<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

姪っ子夫婦とお出かけお出かけ~♫

このあいだ、奈良に行ったときにゲットした

鹿みくじ

「かも」って言うのがちょっと気になるかも?(ま、いっか)

お腹のなかにおみくじが入っておりますの。
a0238324_12261167.jpg

吉だ~~~
いいんじゃないの~!!
(ウキウキ)



さっそく当たりました(^^)v




姪っ子から突然の電話

「ゆうちゃん、きょうお昼ってヒマ~?

ランチにいかな~い?」

というありがたいお誘い。


数年前から(どんだけ前からなんだか・・)気になっていた、結婚式場敷地内にあるレストラン。お昼はバイキングなのよ。

行くがね!!

ふたつ返事でレッツラゴー!!





車飛ばして20分。

ランチバイキング。

海を見ながらガッツいていましたら、

となりの結婚式場からドレス姿の新婦と新郎が出てきたのが見えた。

どうやら写真の前撮りらしく、チャペルの中へと入って行ったわ。



思わず目の前のふたりと身比べるわたし。

新婚六カ月の姪っ子カップルよ。


じ~~~・・・・


落ち着いていますね・・・



それにしてもよ?

ひぃちゃん、いいかげん食べてから、食べ残しを

「食べれないから食べて~」って夫に差し出すの、やめなさいね。


ねっ!(^^)v




================




バイきんぐ~っていいんだか悪いんだか。

食べすぎちゃう・・・(>_<)




お腹もいっぱいになったことだし


せっかく焼き物の街にきたんだから、「やきもの散歩道」でも歩こうか、てんで。




これがかの有名な「土管坂」ね。

滑り止め用として土管をドカンと埋め込んだもの。

土管の産地だったから、うまく利用したってことね。景観もいいでしょ。


ここを歩くときにはルールがありまして。

絶対、人に道を譲ってはいけません(-_-)。

「ドカン!!」坂、ですから!(ハイ、ザブトンくださ~い)

こちらでは、  「どかない」ことを「どかん」、「やらないこと」ことを「やらん」、「行かないこと」を「行かん」、などと簡略化して言うのでございます。
慣れないとキツく聞こえますかね。



a0238324_12224813.jpg


a0238324_12221028.jpg


焼き物工場と焼き物の街のシンボルの煙突
a0238324_12234937.jpg


うどんやさんの店の壁に急須のフタで。

オッパイがいっぱい?
だれ?喜んでいる人は!
私は見逃しませんでした。 ほぉ君がにっこりしたのを・・(笑)


「う・ど・ん」って読める?
a0238324_12243420.jpg

子どもたちが作った作品が壁にはめこんであったりして。
なかなか楽しい♫
a0238324_125227100.jpg


散歩道の中に立ち寄れる「瀧田家」。廻船問屋でした。文化財になってます。
a0238324_12535535.jpg


中にあった井戸。趣きがあってパチリ
a0238324_1256125.jpg

いい雰囲気でしょ~
a0238324_12554342.jpg

この日は平日とあって、人もほとんどいない~
のんびりのんびり~~(^-^)

敷地内に水琴窟もありました。
土の中にカメ(この亀じゃないよ、甕だよ)が埋めてあって、水の滴りがカメに落ちると、それが反響してステキな音が出ます。
きれいな高い音色が聞こえたわ。
昔の人はこうやって日常を情緒豊かにすごしてたのね?
a0238324_12545219.jpg


ラーメンやさんの入り口。
「休憩中だがや」の看板、気に入った!
ネコにもご注目ください(笑)
ほら、ドアのところからこっち見てる招き猫。

なぜかタヌキが信楽焼。ここは常滑焼の街だわよ?
a0238324_12565120.jpg

そしてレトロなポスト。まだ現役(拍手!)
a0238324_12562913.jpg




梅雨空の合間、思いがけなく3人でお散歩はゆったりまったりで。

たまにはこういうのもいいねって。

余談ですが、

以前通っていた焼き物教室の大好きだった先生のお宅を覗き見してたら、

先生と目が合ってしまいました。

以前と変わらず、あたたかく迎えてくださり、心がほんわか~

人の温かさがいちばんですね。


「鹿みくじ」の威力、おそるべし!!

シカと確認いたしましたぞ!!





===================





奈良のおみやげやさんでもらった鹿グッズも(三千円以上お買い上げのかたにプレゼント♫)、
ご利益あるかもー

これとこれ~
ミッキーの根付けと
a0238324_13313515.jpg

お財布~
a0238324_13311894.jpg



誰かあげようか~?

怪運超呪(開運長寿)

かなり安全(家内安全)




ぜひ!!




ちょんちょん




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-06-28 12:07

ディジュリドゥを吹く若者がいたら

妹の七回忌法要に父とプニさんとで行ってきたわ。



6年前の7月3日、47歳で妹は逝ってしまいました。



=========================



30人ほどの親戚が集まり、丁寧に法事をなさいます。


この家の大黒柱であるかたが、不自由なお体となり、長く病院暮らしであるのにもかかわらず、ここまでしてくださることに感謝しなくてはいけないと思います。



当たり前といえば当たり前

男性陣が前に座り、女性陣は後ろと決まっている。

動ける女性はみんなお茶出しのお手伝いとこれまた決まっている。


男性役割と女性役割がはっきり見て取れる場ですね。



男性はほとんど礼服、女性も黒。使うエプロンも黒、クロ、くろ・・・・


私は黒の服を着たくなくてグレーのぼかしのアンサンブルにしました。


黒い色は重苦しいじゃない?

明るい色を着たっていいじゃん?

妹の好きだった薄紫の色でも着たいところ。

でも妹の名誉のためにやめました(笑)


どっちかいうと、こういう場って、亡くなったかたのためと言うより

親戚や世間への体裁や対面を意識してない?

私も多分にそんなところがある(-"-)


親戚交流会だと思ってますが。



=============



法要の場で

お声をかけてくださることは嬉しいこと。


東大に行ったお孫さんが結婚式をあげたとか

その妹は、オリンピックに行けるくらい水泳やってたのに、本人その気がなくて有名国立大学へ行って有名企業に就職したとか、事細かに話してくださる。


今はもうそんな話も心から素直に聞いていられる自分にびっくりです。すごいな~、て



一方で親戚のおじさんが認知性で大変な状態だとかいう話もきこえてきたり。


数年前までは元気に場を取り仕切っていたおじさんの体の弱りようとか。


久しぶりに訪れた家はそれだけいろいろな変化が見られました。


ただ・・・・妹の名前がまったく出ないというのはちょっと寂しい気がする・・・・


「忘れられる権利」というモノが主張され始めてきた昨今、これでいいのかも。きっとそうだ!


いつまでも記憶に残ってもらっては困るわ!

私なんか忘れてほしいことばっかだし(-_-)(笑)




==================



この日。

いちばん楽しみにしていたのは、妹のこどもたち、甥っこ二人、に会えることでした。


仲の良い兄弟。


お兄ちゃんは大阪で働いており、弟は東京。

この弟のほうがおもしろい子で個性的。


何してんだか、どういう生活してんだか不明です。


演劇をやったり、自主映画を作ったり。

一番困るのは、お金にならないことだと言って笑っている。



たまに路上ライブをするという。

ディジュリドゥを演奏するとな?

オーストラリアのアボリジニの民族楽器。

一度聞いたことがある。

神秘的で、振動が心地よかった。


リサイクルショップで2千円で買ったヤツとな?



東京のどこかの駅前で仲間とディジュリドゥを吹いている失敗したアフロヘアーの、けっこうイケメン君がいたら、そのこです。

ワンコインでもお願いね。

もしくは一杯おごってやっておくれやす。

たまにおじさんが飲みに誘ってくれるのが嬉しいとか言っておりましたわ。


なにせ一日一食生活らしいですから(笑)

一日一膳ですわ。



この子の話が一番おもしろいし楽しい。

見栄もてらいもなく、笑いも狙わず、そのまんま、本当のことを言うからね

ものすごく素直。


心が純粋過ぎて生きにくい?




=============




食事が終わって階下へ降りるとき、

足の不自由なおばさんのために先にまわってエレベーターを手配してたり、

ドアをあけて待ってくれたりするのはこの二人。



体の不自由な人にさりげなく優しくできるこの子たちを育てたのは妹だなぁ、と私は心のうち、思っていましたよ(^-^)


それがなによりいいお土産となった七回忌でした。


だ~からこんないい日に黒服はないよね?


妹も天国で苦笑いしてる?


あなたのしつけは間違ってなかったよ~!!さっちゃん!!


かわいがっていたチャッピーも去年の今頃、そっちに行ったっていうじゃない。

あちらの世界でワンちゃんと楽しくやってることでしょ、きっと。



なんとなく描いてみた
a0238324_23415857.jpg



ちょんちょん




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-06-26 23:45

雨にも、台風にも負けない、強い気持ちを持ち・・・・?





先週末、愛知県は蒲郡(がまごおり)市・形原(かたはら)温泉「あじさいの里」に行ってきました。

a0238324_1047333.jpg


そのときだけは雨が降らなくて、(やはり日ごろの心がけがいいと違うのねぇ・・・)ゆっくりプニさんとお散歩お散歩~♫


・・・・・・(-"-)ていうか・・・・


プニさんはどんどん先へ行ってしまうので、お互いマイペースで気の向くままに歩きまわってきました。


はっ?!

だれ、この着物美人は?


わ・た・し・だよ~ん!(あじさいの引き立て役だという人が、いたようないないような・・・勝手に言いやがれ

あらいっけない、痔が・・・違った、地がでてしまったわん(笑)
a0238324_221538.jpg



ひとつオチが。

バス中から見たお店の看板の文字「紫陽花」

プニさん:「あれ、なんて読むんだっけ?」

ひっくり返りましたわ、ワタクシ。

今までさんざん見てきたんじゃござんせんこと?

スナック、アジサイ、っつ~んだよっ!」

プニさん、ばりばりの理数系でございます、ハイ(-_-)
別に知能が低いわけではございません、念のため。



===============



あじさいの翌日は奈良へ車でGO!


月に一度、Eのアパートに泊まりながら大阪の染め教室へ行くのが目的なんだけど

奈良に住む娘のEは就職してなにかと忙しい毎日。

学生の頃とはわけが違う。

すべて自分の収入の範囲内でやっているわけで

大きな顔してアパートに泊めさせてもらってますけど?

少し遠慮気味にならないと、と思う奈良ナイト。(うまい!)


とはいえ~

やっぱり楽しみなの~♫


だってだって


のびのび自由~~

Eに会えるし、お友だちに会えるし、好きな友禅染めもできる~


そうそう、今回の作品、見てくれる?
白の名古屋帯に染めてみましたの・・・
a0238324_03599.jpg


こっちはTシャツなんざんす
a0238324_0362989.jpg


これは去年染めた日傘どす
思い出して写真撮りました
タヌキの置き物は私の分身・・・いえ、コレクション。
a0238324_0432391.jpg




=============


この教室、何が楽しみかって

おいしい昼食付きなんで~す♫

染めの先生の旦那様が料理好きで、またそれがおいしいの!

今回は素麺ランチよん

器が全て骨董品。このお皿の大きさ、わかってくれる?
a0238324_0483392.jpg


ほんでもって、ティータイムありで。

こんな感じ
a0238324_0481287.jpg


私が目いっぱい教室に入り浸り、がんばる理由がおわかりですね?


ときどき、先生に、「ゆうちゃんは食べてしゃべってばっかりで・・・何しにきてんだか・・・・(-"-)」て言われちゃう(>_<)


わたくし、めげずに、感情を込めて、


「だってぇ~、ほんっとにおいしいんだも~ん(すりすり)!!」と先生の旦那様に聞こえるように大声で言い返しております。




かくして、教室終了時間はどんどん遅くなり、時にはお留守番まで仰せつかるという始末。


とほほ・・・

先生に向かって、(先生は私の大学時代の親友なんで、なれなれしい口をきいておりますの)

「もしも何か貴重品がなくなったりしたらどうすんの?私に留守番頼むなんて不用心はなはなだしいわ!!」

て言ったのよ。


そしたら

「ゆうちゃんしかいないんだから、なにか無くなっても、犯人はわかりきってるでしょーが」

だと。



たしかにごもっとも・・・



そして翌日、台風と追っかけっこしながら(強風にハンドル取られそうでした)大急ぎで帰ってきましたよ。



台風一過の翌日にはこんな光景が庭で見られました

トカゲのとかちゃん、日向ぼっこ!(^^)!
a0238324_1221732.jpg



ご無事でなにより・・・



ちょんちょん




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-06-22 11:45

人には訓練を 犬にはリハビリを

珍しく楽しいニュースだったわね!



カルガモ一家のお引っ越し。



京都のお寺の池に毎年カモが子育てをして、大きくなると、30分ほどかかる鴨川へ歩いてお引っ越しなんだって!!

なんと今年は10羽の子ガモを連れて、おかあさんガモ大奮闘。



途中お巡りさんが付き添い、近所の人やお寺の住職夫人らしき人もずっと付き添ってこの珍道中ぶりがほほえましい。



最後の難関、横断歩道をちゃんと青信号で渡って(お巡りさんが交通整理(笑))


無事鴨川とうちゃく~♫


や~れやれ・・・・・



テレビとはいえ、手に汗握るシーンだったわ(^_^;)

なぜか雨の日にしかお引っ越しはしないそうよ?熱中症対策でしょうかね~
a0238324_082820.jpg

全部で11羽。数えてみてね~!
先頭がおかあさんよ~♫




====================




動物の話、と言えば、よ?


最近ハマっている、「カリスマドッグトレーナー・シーザー」の番組。


きょうのこのタイトルは、シーザーが番組の中でいつも言う言葉よ。





何がおもしろいかって?

どうしようもないダメ犬を見事に大変身させるとこ!



だけどそれだけじゃなくって、

人間社会に共通するものがそこかしこに垣間見えるところがね。

犬ごととは思えない深~い内容なのであります。



たいてい、犬の問題行動は飼い主(人間)の問題で、

飼い主のほうを訓練しないと、いくら犬をリハビリしてもだめらしい(-"-)



シーザー曰く、

飼い主の姿勢や緊張、不安、落ち着きの無さなどが「負のエネルギー」となって犬に伝わってしまうんだとか。


飼い主=親

犬=子



に、置き換えて考えると、わたくし、反省しきりなのでございます。




犬をしつけるのに、言葉は要らない。

「甘やかし」や「かわいそう」という感情は必要ない。

過去を引きずってはいけない。

大事なのは今この瞬間。




実際、犬がいけないことをやらかしたとき、すぐにその場に連れ戻し、それをやってはいけないんだと教えていた。

時間を置かず、すぐ教えることがコツ。


根気よく、時間をかけて常に同じ態度で接すること。


夫婦で飼っているときは、二人が一貫した態度を取ることが大切。




(話、脱線するようですが・・・・)


ほらほら、よくあるでしょ?

子育て感が夫婦で違うと子どもが迷うって。

あったり前だわ!


じゃぁ・・・夫は妻に子どもの事はまかせっきり、てのは?

それならそうで、徹底的にまかせきったらどうでしょうね?!

これって、妻を信じているからこそできることですし。

ただ・・・

わが家の場合は、夫に口出しさせない子育てだったのかも・・・・(-"-)(今にして思えば、の話ね。)

[プニさんは恐妻家]と言われても不思議はない??・・・し~らない(笑)





==================




「犬の目を見るな、話しかけるな、かまうな」、とよく言っている。

犬を擬人化せず、犬は犬らしく。



態度で示せ。

毅然とした態度で!!

そして負のエネルギーを正のエネルギーに変えること。


ほんとにこれだけで、「これがあの同じ犬?!」てくらい変わってしまうんだからね。




=================



実は


「言葉は必要ない」




このことば、今の私にはちょっとキツイかも・・・



シーザーと時を同じくして読んでいた本、「いいじゃない いいんだよ」(水谷 修+岩室紳也+小国 綾子)。


その中で水谷 修さんが言っている。(あの夜回り先生よ)



「しゃべらないで 待つ」




(本より抜粋)

「これだけ積極的で、大人に対してしゃべれる おれ という人間が、子どもに対してだと 引く。

しゃべんないですよ。

いかに言葉を減らすか。

おれ、元教員だから、子どもが自ら歩んでほしいし、自分から考えてくれなきゃ困る。

指示を出したりすると、子どもたちを汚して混乱させる。言った言葉の数が多いほど。

混乱しているときにさらに言葉を返したって、意味ないんだ。」



「言葉に頼らない」



「大人ができることで、大人にしかできないこと。そういうものがある。

それが今の大人はできない。

待てない。」




「待つことの快感。信じることの快感。」





すごい言葉だなぁ・・・・と思います。



今の時代・・・・

家庭でも

学校でも

仕事場でも

「待つこと」と「時間をかけること」に価値を置いている人ってどのくらいいるんだろうね・・・・




しゃべったもん勝ち、早いもん勝ち、もらったもん勝ち、やったもん勝ち・・・・てよく言うけど。

ゆっくりおっとり型の人にはたまりません。



もうそろそろ こういう価値観が変わっていい頃と思います。




めざせスローライフ!!







あれ?!



・・・てことが言いたいんじゃなかったわ



私はどうも自分がしゃべりすぎるきらいがあるから、気をつけよう、て思った、てことが言いたかったんだったわ(-"-)




ジャンダラマミーには訓練とリハビリの両方が必要よ。




だれか「カリスマ人間トレーナー」、紹介してください!!



時間をかけずに、速効変われる、てのでね!(^^)!  てへへ・・・・




反省、全くなし?




・・・・てことで・・・ちょんちょん!!




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-06-16 00:17

にぎやかな日曜日

夕方家に帰って来て、車を降りた途端、けたたましい声がお出迎え?!


久しぶりに聴いたアマガエルの声でした。

ほんっとに、よくあんなに小さい体であんなにデカイ声出せるもんだわ(-"-)



それで思い出したわ。

3人の子どもたちで、ちっちゃいくせして一番声がデカかった子がいたことを。

はい もうお分かりですね?

Eでございます(笑)


まるっとアマガエルのような幼少時代でしたね。

(どういう意味よ)

イメージ写真!梅とアマガエルのアマちゃんとのコラボで~す
梅の実があまりにもきれいで梅ジュース作る前に写真を撮ったのよ。どお?
a0238324_1454680.jpg

↑アマちゃんのおっきなお目目がうるうるしてかわいくない?



=============



テレビつけたら

なっつかしい

「みんなの歌」。

♫おしりかじり虫~♫

♫おしりかじり虫~~~♫


高校同級生の、美人で成績優秀で、誰からも好かれる、非のうちどころのないようなトモコさんがよ?

数年前に同窓会二次会で

突然この歌を歌いだして

腰が抜けるほど驚いたわ

そのころ流行っていたとはいえ、

この「おしりかじり虫」の歌を聴いたのは初めてで

彼女とこの歌とのあまりにも大きなギャップに言葉を失いました。


「はぁ~~~??」


その後大笑いしたのは言うまでもありません。


この一件以来、なかよしになりました!


恥も外聞もかなぐり捨てることがいかに大事かということを学んだのでございます・・・(大奥風の言い方ね)




===================



日曜日、東京から長女アンと彼氏のT君が家に来てくれて大騒ぎ・・・


・・・・じゃなくって・・・・


にぎやかだったわ。


総勢10人。



スカイツリーのお土産、もらっちゃったもんね!

「東京カンパネラ」(カンパネラてイタリア語で鐘のことなんだってさ・・・そうカネ~)
うすがたラングソドシャ。私にぴったりのお洒落なお菓子よ(^^♪
a0238324_14592765.jpg



「HIYOKO OF TEA」・・・て?
わざわざ英語にする意味がわかりません。
ちなみにお菓子の説明も英語と日本語の両方。
ふ~~ん・・・・(-"-)
さすが東京、国際都市?
a0238324_1445866.jpg

せっかくなので記念撮影しといたわ♫
a0238324_1443797.jpg


あ、これね!

しらけた村・・・じゃなかった、

岐阜県白川村へ行ったかたからいただいた、お土産のホオバ寿司(おいしかったわ~)

HIYOKO of TEA がマッチすると思って。(^^)v

これまたすんばらしいコラボだと思わない? ね!ね!

a0238324_14173371.jpg

原形はこれよ
a0238324_14171478.jpg





==================




スカイツリーの話はスッカリスルーして話をもどすわ(うまい!)


E以外、一族が大集合して一緒にお昼を食べて、盆と正月が(古っ!)一緒にきたような感じで

たまにはこういうときがあってもいいなって思ったの。


どんどん家族が少なくなって、

家族が一同に会する時も、アンなどは仕事の都合でお盆やお正月にも帰ってこない。


今回、母が腰が悪く、外食も無理となり、家での会食にしたけれど

それでよかったなぁ、と。


もうすぐ妹の七回忌だけど、母は欠席する。

父は、「次回13回忌となると、わしらはどうなっているかわからない。さとみ(妹)の法事に出られるのもこれが最後かもしれないから、出られるときに出る」

と言った。


思えば、

出生から死までを人生と言うのね?


年齢とともに「死」と「生」との境目があいまいになってくるものなのかもしれない。

父の言葉など、それを受け入れている言葉だと感じるのです。

だからこそ「今」を大切にしないとね。




================



Tくん、アンちゃん、


両親が元気な時に来てくれてありがとう。

いろんな意味を含めて、とても嬉しかった。


ちょっと子ども時代を思いだしたわ。
a0238324_15845.jpg



このへんでちょんちょん、でおしまい(笑)




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-06-13 15:10

〇十年ぶりの、メダカすくい!



あのー。

こちらでは、鉛筆とか、尖った様子を表現するのに、

トッキントッキン

て言いますが。(たとえば「、鉛筆、トッキントッキンに削ったよ~」 とかね。)

コレッテ、「標準語」 デハナイノデスカ?



「みいやいこという言葉は、間違いなく方言だと認識してますけど?(この意味はブログの最後に書いておきましょうね~)



もひとつ。


私の子どもの頃、こちらではグーキョキパー、のチョキを、ピーと言ってました~

かわいくない?




生協の冊子を見ていたら、「名古屋に引っ越してきた人がわからなかった方言集」というコーナーがあって、ふと思い出しました。




======================




きょうは珍しくプニさんが会議と飲み会で帰りが遅く、夕食を作らなくていいという、わたしにとっては超嬉しい日よ~(^^♪


この喜びようを見ると、いかに毎日の夕食作りが嫌かってことがわかっちゃう?


料理は嫌いじゃないのよ?

だけど、作りたくない時もあるってもんよ。


作りがいがあるかないかって、やっぱり言葉だと思うな~


改めて声を大にして言います。


プニさんは、無口です(笑)




===================



わが家のカエル池。

住民がいない。
a0238324_237234.jpg

メダカがいたのに、水を換える際に水と一緒に流してしまったようなのよ。


人事のように言っていますが、

犯人はワタクシ。


母が「蚊が湧くからメダカか金魚でも入れておいたら?」と、申します。


そう言えば、金魚の(近所の)友達んちがたしかメダカを飼っていた!


さっそくバケツを持ってエプロンとサンダルで彼女の家へ。(いなかはこれが定番ファッション)


ちっちゃな網を渡されて、「勝手にすくって持ってって!」・・・・て言われましても・・・・ですよ。

救いようのないワタシよ?


裏庭においてある、けっこうおっきなお風呂の浴槽がメダカのおうちだった。

メダカってすごくすばしっこいの!


はじめはまったく空振りだったけど、こどものころのメダカ取りの技が活きたわ。


格闘10分、捕まえたのは13匹なり。


へへ、やった!(^^)!

カエル池のメダカちゃん、わかるかしら~?
a0238324_2318415.jpg


そのうち、大きくなってこんなふうになるんだからね<`ヘ´>
a0238324_14552892.jpg


あはは~♫

「恋の奴隷」

・・・じゃなくってー

「鯉の土鈴」でした!

錦鯉でも入れたろか!!



今、すごい雨降ってますけど、また流されたりしないかなぁ・・・メダカちゃん・・・・


梅雨と言うよりスコールよ


雨季。


雨で雨季雨季(うきうき)するのはこれとこれ!!
a0238324_23344178.jpg

貫禄のわが家の庭の管理人でごわす!



ちょんちょん(笑)



「みいやいこ」の意味=「分け合う」
(例:みんなでみいあいこで食べるのよ)・・・わかった人には、豪華賞品が!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ないわ


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-06-08 23:35

本2冊、読んでみた。

アマリリスが咲き始めました。
a0238324_23593146.jpg

よく見かけるこの花も好きよん♫
a0238324_22391679.jpg


なんて名前だったっけ?




毎年咲く花たち。

でも決して同じではない。

眺める側の心も、同じということは、ない。


紫陽花の咲き始める梅雨の季節はこの6年、悲しくてつらいときとなっていた。

特に紫陽花は妹のことが思い出されて、むしろ見たくない花だった。


7回忌を迎える今年は、どうやら大丈夫そうな気がします。

今年は紫陽花に妹の笑顔を見ているから。



こうしてみると時の移ろいも悪くないものですね。




======================



生きていたらば、きっといろんな話をしていたにちがいない。


この本の感想も。

「インビジブル・セックス」 と、「女に生まれて男で生きて」


自伝なので個人的な要素が強く、読みやすかったけれども、自分のセクシュアリティーを深く掘り下げた内容ではなかった。


印象に残った言葉をいくつか。

「我が子がインターセックスであったとき、親はどう対処すればよいか悩むが、本人の性自認をぜひ無条件で尊重することが大事であり、戸籍上の姓に合致させようと考えることをしないでいただきたい。
そうした考えからはなにも発展的な結果が生まれないばかりか、本人を追い詰めるばかりだからだ。
これはトランスジェンダーにも言えることである。
生まれながらにもってきた性自認であり、それは顔形と同じである。
顔形は整形手術で変えられるが、性の問題は心の問題であり、それを変えることは人格を侵すことにもなる。」

「本人の人生は本人の性自認によって決まるものであり、第3者が性自認を改めさせることに何の意味も正当性もない。
インターセックスもトランスジェンダーもともに本人が選択した道ではなく、与えられたものに他ならない。」
(「インビジブル・セックス」より)




「愛する女性と付き合うことはできても、相手に結婚というかたちでしあわせを与えてあげることはできない。家族にはなれても夫婦にはなれない。それを受け入れて、女のままである私と生涯を連れ添ってくれる女性は現れるだろうか。それともこのままでは、私はずっとひとりで生きていくことになるのだろうか。」

「もし将来、一般社会で働くことになるのなら、性同一性障害者としての認定をちゃんと受けていなければ、そこで私は女性として扱われることになる。果たしてそれに私が堪えられるのだろうか。いくら自分をよく理解し、自分を性同一性障害者だと確信したにせよ、それは自分の内面的なことであって、正式に認定を受けなければ世間には通用しない。」


「これから未来を切り拓いていく子どもたちにこれだけは言っておきたい。
自分が一生懸命前に進むことを諦めなければ、それを必ず見守っていてくれる人がいる。そういう人の存在に気付くことができれば、またそこから頑張れる。そしていっぱい失敗しても、いっぱい遠回りしても、諦めない気持ちがあれば必ず夢は叶う。それを決して忘れないで欲しい」  

(「女に生まれて男で生きて」より)



それぞれの作者に共通するのは、子どもたちと、セクシャルマイノリティの未来に向けての思いが根底にあること。



=================




改めて思うのは、100人いれば100通りの性があるということ。



当事者ではない私の知識の無さは相変わらず・・・ということも認識。




================




最近知りました。

「LGBTIQ」。

LGBTまでは知っていましたが

IとQを知らなかったのですよ、わたしは。


「I」は、インターセックス、「Q」はクエスチョン、なのですね。


ポリガミー、モノガミーという言葉も。


ちゃんと交通整理をしておかないと、本当に訳がわからなくなり、混同、混乱してしまいそうです。


すでに怪しくなってきましたので、ちょっと休憩(@_@;)




a0238324_0325797.jpg

「只今、元気に勉強中」とでも言っておきましょう(^-^)



ちょんちょん(^^)/




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-06-05 23:57

棺はオリジナルデザインで。

きょう私の誕生日♫

長女アンが今度は早めに(太めの私にぴったりの)ヘルシーなプレゼントを送ってくれていた。

ついさっき、Eは電話をくれました。

覚えていてくれたことが素直に嬉しい・・・・ありがとう。




ちなみに、いちばん身近にいるプニさんは、といいますと

朝、いつもどおりに起きてきて、何も気がついていない様子でございました。

ちょっとシャクに障るので、わぞとらしく大声で

「あっ!今日って、私の誕生日だったわ!」



(ぷに)「そりゃおめでとう~(^^)」

(私)「何歳になったか確認したくない年だから、おめでとうだけ言ってくれれば充分よ~♫」

て、言ったら、ぷにさん、即座に、

「55歳だ、おめでとう~!!」

って言いおった(>_<)

あなたって人は、もうっ!!

(デリカシーのない夫を持ったことを悲観する妻の叫び)



===================




ちょっとブログ書くの久しぶりだわ。



いつの間にか紫陽花がこんなになってる。

もうすぐ梅雨の季節ね。
a0238324_2257193.jpg





そうそう!(^^)!

アボガド切ったら、なんと、種まできれいに真っ二つに切れてしまったの!

珍しくない?  スゴクない?!

激写しました(^^ゞ
a0238324_21505676.jpg







珍しいことと言えば・・・・・

先日、関西へ出かけてたのですが。

Eのアパート近くを歩いているとき気になった看板です。
a0238324_215721.jpg

「うどんとコーヒー」を同じ店で出しているんですか?

あんまりおうどん食べた後、コーヒ飲みたくないけど?

別に両方頼まないからいい?

でもさぁ・・・

コーヒーの香りとうどんのダシの香りが一緒になってるのって、

どうよ?




看板一枚でいろいろ想像してまう~~~(>_<)




======================





帰ってくるとき、雷と豪雨で超緊張のドライブでした。


やっと雨があがってきたとき、目の前にこれまで見たこともない大きな虹が!

写真がうまく撮れていないけど、もうひとつ虹がかかっていたのですよ♫

しかも虹の端っこがはっきり見えて、

飛び上がったら乗れそうなくらいだったんだから。

a0238324_21525948.jpg


オーバー な レインボー・・・

あの~、「オーバー・ザ・レインボー」にちょっとかけてみたんですけど・・・だめですか~?




=======================



気を取り直して

お棺のはなし。


誕生日にお棺のはなしもないと思われるかも知れませんが

こんなお棺なら話は別では?
a0238324_23242816.jpg


これもお棺
a0238324_2325106.jpg


みんなお棺
a0238324_23335076.jpg


アフリカ・ガーナのお葬式はド派手だった。

棺は亡くなった人にふさわしい物をと特注するデザイン棺。


漫画家の西原さんがガーナへ行った番組、「旅のチカラ」。


お葬式のお知らせの新聞見出しがまたふるっている。

「命の移り変わり」

「人生を祝おう」


番組のなかでのアニティさんというおじいさんのお葬式は、一年かけて準備していた。

4人の妻と30人の子どもと120人の孫だって。

シンボルのような棺を囲んで、朝6時から夜8時までの歌あり、踊りありのにぎやかなお葬式。


西原さんは自分でデザインしたひつぎを作ってもらっていたけど、

私もそれいいなぁ!って思ったの。


どうせなら、思いっきり旅立ちを祝ってね!って感じで。


オリジナルデザインでさ。

とぼけたタヌキかなんかにしてみんなに笑ってもらおっかな。



「憎しみあったまま棺のフタをしてはいけない」

ガーナの人たちのこの言葉を私の棺の上にも書いてもらったりしてね。

「楽しんでちょうだい」の言葉も添えて。


ね!


[ジャンダラおカン]がしたお棺の話!!(悪寒が走ったかしら~・・・・アカン(-_-;))

ちょんちょん!!



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-06-02 22:06