも ありがとう 


雨が降ろうが、寒かろうが、すべてよし。

大丈夫。

そう思えた卒業式。



ちょんちょん(^^)/



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-03-29 02:14 | にっき

飲み始めました




ノンアルコールビールって、いいな!

って、思うようになりました

一緒にお酒飲んでる気分になって、楽しいぴょん♫


ぷにさんは365日飲まない日はないくらいの人なのに

私ときたら酒粕のお漬物でも酔ってしまう

なにせ・・・注射する時のアルコール消毒で皮膚が赤くなってしまうもん(-"-)

コップ1/3のびぃるで真っ赤になるわ、頭痛はするわ、気持ち悪くなるわで大変なことに。


お酒の味も分かるし、たしなむ程度のお酒の雰囲気は好きよ・・・

でも飲めないとあきらめていた私。




======================



・・・・・・・・・・・・・・て、ずっと思ってました<`ヘ´>


そんなあたしにつよ~い味方が現れたヽ(^o^)丿

のんあるこーるびぃる!!

素直にいいと思う。


たまにお祝いの席とかで乾杯する時にはノンアルコールを飲んでいたんだけど

家では買ってまで飲む必要はないと思っておったのですよ。

でも、ここ最近、家に人が集まる機会が増えて、

車の人や私みたいなひとでも気分だけは一緒に味わおうと用意するようになったら、

楽しいじゃんか~?!

何より、ぷにさんが喜ぶようになったわ

仕事から帰って来て、一緒に乾杯出来るもんね・・・えへへ!(^^)!



=================




Eの卒業式で奈良に出かけます。


とうとうこの日がやってきたか!・・・という感じです


RiもEも生活環境が一変する。


一人暮らし。

社会人。

これからは 「株式会社 じぶん」 を自分で経営していくつもりでねって思う。

経理も総務も人事も営業も「株式会社 じぶん」の仕事。

自分の判断でやっていく。

責任もすべて自分。

赤字も黒字もね。




=======================



一人暮らしの準備は

たとえアラサーといえども、

したことがない人に、もう大人なんだから自分でやんなさい、はちょっと無理だと

自分の経験上、思います。


それぞれ3人の子どもたちは大学生活をひとりぐらしでするということになりましたが

今思うとなかなか大変だった。

でも楽しかった。



思い出すなぁ・・・・・・・・・・


長男のときなどは

台所に立ったこともなければ、包丁も持ったことがないくらいで

洗濯もしたことがない!


広島に住むことになったときに、まず教えたのはお金の下ろし方だった。

夫と引越しの荷物を車に積めるだけ積んで、

向こうに着いて、三日間、親子三人でやっていたことと言えば

ひたすら家具の買い物と組み立てだった。

みそ汁の作り方くらい教えようと思っていたけどその時間も取れず

とりあえず生活できそうなくらいまで部屋を整えるだけで精一杯、時間切れ。

だれも知り合いのいない山間の町に長男をひとりおいて帰ってくるときの気持ちは今でも忘れられないくらい心配だったし、つらかった。

でも自分で選んだことだし、それなりにやっていくしかないのだと言い聞かせて後ろ髪を引かれる思いで帰ってきたっけ・・・



今年も私と同じような思いで子どもを送り出す親がいっぱいいるんだよね・・・・・


兄、姉と続いて奈良に送り出したEも、もう卒業なんだ・・・・


よくがんばったなぁ・・・・



家族を代表して、Eの卒業を見届けて来ようと思います!


ちょんちょん(^^ゞ









にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-03-21 10:38 | にっき

how beautiful you are


「ふたり展」を見に行って、私も描く気になりました。
久しぶりの筆の感触・・・・
これは子守唄ね
a0238324_0143537.jpg


a0238324_0145965.jpg


私の好きな言葉です



成績がどうだとか、反抗期だとか、進路がどうのこうのだとか

子どもが成長するにつけ、いろいろな問題が起きてくるわけですが


初心に帰ると言いますか・・・・

この詩を読むと  そうだったそうだったと思いだすのです

幸せ感を・・・・・・・・・





=====================






普段あまり見ないテレビをつけたら

浜崎あゆみの歌「how beautiful you are」に目が釘づけになった


いろんなカップルが次々に登場する



たまにトリプルも

小人の人と男性と女性というぐあい



男性ひとりだけとか


男と女

男と男

女と女

義足の女性と男性



老若男女

恋人・家族・相棒・仲間・・・・


さまざまな人間関係を想像させる人が次々と登場する


見せ方が(この場合は魅せ方と言った方がいいのかな)またすごかった



後ろ姿だけ  とか


足だけ とか





視覚だけで

この人たちがどういう関係なのか想像させる





歌に合わせてまた同じカップルが

キスしたり

ハグしたり

手をつないだり

見つめあったり  する




映像の訴えるすごさ



浜崎あゆみの感性が


すごい・・・・・と思った




感性で魅せられてしまった




朝からすごいものを見ちゃったよ(笑)




======================




先日NHKの「ハートをつなごう」・・・・だったと思いましたが・・・


「レズビアンマザー 35年の歩み」を偶然見ました。

陶芸作家のひでこさんとけいこさん。



二日続けて再放送されていたようです



それぞれお子さんがいて、合わせて五人のこども。

子どもも、もう30代なんだそう

孫もいて。


ただ、ひでこさんは乳がんの手術をした体で

ふたりは次女の、のえさんを自死というかたちで亡くされていた

それ以来、お二人は共通の悲しみをわかちあっていくという間柄にもなった

この悲しみをくぐり抜けることで自分たちは試されたような気がしている



ひでこさんは言っていた

自分たちは 秘密の家族

本当の自分たちの姿を話しにくいと思っている





年を取り、病気にもなり、体の衰えも自覚し、

ふたりで一緒にいられる時間にも限りがあるということを実感しているおふたり。




二人で生きて 培ってきた力がある

だけど

ひとりいなくなったら

透明人間どころか

マイナス人間みたいになってしまうんじゃないか


ひでこさんのことば。




===================



ふと庭を見たら

「ヒマラヤゆきのした」の花が・・・

ついこの間までつぼみははっぱの下でうずくまっていたのに。

a0238324_2311296.jpg




人としてのたたずまい


そんな言葉を思い出しました。


私もぷにさんと いい関係であり続けたい




私とぷにさんだけにしかわからない関係性はすでにあるけれど

もっとステージをあげて。



ひとりでなく

ふたりいっしょに 精神性も人間性も高め合っていきたい



男とか女とかはもう関係ない

純粋に 人として認め合い お互い尊敬する


共感し 

笑い合って。




ただ咲き

ただ散る

 
そういう生き方に憧れます・・・・・・・・・・・





ちょんちょん(^^)




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-03-17 08:53 | かんがえたこと

ふたりの滞在と東京行き

朝起きたら、雨

しばらくしたら、晴れ

今また、曇り

変わりやすいお天気に人の心もまた・・・・・なんちゃって。





久しぶりに書いてます。

みなさま、おひさしぶりっこ(^^)/

3月という季節がらかしらんけど、人がぎょうさん(たくさん)来るもんでよ~(河村市長か、私は(-.-))

民宿「ゆうこ」のおかみさんやっとったんだわ~




================




先日、やっと来たがね、E&Ri。
庭で子犬のようにじゃれあうふたり。
どちらかというと・・・
Eがいじめられているように見えとるんだわ~(-"-)
(ふたりはしばし休憩中であります)
a0238324_03712100.jpg



よくこれたね!

・・・と思うほどの滞在だったけど、楽しんでくれたようでよかったがね♫



余談だけど

これ石鹸ね。

ケーキかと思ったら石鹸だった。

相田みつお の書。(Riがくれたのよん♫)
a0238324_225531.jpg



これを見た小学生が、

「一生勉強するなんて、ボクはいやだ!!勉強、大っきらいだしっ!」

って言ったっていう話を思い出した・・・

ついこれ見て笑ってまったがね、わたし(^u^)




======================




二人が帰った翌日は東京に行ったりしとった・・・



(-"-)あらいけない・・・・


調子こいて方言まるだしだがね・・・・(ま~え~か・・・)



私の品格は保っとります?・・・・へへ・・・(汗)








東京へは友人夫婦の展覧会を見にね!

E姉のアンと。
a0238324_843821.jpg



新宿西口でアンと会うまでは、たぶんものすご~く不安そうな顔をしたオバチャンに見られとったわ、きっと・・・(-.-)


都会は人が多くって・・・コワイ。


でもきれいでステキなお店もいっぱい!


E姉に会えたとたんに元気ルンルン♫



ま~、会場に行ってみて驚きましたわ

広いロビーのあっちゃこっちゃにふたりの作品が。

「ウォーリーを探せ」状態よ。
a0238324_8553412.jpg


ド迫力の大作もあれば、白石さんの友禅染のバッグやストールなど小物のショップコーナーもありで。
a0238324_8535262.jpg


a0238324_0595611.jpg


a0238324_103821.jpg

もりだくさん!!


おふたりに圧倒されつつも、オヤジギャグだけは元気に連発して(笑)会場を後にしました。


こうやって二人の緊張と徹夜で疲れた心と体をそれとなく癒している私よ  (なんてやさしいこと(T_T))


その後E姉と食事をし、おなかがいっぱいになったところでE姉の新居を偵察・・・・いえ、訪問~(笑)

E姉の趣味がおわかりかな?
家政婦は見た!・・・(-"-)
a0238324_0272692.jpg


生活ぶりを垣間見て 急ぎ新幹線に飛び乗り帰宅。

間一髪、プニさんの食事に間に合いました(安堵)(^^)v



========================




・・・・・てなわけで、しばらくパソコンの前に座ることができなかった私


EとRiとの時間も楽しかったし

久しぶりにたくさん人が集まっていっぱい笑った。

東京もいい刺激を受けた



充実した日を過ごせたことに感謝します


ありがとう
・・・・・・・・・


ちょんちょん



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-03-15 08:09 | にっき

春を満喫したような。

オーバーなどまったく不要な暖かさの夕方、

でかけてみたらば 

ちょうど御飯の支度の時間で

家いえの近くを通り過ぎるたび、きょうの献立がわかってしまうほどいいにおいが漂ってくる

中学生らは部活の荷物を背負いながらのんびりと歩いているし

元気のよい子は道で友だちとサッカーしたり。

道で掃除をしている人

畑仕事をしている人


何気ない町の生活風景。

息づかい。

やっぱり人が家を活かし、町を作っていると実感。




==================


両親が陽気に誘われて仲良くお出かけになりました(笑)。

もらったお土産がコレ
a0238324_10362286.jpg

母はかわいいものが大好きぴょん。



・・・でもなんでお目めの上に「名古屋城シール」が貼りつけてあるのでしょうか?

もっとほかの場所があるでしょうが・・・そう思いません?

貼った人の無神経さにがっかり。

(ねぇ、 財団法人名古屋城振興協会さんよ~!!)



気を取り直して
中身を出してみたらばコレでした
まあまあカワイイじゃん?ブサイクだけど。
a0238324_10451121.jpg





=======================




一夜明けて私は友人二人と海へ出かけました。


漁師さん直営の魚料理のお店でランチ。

店のおじさんが、きょうから小女子(こうなご)が解禁日だよ~、と生の小女子を味見させてくれた。

生の小女子は珍しい・・

おいしかった!

よっしゃぁ、帰りに買って帰ろうじゃんか!と意気込んだのでした。





海見ながら車を走らせていたら、気がついた。


水平線の上にふた筋の黄色い帯がずっと続いている風景。

なんだろね・・・??


もしかしたら、黄砂では・・・と顔を見合わすオバサン三人。


こんな風景見るのは始めてよ(-"-)

たぶん黄砂・・・なんだろう・・・・


こんなに身近な問題なんだと改めて思い知った



このごろ外に出した車にうっすら砂が積もってるもんね。

ふとん干すとき、ちょっと迷うもんね。


このごろ花粉症の症状も出てるけど、黄砂の影響も受けてるはずだよね。




オバサン3人組の話題は、地球環境問題から「このごろ髪の薄さが気になるわ・・・」だの

あっちへこっちへ黄砂・・・いえ、交差します・・・


いちばん笑いを取ったのは、このひとことね。

「うちのとうちゃん、ハゲのサラブレット!!」

のけぞって笑ってしまいました。

彼女のご主人に申し訳なかったわ・・・・

ゴメンナサイ



================




海岸のパワースポットと観音寺参り


干物と小女子もしっかりゲットして


家路につきました。


その日の夕食は海産物三昧だったことは言うまでもありましぇん


こんな日があってもいい・・・自分を許そう・・・なんちゃって



ちょんちょん(^^ゞ



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-03-06 23:54 | にっき

私の中のレジスタンス



ペンギンが一羽、水族園から脱走しダッソウですね(笑)。

フンボルトペンギンがフンバッテ、二重のフェンスを超えて。

バードウォッチングしていた人たちから連絡がきたそうな。



鳥にしては羽が小さすぎて飛べそうにないぞ?

・・・え~!まさかのペンギン!?って。



海の上でくつろいで、まるで手を振っているかのようなポーズの写真がニュースで出ていたよ。



こういうニュースはいいなぁ・・・




================




二か月ぶりにペンギンではなく(笑)ペンフレンドから、はがきが届きました。

(少し顔がペンギン似かも・・・ペンギンフレンド・・・なんちゃって・・・あはは!)


毎月ハガキくれるのに、先月来なかったから、こちらから出そうとしていたところでした。

シンクロニシティ!!



ネコヤナギの絵・・・

いつも季節の花を優しいタッチで書いてくれるペンギンフレンド(勝手にニックネーム)


大事にコレクションしているの。

文面読むと、絵手紙を書けなかった状況があったのね(-"-)

a0238324_22303340.jpg



あした返事を書こうと思っています(^^ゞ
沈丁花の花でも描いて・・・
あと少しで咲くよ~ヽ(^o^)丿
a0238324_22534921.jpg





=========================




高校の卒業式も終わり

ひな祭りも終わり

どんどん季節が移り変わっていく・・・・

道端にタンポポも咲いていたっけ・・・



やや季節に取り残されている感があるのは私だけ?

季節感を忘れるようになっちゃぁ、おしめぇよ、アナタ・・・(-_-)



着換える時に、

いつまでも冬色の服を着ていちゃいけないな・・・ってちょっと思ったもんね。


こんなことも「レジスタンス」とよぶのだろうか・・・?





=====================




レジスタンス。


物事をはじめようとする気持ちの障害となるすべての要素を指す言葉。

創造性最大の敵。

破壊的な感情。


「やりとげる力」(the war of ART)という本を読んでいるのですが

耳の痛い言葉ばかりです。




===================





ぐずぐずした態度。それは、レジスタンスの典型的な形だ。

なぜ典型的なのか。

もっともらしい説明がたやすくつけられるからだ。

「私は交響曲を作曲することなどない」と口に出して言う人はいない。

そうでなく、

「交響曲を作曲するつもりだ。作曲するけれども、明日から始めよう」という言い方になる。




ぐずぐずした態度が致命的なのは、習慣化するからだ。

一度先延ばしにしたら、それが死ぬまで続くかもしれない。

でも我々は、いまこの瞬間にも人生を変えられる。

これまでも運命を変える力が秘められていない瞬間などなかったし、

これから先も常に運命を変える力と共にあるだろう。

いまこの瞬間、われわれはレジスタンスに対して有利な立場に立つことができるのだ。

いまこの瞬間にも、われわれは机に向かい、仕事に取り掛かることができる。




==========================




先送りばかりしているわたし・・・


ぐずぐずする自分・・・


いつも言いわけばかり考えています。


言いわけ考えてるヒマがあるなら、机の前に座れ!

ですよね(汗)




いまからはがきのお返事書くことにしまっす。(せめて・・・)



反省しきりで・・・ちょんちょん





にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-03-05 23:33 | かんがえたこと

ひな祭りなので





これ。

「おこしもの」と、このへんでは言います。

「こしらえる」からきたことばかなぁ、と思います。
ひとりで50個こしらえました。
a0238324_22144218.jpg


ちょっとアップにした写真。
きれいでしょ(^-^)
a0238324_22141052.jpg



「おこしもの」ってね

この地域で作られる雛菓子です。

米粉を熱湯で練って、

いろんな木型に、練った米粉を押しつけ、型から外し、それを蒸して作ります。

お餅のようなものなので、食べるときは焼いてきなこやお醤油をつけていただきます。

昔から我が家にある木型はおそらく100年以上はたっているはず。

まだ現役。


子どもたちが小さい頃は、一緒にわいわい言いながら粉だらけになって作ったものです。

楽しかったなぁ・・・

きょうはひとりで作ったケド。


お雛様とお仏壇にお供えして

両親にもあげて

ご近所さんにも一軒、お福分け。


今日のメイン行事はこれでしたヽ(^o^)丿

ひとり遊びもなかなか楽しいものよ♫




=======================




ところで。

たまたまつけたテレビにコロッケさんが映ってた

自伝的番組。


コロッケさんが、右耳がまったく聞こえないことも

おかあさんとお姉さんと3人の

とても貧しい家庭で育ったことも

全く知らなかった。



コロッケさんの家、

物心つく前から家の中に「あおいくま」の標語が貼ってあったのだそうです。



・・・あせるな

・・・おこるな

・・・いばるな

・・・くさるな

・・・まけるな


頭文字を並べると、

「あおいくま」


つらいとき、悲しい時、苦しい時、困った時

この言葉のどれかが必ずあてはまり、呪文のように唱えていたという。



わかりやすくていいことばだなあと

そう思ってテレビ見ていました。



コロッケ家の最大特徴は


笑い。


常に笑いが絶えなかったそうな。


コロッケのお母さんは、笑いとユーモアで、貧しさを子どもたちに感じさせなかったというからすごいよね


私もその素質はチョビッとあると思うんだけど・・・

まだまだ修行とスケールが足らんのだわ(-"-)




========================




あおいくま。



あぁ

老いさらばえて

いいかげん

くやしがっても

まーいっか・・・



ゆうこ流「あおいくま」。

笑い飛ばして今日も行く~~


ちょんちょんヽ(^o^)丿



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-03-03 09:31 | にっき

自分の役割


インターホンが鳴るので出てみたら

近所の友だちが冷凍エビの袋を抱えて立っていた。

隣町のお店が今日が売り出し!・・・てんで買いに行ってきたそうな。


私にもおみやげ。

冷凍むきえび1キロ、ド~ン!!
a0238324_1432767.jpg


日ごろのお付き合いがこういうときに現れるのでしょうか(*^^)v

やったっ!(^^)!(・・・へへへ・・どうやら嫌われてはいないみたい・・・ ゆうこのこころの声ね)


ちなみにあまりの多さに、タダでもらっては申し訳ないと思い・・

(しかも今日は雨よ(-.-))

お金払わせて~、と言ったら、

「値段言うと、びっくりするくらい安いから恥ずかしくて言えない!」と笑いながらおっしゃる。

なんてあなたはいい性格なの・・

人さまの好意は素直に受けるわ、わたくし。

ありがたく頂戴いたしました。

今度ケーキ焼いてお届けいたしますわん、待っててね♫  エビ入りのやつね(笑)





=====================




私の住むあたりは昔ながらの家が多くて、

二世帯家族が多い。


エビの彼女も二世帯住宅の頼りにされる本家のお嫁さん。


冠婚葬祭、呼びごとといえば本家です。

わが家もそう。

夫の家もお墓と仏壇を守る家。

なのにぷにさん、養子に来てくれた。



我が家は女三姉妹で

跡取りと言われる男の子がいなかったので、

私たち夫婦がこの家を継ぐことになりました。


次女である私がまさか自分の家を継ぐことになろうとは・・・

まったく思っていなかったことでした。

そこはなんといいますか・・・

私の意志にかかわらず、そういうことになってしまいました。


両親の強い思いがあったことは言うまでもありません。




=======================



いま、振り返ってみると、

そういう両親の思いと行動がなかったら、現在の自分があっただろうかと思います。

お見合い結婚でしたし。

自分の描いていた生き方は他にもあったのかも・・・・

別の道は確かにあった。



でもなぜか、自分の気持ちとは別の力が働いたかのように

いま、こういうことになっています。



だんだん、この家の後のこと、家業をどうしていくか、

考えなくてはけない時期にさしかかっていますが、

私は、両親が私にしたような行動はとれないし、するつもりもない。

私の思いをこどもたちに伝えることが、将来いつかあるかもしれないけれども

だからといって、強制するつもりは毛頭なく、

自分たちで選んでほしいと思っています。




======================




私は、

自分の立場や役割や

この家に生まれてきた意味を

すこしずつ自覚するようになりました



根っこ

あるいは

私の軸。

原点。

そんなもの。



私はどこかに行く立場の人間でなく

ここにずっしりと根を張って

来る人を迎える立場の人間。

そう自覚しています。


送り出し、

帰ってくる人を待つ人間。




================




そういったことを考えるとき、

あの震災で家を失った人たちの悲しみ、苦しみが

私なりにわかるような気がするのです。


いるべき場所にいることができなくなった悲しみ、つらさ・・・




========================



現在私は、

とてもしあわせな人間だと

ありがたいと

こころからそう思えます。


私がこの家にいたから

妹をここで看取ることができたのだし、

それはわたしにとっても幸せなことでした。



==================




まだ私の役割は色々ありそうです。


いままでの経験と私なりの智恵を活かして

ぷにさんと、この家と家族を守っていけたらと思っています。



何があるかは神のみぞ知る・・・・ですけどね!


ちょんちょん。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-03-02 15:22 | かんがえたこと