<   2012年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ブログをはじめて一年。

パンパカパーン!!

この拙いブログも一年続いたことに気がつきました。

見てくださったかたにありがとうをお伝えしたいです。(ちゅっ!!)




ビアンであることをカムアウトしたEの勧めもあり、おそるおそる始めたブログでした。

一年たって、書く内容も変化してきたと実感しています。



あのころ、カミングアウトしまくっていたEもいまや社会人。

言動も変化し、現在進行形で成長中~

私の、母親としての関わり方も変わってきました。






最近読んだ本

・南条あや 著 「卒業式まで死にません」

・三峰 有生(ウルフ) 著  「14歳のカミングアウト」(性同一障害を乗り越えて)



たぶん、Eのカムアウトをうけなければ、絶対手に取ることは無かった本だと思われます。

・・ていうか、避けてたかも・・

人間、変われば変わったものです、ハイ・・・。



いまだ理解できないことばや、当事者でしかわからぬ思いが、私を苦しめることがあります。


たとえ親子といえども、セクマイではない私にはわからない壁を、Eとの間に感じるときがあります。


・・・・


でもわからないものはわからないと、わりきるしかない!

セクマイのことに限らず、人の心のなかを想像力で補おうとはするけれど、無理がある。



だからといって、Eと私の親子関係が悪くなったかというと、むしろ以前よりずっといい関係だと思っています。



よくぞ今までがんばって生きてきてくれたと、Eに感謝しています。


Eがカムアウトしてくれなかったら、

私は、「ものすごくいやな、吐き気がする母親面をした人間」になっていたでしょう。



私に本当の意味で、人間的成長を促すきっかけをつくってくれたのは、Eです。





先日、友人とはなしているときに突然言われたこのことば。


「今、ゆうちゃんのインナーチャイルドがここで泣いてるね・・・」と、私の鳩尾みぞおち)を指で押さえながらその友人は言った。

驚きとともに、一瞬で理解した。

そう。やっぱりワタシ泣いてるんだね・・・・



Eやほかの子どもたちの成長を喜びつつ、そう、わたしのインナーチャイルドは泣いているのです。


ワタシがワタシ自身を生キテイナイ。


そんなことばが体の内から聞こえてくる。


これから成長するEと対等に向かい合って生きていくには、私にはそれが必要なんだと思われます。

Eだけでなく、私が関わり続けたいと思う全ての人とつながっていくために。





そんなことを思った記念すべき一周年です。


飽きずにお立ち寄りいただけるでしょうか?   はぁ~~・・・・


これからも、よろしくお願いいたします。(謙虚に)



ちょんちょん!!


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-09-11 19:17