<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

傾聴と「イエス・バット」。

朝、近所を歩くといい香り。

キンモクセイの香りです。

嬉しくなりますね。



ついこの間まで、まだ緑がかっていた我が家のハナミズキも真っ赤に色づきました。

何の実であれ、実が色付いているのを見るのが大好きな私。

喜んで眺めていたのですけど・・・

先日洗濯物を干していると聞こえてくるハサミの音・・・・・

見ると、ようやく見ごろになったハナミズキの枝を父がどんどん切り落としているではあ~りませんか!

ビックリして言葉も出ない<(`^´)>


足元に落ちた枝は、私には無残な姿としか思えません。。。。


ショックでがっくり(@_@;)




一番きれいなこの時期に切らなくても、見頃が終わってからでいいと思うのですけど・・・ね?



父は毎朝落ち葉を掃除するので、今のうちに切っておいたほうが掃除が楽だと考えたようです。

葉っぱが落ちる前に切ってしまう主義です。



青なりのミカンの枝も切り落とされておりました。


桜の木もモクレンも、アオギリもことごとく切られました。


薄紫の実をつける紫式部も根こそぎ掘られ、なくなりました。



(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)・・・・・・・・・・・・・・・



まぁ、庭の管理は両親に任せている手前、私は何も言えないのですが。


それにしてもつらいわ・・・・・・。





造花じゃあるまいし、生きている植物は必ず葉や実を落としながら成長していくもの。

人の都合で切りまくるというのはどうなんでしょうね?



やりきれない気持ちになってしまいましてん。

ジャンダラマミー、落ち込みます。


でももうあとの祭り・・・・

せめて切られた枝を部屋に飾って実を感傷・・・いえ、観賞するわ!



高齢の両親のこと、毎日の庭掃除は大変なこと・・・怒っちゃいけないイケナイ(・・・と自分に言い聞かせて、と)




と!!


そんな私を慰めてくれるかのように


切ったものをもらっちゃったという嬉しい出来事も。

柿よ柿!!

義理の母からもらったたくさんの柿。

こんなの発見!!
三つくっついているんだぁよ。三つ子だよ!!
a0238324_20421079.jpg

スーパーでは絶対ないよね?(すーぱーらしいわん!)





==============-=======





雨の降る静かな日曜日。

新聞をまとめ読みしてたら目にとまったエッセイが。


「傾聴とイエス・バットで」。

がんのピア・サポートについての記事でした。

「同じ治療体験者として、相手の悩みを受け止め、理解するため、自分の価値観は脇において傾聴し、話を肯定的に受け止めたのちに、自分の意見を述べるようにすること」

だそうな。


たとえば、Q子さんという人が、がん治療を受ける際、医師からAとBの二つの方法をだされた。Bを選んだら想定外の後遺症に見舞われた。

つらさに耐えかねて夫に話したら、ろくに話もきいてくれないまま「結果論だ」と言われ、切って捨てられたような思いがした。


これがもし、相手の心に配慮しながら応答するイエス・バット話法で聴いていたら・・・・


妻の悩みにじっくりと耳を傾け、そのつらさに共感したうえで自分の意見を述べれば、傷つけることはなかったのではないか。

人と話をするときは「イエス・バット話法」を心がけましょう。


夫婦は苦楽を共にするという上でピア(同じ立場・仲間)。

ふだんはビシバシ言いたいことを言う仲でも、相手が病を得たからにはピアとして、傾聴とイエス・バットで寄り添ってもらいたい・・・


そんな話。







=============





病気に限らず、こういう場面ってよくあることと思いません?




この記事に興味を持ったのは、


つい先日、同じような場面が我が家でもあったばかりだったからよ。

言うなれば心の一方通行みたいな?



親子とか、会社の上司とか、上下関係があって、さらに権威的なものの言い方をされると

立場的に弱いほうは言いたいことを言わないまま黙ってしまいます。


自分の話をちゃんと聞いてくれないばかりか、断定的な言い方をされ、意見を押し付けられるのは誰でもいやなこと。

嫌なばかりか、それまでの人間関係も壊れることだってある。

修復不可能になったり

恨みや憎しみに変わることだって。


ね?


カムアウトの場面でも、当事者が相手に恐れるのはこういうことではないでしょうか。



だからちゃんと聞いてくれる人を選ばないとカムアウトは難しいし

お互いが傷ついてしまうんだよね?




===========



「イエス・バット」でなく、

私は「イエス・アンド」のほうがいいなぁ、と思う。


「バット」ということば、なんか後ろ向きで否定感が強い気がして。




むしろだまって


「ギュッと抱きしめられる」

とか

「肩に手を置いて寄り添ってくれる」

とかのほうがずっと嬉しかったりしませんか。


言葉に頼るよりむしろ心で。


ときに言葉は無用と思う。



それにしても・・・・

今更ながらカムアウトの難しさを思います。



秋の夜長に・・・・ちょんちょん。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-10-28 18:00

より良い未来はある

久しぶりにブログを更新しようとPCの前に座ったら

見てしまった。。。。


「It Gets Better」。

思わず引き込まれてそのまま1時間見入っていました。


若年層LGBTの自殺を防ごうという目的でスタートした活動だそうですね。

「It Gets Better JAPAN 」もあるのですね。


知っている人はたくさんいることでしょうが

私、衝撃的でした。



きっかけは、レディ ガガの歌う「Hair」の動画。

ゲイでいじめられ自殺した14才の少年ジェイミー君に捧げる歌。


「It Gets Better」のサイトにはいろんな人からのメッセージがあって


自分自身のカミングアウト  その家族  ゲイカップル・・・・  

レズビアン夫婦に育てられた子どもからのメッセージというものもあった。。


さまざまな職種・年齢の人たちの動画メッセージが次から次へとでてくる。



市会議員ジョエル・バーンズ氏による議会でのスピーチには涙がこぼれた。


「学校は、誰もが安心していられる安全な場所でなければならない」




なのに、成人ゲイの多くの人はこう語っている。

「高校を卒業するまで、我慢して。卒業すれば嫌な人たちから離れられるし、きみの世界は広がるし、力になってくれる仲間も見つかるから。

だから今少し、死にたい気持ちを抑えて待っていてほしい。卒業するまでの辛抱だから。」


教育の場でいじめられ、逃げることもできない子どもたちが多くいる現実を突きつけられる。




年齢を問わず、悲しいことに、共通する経験は学校での「いじめ」




私は今まで漠然と

アメリカという国は性に寛容な国であるようなイメージを持っていた.........



衝撃的ではあったけれど、私が知りたかった、本人とその周りの人の本当の言葉が聞けた気がする。


本当の言葉ほど強いものはない。

真実の言葉。



奇しくもテレビで

「アメリカの最優秀教師に選ばれた女性教師が日本で講演」というニュースをみたけど

あの人は、ゲイであることを理由にいじめられる生徒を目にしたらどんな対応をするのだろう。


聞いてみたい。



東大寺の梵鐘を支えるこの柱を触ってみたら、まるで石のように硬くて深いしわが刻まれていた。
それでいて温かい。
a0238324_1622315.jpg

いつか木であったことも忘れるくらいの年月を経てみると
存在そのものが美しいものになっている。


ちょんちょん。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-10-24 14:55

深夜の恐怖体験。。。。。

きのうの夜のことよ。

覚悟はいい?





プ二さんの母から野菜をたくさんもらって

ホクホク顔で帰宅した私。


ちなみに、

なすとピーマン、長いもにゴーヤよ。


とりあえず玄関に野菜をポンと置き、

愛するプニさんのために、急いで晩御飯の支度にとりかかった私。

その日はひどく疲れておりました。


家事もひと段落し、

寝るタイミングを外してしまい、

ひとり深夜ぼーっとテレビを見るともなしに見ておりましたら。



ヘンな音がする。



がさがさがさ・・・

ごしょごしょ・・・ざざざ・・・ざざざ・・・


しかもすぐそばで。


気味が悪いし・・・・怖いよ・・・(-_-;)


玄関の電気をつけて調べてみるも

音は消えている。



電気を消すと


また聞こえる。


そんなことを二度三度繰り返すうち、いよいよ怖くなってきちゃった。



どうやらナスの入った大きな紙袋から聞こえてくるみたい。



ネズミ?

おっきな蛾とか?
ゴキブリとか?




あ~、やだやだ、もう耐えられない~~!!




で、どうしたかっていうと、


紙袋をそのまま屋外に放置。



で、寝た。




==========



朝になって、

怖いもの見たさね。



思い切ってあの紙袋をぶっちゃけてみた。



そしたら・・・・・


かわいいカナブンが一匹。

もそもそ出てきた。


安心と同時に拍子抜け。


犯人はお前か!


カナブンにはカナワンわ(うまい?)


ひとり大笑いしました。



でもきのうはほんとに・・・
a0238324_2321335.jpg





================



そしてきょう。


(きのうに引き続いての話よ。)



地元駅前ビルの通路を歩いていたら

60歳くらいの小柄な女性が向こうから歩いて来たのよね。



私の前には、おしゃべりしながら歩く若い女の子ふたり。


そしたらそのおばさんがね、


何の前ぶれもなしに


すれちがいざま、叫び出したのよ~



「一列に並んで並んでっ!!はいっはいっ!!」


驚きすぎて声も出ない。


手を振りながらすごい形相。


よくあの小さな体であんなデッカイ声が出るもんだわ!!てくらいの。


前歩いていたふたり、硬直。

かお見合わせて「ナニアレ?」


ワケワカリマセン。


おばさん、なおも大声で叫びながら去っていく・・・

曰く、

「ハイ、前を見て!よそ見をしないでまっすぐまっすぐ!!

ハイ!!しっかり歩く!・・・・云々かんぬん!!・・・ハイっ!ハイっ!」
(すべて命令形)



あんたは司令官か。


みんなびっくり口あんぐり。





===============





日常の中の非日常。

こんな場面に出くわすなんて。



過ぎてみれば、

あれはいったいなんだったのか・・・ていう感覚になりますが。



自分に降りかかってこないので、通過するだけのことなんでしょうか。



もしもあのとき、あのオバサンが刃物を持っていて


前の若い子たちに振りかざしていたら、私はどうしていたんでしょうかね?


今ごろは、通り魔事件の犠牲者の一人に数えられているのでしょうかね?



ぞっとします。



日ごろの心構えというものをしっかり持っとかにゃあアキマヘンデ!!




でもね?

よく考えたら、

あんな小っこいおばちゃんなんか、

への河童
a0238324_2320164.jpg


この私が本気出せばちょいちょいで片付けられそうな話よ。




負ける気がしねぇぜ・・

<`~´>ニヤリ


でも。。。。一寸先は・・・・になっていたかもね?
a0238324_0292178.jpg


(みんな岩崎祐司さん作品よ)



以上、二日続けての恐怖体験でした!




===============






「非日常」といえば。


先日、歌舞伎を見に行ってきたんですけど。


ずいぶん久しぶり。


最後に見に行ったのは・・・・・

・・・?・・・・?



・・・・・忘れるくらい前よ。




中村勘九朗襲名披露の舞台だったわ。


チンプンカンプンな私に、友だちが解説イヤホンを勧めてくれたのですが。


これいいね~♪



右手でイヤホンを抑え、左手でオペラグラス持ち、

めったに見られないこの時を逃さじと一生懸命舞台見つめていたら


年を取るっていや~ね~  (イヤーホンとね、なんちゃって。)


目がしょぼしょぼよ。



===============




これまた非日常の世界で遊んできました♫





おんなじ非日常でもこれほどの違いよ。



できることなら楽しいほうがいいに決まってるよね!!

(それにしても無事な一日をしみじみありがとう、です)


ちょんちょん
[PR]

by jandaramommy | 2012-10-10 14:21

人生はすべて選択の連続だ。

庭のハナミズキの実が赤く色付き始めた。
a0238324_11293768.jpg


この時期....そういえば.........

もうすぐ関西レインボーパレード!(通称:関パレ)

調べてみたら、11月10日・土曜日 ね!

今年も行くぞ!!

去年は雨の中のパレードで、ハプニングも続出で。

でも楽しかったなぁ・・・・

今年もまたあの人たちに会えるかなぁ・・・・


「ジャンダラマミィ~?!」

て呼んだら

「は~い!」って返事するオバハンがいたら、それが私!(笑)


今年は何着て行こうっかなぁ?(ちなみに昨年は虹のポロシャツ)



==============




ささやかなブログながら。

もしかして関パレに興味を持ってくれる人がいたら嬉しい。


根っこが太くたくましく育って、しっかりした枝葉がひろがって行きますように。

こんな感じ?
a0238324_11482145.jpg





=================




先送りになっていましたが

Eの教員採用試験合格の知らせを受けた時のことを書かせてね。


もちろん

私にとっても飛び上がらんばかりの喜びでしたよ、そりゃもう・・・

実際は涙がじわ~っと出てきましたけど。




合格発表というその日は、Eも仕事中だったし、

わかるのは夕方かもしれないと思っていたのが

意外に早かった!



当日昼、Eからメールが一通。

ひとことのみ。

合格しました!!


もう、このひとことに凝縮ですよね~(^^)v

なにせ、正々堂々、真っ向勝負でしたから。




===================




それまでEは、私に試験の様子や内容など話してくれていたので

もう、そこまでやって受からなかったら、向こうの問題だと思おう、

それでダメだったら

そこからまた何ができるか、

いろんな可能性はまだいっぱいあるはずだから、

そこからまた考えればいい!

・・・・そう言っておりました。




でもでも

内心は受かってほしい!

あれだけがんばってきたんだし!

だって、それがEの夢の第一歩なのだから!




そんな気持ちが揺れ動く中の吉報でした。




=============




そこまでに行きつくのに、

本当に岐路や壁がいくつもあり、その都度、Eは選択を迫られました。


「人生はすべて選択の連続だ」という言葉に最近強く引き付けられましたが

まさにそのとおりだと、手を打ちたくなります。



「選択」の結果は本人にしかわからないでしょうが

Eのまっすぐな気持ちで選んだ「選択」が間違っているわけはない!



.........そう思っています。




===================



突然ですけど


私、子どもは「見えない世界からの預かり物」だと思うようにしています。


その子が自立するまで私が預かって育てさせてもらっている。

そういう感覚です。



生まれてからずっと、衣食住に加えて、教育にお金も時間も労力も費やして育ててきたと思うと

つい、親の言うことをきいて当たり前、子は親の所有物のように思いがちになりますが、

「預かり物だ」と思うと、ちょっと子どもを客観的に見られる気がします。


それに

子から親へプレゼントされているものもいっぱいあるんですよ。

目には見えないものです。

ひとくくりでいえば





それに何より、私の中の「親育て」をしてくれたのは「子ども」だったということ。



子育て真っ最中だった時には気がつかなかった感覚でしたが

今は本当にそう思います。




=====================





母親になったら、子どもの世話をするのはあたりまえ。

育児ができない親は失格。

ましてや虐待なんてする親は親じゃない。


前の私は、こういうことをする親は悪い親で、批判の目で見ていた。


でも今は。

こういう親がいてもおかしくないし、当たり前だな、

私も紙一重だったな......

........て思う......



子どもを産むと、即、母親というレッテルを貼られ、「ダレダレちゃんのママ」と呼ばれるようになる。

この「ママ」とか「おかあさん」の言葉が私自身の大半を占めていたと思う。

「母親らしく」という言葉に無意識の中、自分を束縛し、

しっかり子どもを育てなくちゃ、と、24時間体制でがんばっていた。

しかも、いい母親だと見られるよう、世間の目をきにしつつ・・・。

何かあったらすべて「母親である私のせい」だと思い込んでいた。


そのために苦しんでいる母親がいかに多いことかと思う。

子どもを産んだだけで、ずっと付いて回る母親のレッテル。


そもそもなんでこんな風に

「母」という言葉に追い詰められなきゃならないの。



追い込むモノって、何?

そもそもソレがいけないんじゃぁ?




=======================




そんなことを考えていて、

じゃぁ、何が大事か・・・と思うと

浮かんでくるのは

教育。


学校教育の場で

偏見やとらわれに気付く教育の場があったら

かなり違ってくるのではないか..........




=================





今ブログ書いてて思ったんですけどね・・・・

だからこそ、Eの合格が嬉しかったんでしょうね、ワタシ........



..........て............??

気がつくのが.......

遅いわ!!


のんびりマミィだわ...........トホホ.......

人生、これくらいのノリでいけたらいいわね?(by 岩崎祐司)
a0238324_14391369.jpg




ちょんちょん...........(@^^)/~~~



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-10-07 11:34

旅行第二弾。

なかよしはっちゃんに、振袖の着付けを習いました。

急な用事が入ったために、時間を午前から午後に急きょ変更してもらっての着付け教室。

立ちっぱなしで2時間みっちりでした。

はっちゃん先生が帰った後、ふと見ると。

玄関カーペットにぱらぱらとこぼれ落ちているゴミ?

よ~く観察してみると・・・これは・・・・

お米のモミ殻なのでした。


ハハ~ン・・・・・(しばし考え込む・・・あんたはシャーロックホームズか)

・・・・・・・・・そうか、そうだったのね!


はっちゃんちは今や稲刈りの真っ最中。

農家の働き手でもある彼女。

今は猫の手も借りたいほどの大忙しよ。



はいよ。(笑)  こんなデブ猫でもよ?(「イリ重テーヤマネコ」岩崎祐司作)
a0238324_23375746.jpg


彼女、一年で最も忙しいこの稲刈りのときに、時間を割いて教えにきてくれていた。

農作業をぎりぎりまでやっていて、急いで来たものだから、モミ殻を払うことも忘れてたのか。。。


私よりも彼女のほうが忙しかったのではないでしょうか。

そんなことはおくびにも出さず、一言も言わず、

みっちりしっかり、手を緩めず教える彼女の仕事意識に、脱帽であります。



カーペットに落ちていたモミがらに、そんなエピソードを感じた秋のある日。




======================



忙しい農家の人たちはこんな風景に見とれている暇などありゃあしませんぞ!

土手一面の彼岸花。

これ、友人と私よ。
見よ!この青い空と真っ赤な彼岸花の絶妙なコントラストを(^.^)
a0238324_23491925.jpg



せっかくだからもう一枚。
a0238324_1126970.jpg



まだまだ見ごろでございます・・・・

わがまちは一年で一番にぎやかなときを迎えております。

いかがかな?




==================



ときはちょっとさかのぼりまして。

伊豆での話。
a0238324_11295122.jpg

こんなんもあるんですね。(どうでもいいけど、このおにいさん、チンパンくんとそっくりじゃない?)
a0238324_11314331.jpg



珍しく、おねーちゃんと一緒にお出かけお出かけ~♫
こんな道を歩いて行った吊り橋と海。
a0238324_11447100.jpg

エッ!?危ないところなのー?
a0238324_11415754.jpg

危険度ゼロでしたがな。。。しかもあっけないほど短い(笑)
a0238324_11412272.jpg

吊り橋の下の景色はこんな感じね
a0238324_11465763.jpg

a0238324_1215624.jpg

吊り橋より海岸へ降りるほうが怖かったわ~
この看板は絶対必要よ!
a0238324_11512013.jpg







朝の散歩で見つけたリス。
このあたりの住人にはリスは害獣らしい。かわいいけど。
a0238324_123395.jpg



おいしくてステキなパンやさん見つけました。これ入口。
a0238324_1213234.jpg

中にある喫茶コーナー まさに森の中のパンやさん。
a0238324_128969.jpg

かわいいインテリヤ。
a0238324_1295921.jpg

また行きたいな♫



そして衝撃の・・・・シュノーケリングする姉妹。(これ以上の水着姿は?見せられるわけないっしょ!!)
a0238324_12155399.jpg

水の中と外ではまるで別世界なのでございます。トドが浮いているだけのように見える?
水の中は岩場で起伏に富んでいて、魚の種類も豊富なの。
熱帯魚の群れや・・・きれいなベラは寄ってくるし、ふつうにサザエは落ちてるし。
いったい何十年ぶりの姉との海遊びだったことでしょうか。考えるだに恐ろしい・・・



海から帰ってくれば、姉の作ってくれる料理に舌鼓を打ち~の、温泉に浸かり~の・・・・・の気楽さよ~♨


でも・・・・・(-"-)・・・


こんな時間はすぐ過ぎるのね・・・

・・・・で、あっという間の三日間。


トイレにもこんな花を飾ってくれていた姉の心づかいがそこかしこに感じられ、嬉しかったです(#^.^#)
a0238324_12353292.jpg






====================





帰ってくれば、否応なしに現実に引き戻されるのが世の常。


でもね、それでいいのよね!


気持よく送り出してくれたプ二さんにも両親にも感謝してるわ~❤


ありがとう~

♡ちょんちょん♡



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-10-05 23:54

台風の日におはぎ作り。

まさに台風直撃かというその時に、

わたくし。

何を急に思い立ったんだか。 

せっせとひとりでおはぎ作りに精を出しておりました。

あずきとずんだ(枝豆のあんこね)とゴマの三食おはぎよ。

全部自分で作ったよ、えらい?

梅干しもゆうこ作よ。
a0238324_14213240.jpg


ふだんならあっちこっちと配り歩くんだけどね・・・

雨戸も閉めてるひどい天気。

負けずに傘が吹き飛ばされること覚悟で、ご近所はっちゃん家にお届け。

玄関先ですぐ帰ろうとすると

「お茶飲んでいき!!」

とのお言葉。

ついお誘いに乗っかっちゃいました(テヘ!)

・・・でそれからたっぷり一時間半おしゃべりね。

帰宅途中、風に吹き飛ばされるかと思ったわ!


人間って

危険をおかしても、どう見てもそれほど重要じゃないことにこだわってやりたがるときってありません?

にんげんだもの(あいだみつを)


命がけのお届けものでした。(@_@;)




======================




かれこれパソコン壊れて一カ月。

やっとこさ、いつもの椅子に座ってブログが書けるようになったよん♪


写真もいっぱいあるんだもんね。


念願かなって、大好きな笑刻可・岩崎祐司さんのギャラリー「くすくす」へ行ってきたんだよ。
a0238324_14375248.jpg


岩崎さんの了解とって写真撮らせていただきました。
a0238324_1441761.jpg


作品と同じく温かいお人柄に甘えて2時間たっぷり、

油断してるとオヤジギャグにしてやられるという緊張を感じながらも

愉快な時間を過ごさせていただきました。

ご本人サイン入り作品集は私の宝物よ~(るんるん♪)



==================


そしてここ!
a0238324_1582074.jpg


クレマチスの丘。

ここがいったいどんなところなのか、予備知識ゼロで行ったからこその感動がありました。

彫刻美術館が中にあったのですが、庭園やショップなどすべてが大きな美術館のようで・・・

本一冊、もしくはスケッチブック一冊持って1日のんび~り、素足で過ごしていたいところ。

連れて行ってくれた姪っ子夫婦に大感謝してます。

以下そこでの写真。(少しは伝わるかしら・・・?)

a0238324_1591153.jpg

a0238324_159592.jpg

a0238324_15104489.jpg

a0238324_15121870.jpg

睡蓮・・・モネの絵のようでしょ?我ながらよく撮れたわ(*^^)v
a0238324_15125222.jpg

ともかく広い!
a0238324_15172344.jpg

残念ながらこのお店はクローズでした(-.-)
a0238324_1527920.jpg


閉館時間ぎりぎりまでいたけど、まだ足りなかったくらい。






人はどういうときに美術館や庭園に行きたいと思うのでしょうか。

無意識の中の意識に誘われる・・・

とでも?


気付かない自分に会いに行くような感じかなぁ・・・




======================





いわゆる旅行というものを何年もしてこなかった私にとって、

(つまり用事がない限り、家を空けることをよしとしてこなかったということですが)

今回の用事のない純粋な旅行は、やや不安なものでもありました。

どう時間を過ごしていいのかわからない・・・ていうね・・・

やんなっちゃいます、まったく。

過ごし方を考えるのがストレスと感じるくらいなんですから。



こんな出不精(デブ症でもあるわ)の私を誘いだしてくれたのが姉でした。

それがこんなに楽しい旅行になるなんて!

人生これだからおもしろい。



今回はこのくらいにして。



次回は姉宅でのは・な・し。(乞うご期待よ~)


ちょんちょん(^^)/~~~



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-10-02 14:19