<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

行ってみた!買ってみた!

28年間、私と苦楽を共にした愛用の包丁がとうとう駄目になったわ・・・。

a0238324_233709.jpg


柄の付け根が錆びてポッキリ折れました・・・・(涙)

(包丁だけに)使い切った、ってことね。

このあいだ、父が研いでくれたばかりで・・・

その父があきれてた。

「先がとがっているはずの包丁が丸くなっとっるな~  だいぶ使った包丁だなぁ・・・ 巾も細くなっとるぞ?!」

はい、身も細る思いで懸命に料理してきましたもん、わたし!!

なんか・・・捨てるしかないけど、供養したい気持ちです。。。。




===================



三日ほど家を留守にしていました。


奈良大阪、行ってました~



大阪へ行ったついでに前からのぞいてみたかった「関パレ・ブックフェア」(この言い方、正しい?)をのぞきに、リブロなんばウォーク店へ。


すぐわかりました(^^)v

虹の絵と手書き風なコメントが書いてあったからね♬



この三冊、買いました~
a0238324_21535535.jpg



「カミングアウトレターズ」は、Eからカムアウトうけた直後に図書館で借りて読んだという思い出の一冊です。
手元においておきたかったので。

何度読んでも涙が出てしまう・・・

本当の言葉でつづられているからでしょうね、きっと。

ひとつひとつの手紙の中にノンフィクションのドラマが詰まっています。




石川大我さんの「好きのハテナがわかる本」

これは、この間のわけのわからん男女共同参画の名のもと行われた公開講座の反動で買っちゃいました。

なーんでこういうわかりやすいことばで、できんの~?という、ね・・・

これをテキストにすりゃぁよかったのに!・・・て、つくづく思います。

そしたらみんな笑顔で楽しく勉強できたのにね?



ま、この間は受け身だった自分がいかんのだわ(-"-)

まずは自分で勉強しよう!

・・・そう思いまして。



難しい言葉を使ってないから、抵抗なく読みやすい。

誰もが読めるやさしい言葉を使って説明するのって、実はとても難しいことではないのしら?





あと上野千鶴子さんの本ね。「スカートの下の劇場」

パンティーの歴史と考察・・・みたいな。


上野千鶴子さん・・・名前だけは知っていましたが著書は読んだことなくて。

それに昔の人がどんな下着つけていたか書かれている本ってないもんね。

興味津津でございます。




「性別がない!!」とか、コミック本のほうがいっぱいあったけど、中が見られなくて購入に至らず。



ブックフェアも終わりに近づいていたからか、すでに売り切れたものもいっぱいあったのかもしれませんが、行ってみてよかったわ♬




****************



これは買ってみて良かったわ♬
無農薬有機野菜。
ワサビ菜・黄にんじん・ジャガイモよん。
黄ニンジンは「加熱するとクリのようで美味です」って書いてあるけどどうなんでしょう。
a0238324_23221640.jpg


a0238324_23253138.jpg

「NO薬」ってなかなかのセンスじゃない?



****************



結局あわただしく行って帰ってきたといういつものパターンでしたが

無事に行って帰ってこられたことに感謝を忘れないようにしているつもりです。



ちかごろは母は

「お土産もなくてごめんね~」と言う私に、

「あんたが無事に帰ってきてくれただけでいい。」

と、以前は口にしなかったことを言うようになりました。

うれしい半面、その言葉の中に、母の「老い」を感じます。


自分の帰りを待っていてくれる人がいるということは、

自分の行動のアクセルにもブレーキにもなります。



純粋に、家族の存在ってありがたい。

そう思ったことでした。



ちょんちょん



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-11-25 12:50

きーつけやーよー

ひっさしぶりに描いてみた。
素直な私の心境です・・・(-_-)
人生、そんなもんですわ(笑)
でっかく描くの好き。(これ、実は箸置きね)
a0238324_211697.jpg




**************



朝起きたら、窓の外が騒がしい・・・
白椿の蜜をついばみにメジロが五羽ほど。ヒタキのつがい。ヒヨドリ・・・
次から次へとやってくる。



ここは野鳥食堂か・・・・


食べ放題だよ、へい、らっしゃ~い!!



ふと気がつけばツワブキの花が満開だがね。
冬の庭に元気な黄色を添えてくれとるんですね?あーりがっとねー❤
a0238324_2172241.jpg






そういえば。
散歩に行った氏神様の鳥居の下にドングリがいっぱい落ちとった。
かわいいドングリだったがね。そう、食べてぇあぁくらいにね。(注:方言:食べたいくらいにね、ってことよ)




***************





三連休の中日です。



きのうは劇団四季の「アイーダ」を見に行きましたがね。
a0238324_2117829.jpg

あ~ら、まちがえちっち。
この子はマロンちゃんというのよ。(たぶんお鼻が栗っぽいから?)
駐車場のアイドルよ。あんまり可愛かったからパチリ。


えっと~・・・ここでもなく・・・・(ここは昼食を食べたお蕎麦屋さんよ)
a0238324_2121389.jpg

とってもいい雰囲気で・・・
a0238324_21245068.jpg

食べたのがこれで・・・(いったい、いつになったら私は劇場にたどりつくのでしょうか・・・?)
すでになにが目的だったのかわからなくなっておりますです。(汗)

a0238324_21252753.jpg



ここよここ~!!
そうよ、私は方向音痴なのでした・・へへ<(`^´)>
a0238324_2120024.jpg

もう駄目だと思ったけど、まだやれたわ。(冒頭の絵には深い意味があったのですよ・・・おわかり?)




「ライオンキング」を見て以来。子どもたちはまだ高校生・・・・・??だったかな~??


今日は「アイーダ」を。

最後は「愛だ」って話です。


なかなか楽しめましたよ、それはもう・・・
鍛え上げた体で踊るダンスと歌。生の迫力でしたもん♬

なのにわたしときたら・・・
カーテンコールを眺めつつ・・・ 内心・・・

「志村けん」の「アイ~ンだ」を、ちょいといっぱつ、ステージの上でみんなやって見せてくれると大爆笑モノなのだが・・・・

と、ふとどきなことを考えたりしておりました。(ごめんなさいまし)


自分でバカ受けしながら、劇場限定ものの「堂島ロール」をしっかり携えて帰ってまいりましたとさ。

(このロールケーキおすすめ!)




帰り、駐車場から出る際、新入禁止の標識を見ながらもアレは違うと勝手に否定して、
一方通行の道を逆走してしまったのは、わたしじゃありませんからね!!

鉢合わせになった車の若い男の子にむちゃ睨まれて、嫌がらせされて焦った、なんてことも一つの大事な人生経験よ。

まだ行けると思ったり、もうだめだと思ったりしながらね・・・・(しょんぼり)


きぃつけや~よ~!!(お気をつけあそばせ、て意味よ)



============



ぜんぜん関係ないんだけど

きゃわいいモノを見つけちゃったので、お口直しにのせておくわ❤
まだちょっと早いか・・・(笑)
いかが?
a0238324_21514870.jpg
ほっこりしたでしょ?



ジャンダラマミーはどこへ行く~??

ちょんちょん~♫


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-11-24 21:45

朝食はごはん派?

先日

E姉が何を思ったのか、メールで

「お父さんが今のところ体を壊さずにやってこれたのは完全にお母さんのおかげだよね」


そーよ、そーにきまってるじゃんか!!

・・・なーんてことはちょびっとも・・・・・いえ、ほんのすこぅし・・・思ってもいいかしら?(笑)


このメールで、最近サボリ気味の私に気合いが入りまして、
作った朝食がこれよ。
a0238324_21323684.jpg

すりごまをふりかけた黒豆入り玄米ご飯と、さんまの塩焼き、かぶら漬物、らっきょ。


おやつは・・・鬼まんじゅうと番茶はいかがでしょう。
いただいたさつまいもがあったからね~♫
a0238324_2232345.jpg



そういえば。

最近は、献立に会わせて買い物に行ったりしなくなりました。

いただいたものや、買ってあるもので献立をたてます。

もうね、ほんとにいい加減に作ります。

いい加減よ、いい?


肩に力を込めたようなお料理はしないようにしています。

だって疲れちゃうんだもん!

楽しく自然体で作りたいからね。

そういう気持ちで作るとおいしいと言ってもらえる気がするわけ。



六年前、病気を治そうと、玄米自然食にかたくなにこだわった時期がありました。

甘いものやケーキはもちろん、スナック菓子、ファーストフード、レトルト食品は敵視してたわ。

それくらい体も悪かったからね、食事療法にかけてた。

真剣にやらないと、大変なことになるという危機感からでした。


人間、そこまでいくと、三日坊主が大得意の私でもやれるもんですね。

おかげさまで良くなりました。

やってみてわかったことは、食事と体と心の相互関係よ。



そして今は・・・

けっこうなんでも食べちゃってます~

この間なんか何年かぶりに○○バーガーふたつ食べたら即体調崩しましたけど。

やっぱりだめだな・・・とわかった次第。

こういう経験も大事と受け止めます!



この間、Eと一緒にいったお店のケーキは本当においしく感じられました。

「あぁ~、シアワセ~♡」

まさに癒しだと思う瞬間、ありません?

自然と笑顔がこぼれます。

おしゃべりもはずむってもんですわ。



私はお酒が飲めない体質ですけど、たぶんお酒を飲む方たちもこんな感じなのかもね?


でも、過ぎたるはナントカよ。



食べるものに関しては

私なりのバロメーターがあって。

病気も完全に治ったわけでもなく、おとなしくしていてくれるというだけですしね。

だからそれなりに気をつけているんです。




料理でいちばん大事なのは作る人の心の持ち方かな・・・と、最近思う。

愛情もてんこもりすると重いよね。



生協で買ったほうれんそうの上に書かれていた言葉、いいでしょ?
a0238324_2374639.jpg



それにしても誘惑が多すぎる・・・・(-"-)

お財布のひももウエストのひももしめなきゃね(笑)


ちょんちょん


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-11-21 09:57

生病老死。

娘のEが奈良に帰って行ったところです。

Eが帰ったら、やたら家の中が広く感じるのはなぜかしらん?

Eがいる間、ふだん無口な(?)私がしゃべくってワイワイしておりました。

普段はプ二さんいるけど静かよ。その反動でしょうか・・・
(仲が悪いわけではありませぬ。強いて言えばプ二さんの家での時間を大事にしてあげているからよ。つまりテレビとうたたねの邪魔をしないようにしているだけ)


Eの帰りを待っているおじいちゃんおばあちゃんは大喜び、プ二さんも早めのご帰宅よ。


子どもたちの実家帰りは、平凡な毎日に活気を与えてくれます。




それにしてもEはそろそろ着くころかな~




*****************




先日・・・例の講演会の翌日・・・・久しぶりに東京へ行ってきたのよ。
後遺症を引きずりながら(笑)


天気が悪かったのに新幹線の窓から富士山の頭が見られたのはラッキーだったわ♫

 
リニューアルした東京駅、見ました見ました!
人がいっぱいで歩けない~
a0238324_11505424.jpg

駅の中のドーム。
まわりの人がさかんにカメラを上に向けているので気がついた!
なかなか素敵だわ~♫
a0238324_1158884.jpg



今回の目的は昨年に引き続き武蔵野市の染色工芸展に出品していたのでそれを見に。
もう一年たつんですね~

どんな様子だったかというと・・・
黄色の着物とその横の帯がわたしの作品(Eの振袖)でございます。
a0238324_1274373.jpg

着物以外にもいろいろあるんですよ。
a0238324_126523.jpg

先生のドレスもステキでしょ?
a0238324_16201418.jpg



土砂降りの雨の中、搬出を大急ぎで済ませ、トットと帰ってきました。




=================




この一週間ばかり

いったいこれはどういうこと?と思うくらいたくさんの人と会う機会がありました。


そのどれもがつながっていて、意図があるように思われます。



「生病老死」。



友だちの娘さんが出産した。


お世話になった恩師が亡くなった。


大切な友人が病気であることを知った。



もうこの世では会えなくなった人と、

病気で入院していて、会いたいけれども会えない人もいる。

そんな中で生まれてきた命もある。


「無常」という言葉を思わずにはいられない。


自分は、行きたいときに行きたいところに行ける。

やりたいこともできる。

話せる。動ける。味わえる。

それがどんなにしあわせなことかと思う人と当たり前と思う人がいる。



東京駅で、荷物を引きながら標識を探そうとして歩みを遅くした私に「チッ!!」といかにも聞えよがしに舌打ちして肩をいからせて早足で通り過ぎた男の人にはわからない気持ちでしょうね。


東京はみんな早足ね。いつも急いでいるね。


たとえ一時間に数本しか停まらない駅でも、一日動き回ってやっとこさ地元ローカル駅に降り立った私の安ど感は底知れないものがありました。



丁寧に生きたいよね



ポプラの落ち葉がきれいでした。
a0238324_18225476.jpg




ちょんちょん




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-11-18 18:23

本気で伝える気があるのか

今日は関西レインボーパレードというそのときに、

地元の公開講座に出席していた私。

行きたかった関パレよりあえてこちらを選んだ理由はと言うと、

題名に魅かれたからです。




「多様なセクシュアリティを尊重するために---気づくうれしさ、学ぶ楽しさ---」




================



「男女共同参画」の名のもとに企画された事業のひとつでした。


講師はあっちこっちの大学でセクシュアリティ論を教えている人。本も何冊か書いている。(仮にJ氏と呼びます)




とある公民館の二階視聴覚室。

座っているかた、スタッフもふくめ22~3人。

うち二人は市(主催者側)の男性職員。

女性スタッフ三名ほど。

若い方は少ない。

セイクマイらしき若者がひとり気になる存在でした。



================



行ってよかったかというと、「行ってよかった。」

体裁だけ整えて言葉が上滑りする、こういう講座がいまだあるのだということがよくわかった、という意味において。


はっきり言って名ばかりの講座だった。

お役所仕事ってこういうものなのね?

雰囲気くら~い&重たい空気。

男女参画事業をやっていますという既成事実だけ作ってる、ていう感じね?


[心]が感じられませんでした。



===============



レジメもらいました。

うたい文句だけは立派です。(以下抜粋)


(前置き文)
「講演する内容

・国の第3次男女共同参画基本計画には性の多様性へ配慮するむねの言葉が入りました。しかしそれが実際に行われているかというと、道半ばです。私たちは「性の多様性」の事実を知ると同時に、それを思考の道具として使うレッスンが必要です。

・「性」のことを学問では「セクシュアリティ」と言いますが、今回はこの言葉を思考の道具として、生きるセンスを磨き、生活を豊かなものにしていければと思っています。




1 セクシュアリティとは

私たちが何かを性的だと感じても、そのモノ自体が性的なわけではなく、そう感じてしまう色メガネを、私達がかけているだけかもしれない。

(セクシュアリティという言葉の説明と性分類について話す)



2 多様な性のルール、多様なセクシュアリティ
  
日本には多様な文化や慣習が入り、あるいは出て行ったのだろうが、そこには多様なセクシュアリティを歓待する動きがつねにあったことを忘れてはならない。

(同性愛の歴史と文化に触れた説明あり・・・少女誌、コミック誌にみるLGBT)


3 正常と異常、健常と障害の間

性同一性障害者性別取扱特例法について

「障害」の新しい捉え方について



=================



これ書いているだけでうんざりしてきたわ。


私には学問用語としか思われない、わかりにくい言葉も出てきて、それをわかっているものと前提したようなJ氏の話し方にため息が出そうでした。(大学での講義ならともかく・・・)


「異性装」はまだわかるとして、「男の性規範」 「女性排除」 「男子定食」 「女子定食」「既得権益の循環」

「障害の個人的悲劇理論」「障害の社会的仰圧理論」「ゾーニング」・・・etc・・・・。




難しい言葉だけ並べて、いかにも講義してます的なポーズでしたが、

内容が一貫せず、ただ言葉の羅列を聞かされているような。




うれしさも楽しさもあったもんじゃないわ



それどころか

だんだん私自身がその場の空気の重苦しさに耐えられなくなり・・・


それでも努力して、私としては一生懸命耳を傾けてはいたのよ?


予定より早く話し終わってしまったとJ氏が言ったその時点で「はぁ~・・・?」でしたが。

まだ肝心なことに何も触れていないんじゃあ?


そしておきまりの質疑応答。



質問人A(60代と思われる男性):「ロリコンについてと、資源回収時に当番で立っている人がいると、人に見られて困る雑誌等(どうもボーイズラブとか同性愛関連雑誌を言ってるらしかった)が出しにくい。あの監視体制なんとかならないか・・・市の職員の人がいるのでそこんとこ、ぜひお聞きしたい。」


J氏回答:「私も研究上いろんなコミック誌など読むが、近所の人の目が気になり、同じような思いをしている。引き取り業者に頼むか、個人的に業者に持ち込むということもできますよ~」

(そして市の職員の方は、この件にだけはやけに反応して非常に丁寧に時間をかけて答えておられました。自分の仕事に関係することだけはやけに熱心なんですね)


質問ではなく、心からJ氏に向けて、感謝の言葉を述べた70代と思われる男性もおられました。

この男性は体に障害があり、小学校に入ってからいじめを受けた経験のあるかたでした。J氏のあることばに感動したそうです。(忘れましたが)




私、何も言わず帰ろうと思っていたのですが、

(ゆうこ心の葛藤)もうこの手の講座には来ることないし・・・「また今度」もないけど・・・あきらめては何もはじまらない・・・ええい、せっかく来たんだから。

ダメ押しで質問!!

「○○市から来ました○○○○と申します。私の娘はレズビアンです。中学生のころより、そのことで大変苦しい思いをしてきました。今、娘は教育という場で偏見のない人を育てようとがんばっています。J先生も教育の現場で働いていらっしゃる方ですから、その先生にお聞きしたいのです。先生は、今の学校で、どんな教育が必要だと思われますか?やっぱり「夢」を持っていきたいですから・・・おきかせください。」と。


J氏:「大変むずかしいご質問ですね・・・。性教育に関しては学校側も大変神経を使うところで・・・・やはり親からの視線もありまして・・・他の所などでは、希望すると「出前の性教育」をやってくれるところもあります。そういうものも利用してもいいんじゃないでしょうか・・・こんなところでいいですか?」


私、相当アガッテいたのであんまり覚えていないのですけど、こんな回答だったように思います。

期待はしていなかったけど、こんな回答しか返ってこなかったのでした。ちょんちょん





================




質問し終わって席に座って、隣のめいっこひぃと目が合ったらひぃは目に涙をいっぱい溜めていてびっくりしたわ。

あとで聞いたら、「ゆうちゃんはたぶん質問しないだろうな~・・と思っていたら手を挙げてびっくりした。それって、Eもがんばっているから自分も!って思ったからでしょ?そう思ったら泣けてきた・・・」


もちろんそうよ!!






===============





帰りの車の中、肩コリのひどいこと・・・頭痛までしてくる・・・・。


すごい脱力感。


ひぃとしゃべってて。

「でもゆうちゃん、ゆうちゃんの質問きいて、メガネ取って涙を拭いているように見えた人がいたよ。

なにか心に響いたんだと思う。」

と言ってくれた。

それなら質問した甲斐もあったのかな!ってふたりでちょっと笑った。




最初に気になっていた若者は、終わった途端にJ氏に駆け寄っていったよ、とひぃが教えてくれた。

その若者の必死さが伝わってくるようだね・・・と話したことでした。




================




宛先のある言葉、ない言葉。

言葉が肩口のあたりを通り過ぎ、こちらの胸にどんと突き当たってこない。


新聞で目にしたこの言葉に凝縮されています。

お茶を濁したような・・・

無難な血の通わないことばほど嫌なものはない。

それは不特定多数の人に向けられた言葉の無機質さ。



言葉は知らなくても、うまく語れなくても、伝えたいという気持ちがあれば、心は通うよね?


笑顔も大事、ユーモアも大事と改めて思った秋の夕暮れ~~♫



以上報告終わり!!(^^ゞ


ちょんちょん


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-11-13 14:18

突発性行きたがり屋症候群発症の日。


晴れた!!

関西レインボーパレードの日だ~!!






*****************





ふだん出不精のクセして

なぜかあるきっかけで、突然行動的になります。

きのうがまさにそれで。

久しぶりでごわした。




++++++++++++++++




家で新聞読んでたんです。

しかもおとといの。(なにそれ?)



展覧会案内をなんとなく見てたら

目にとまったある記事。

しょうぶ学園「Nui Projectシャツ」展。



えっ!!

最終日がきょうじゃない!!



数分後に車を走らせていました。

大都会での運転、超苦手な私なのにね(-_-;)



いったい、なにが私を突き動かすのかわけわからない~(笑)



でも私の直感は正しかったのよ!!




*****************




そこは初めて行く街なかのおしゃれなギャラリーでした。



鹿児島市の知的障害施設しょうぶ学園のNui Project(ぬいプロジェクト)のメンバーが制作した作品展。



既成服のシャツに絵のように刺しゅうしたもの。

刺しゅうで描いた絵。



刺しゅうという言葉でくくりたくないほど個性的で自由な表現が見られました。




私の好きな「さおり織り」は織り物ですが、

刺しゅうという手法こそ違え、自由で楽しい表現は共通です。




(以下新聞記事より抜粋)

刺しゅうはかれらの「営みそのもの」という。

作品には気負いがない。

ひたすら自分と向き合い、淡々と針を動かす姿が垣間見える。

縫い込まれた模様は花や動物、幾何学的な模様とさまざまだ。

好きなものを好きなように。

目に見える形はシャツだが、手芸品とは醸す雰囲気が違う。



どこからどこまでがアートか。

そんなことを思わせる。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::




ねむの木学園の絵画展でも同じような感動を味わったっけ。


そこにいると居心地がいい。


おだやかな気持ちでいられる。


それはたぶん


作品に欲がなく


純粋だからだろう。


最近、「純粋」という言葉、聞かなくなりましたね?
今気がついたんですが。






ギャラリーの片隅で、工房の刺しゅう風景のDVDを上映していました。


18人の人たちが順番に映し出されてくるなかで

見ているだけで涙が出てくる人がいました。



なんというか

そのかたの雰囲気が柔らかくてきれいで泣けてきた。


ひたむきでおだやかでとてもやさしい。



やっぱり作品に「人」って表現されるのね・・・・・・・・・


改めて思いました。



====================




出かける前

私、鬼まんじゅう(さつまいもの蒸し菓子)作ってたのよね~

a0238324_1051421.jpg


実は蒸しあがるのを待ちながら新聞読んでたのさ。



鬼まんじゅうも私のゲイジュツ作品といえるくらいおいしく出来たわ(*^^)v


へへへ・・・・





ちょんちょん♫

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-11-10 10:58

私なりのカムアウト。

立冬ですね。

紅葉ももう終りに近づいているのかしら。
きれいすぎるわ、この落ち葉。
a0238324_22102825.jpg

一度でいいからこんな風景をナマで見てみたいものです。

消えていくもの、はかないものほどきれいな気がする。
a0238324_22113663.jpg

今日はやけに感傷的なのはなぜ・・・・・・・・なんちゃって。




オバマ大統領再選の日でしたね。

テレビで「・・黒人も白人も・・・・・同性愛者も・・・・・・すべての人たちが・・・」と言っているオバマ大統領の姿を見てじ~んと来たのは私だけかしら?






近いようで遠く、遠いようで近い人の縁の不思議を改めて感じたきょう。

一カ月以上前に突如電話してきた友人Y氏との再会の日でした。

Y氏とは実に17年ぶり。

駆け寄って、感動のハグを期待していたのに

なぜかクールな態度で拍子抜け。

あらら・・・


「なんであんなに冷たい態度をあんたはしよるのか!他人行儀な!!」(他人ですけど)ぷんぷーん!!<(`^´)>

「だって、ゆうちゃん、着物きてくるからさ・・・わからへん!ひょっとしてまちがえとったら恥ずかしいが~・・・・」

とY氏。

・・・・・・・・・(-"-)

そーでした。


きょうはボランティアの日で、着物を着ていたのでした。

着替えるひまがなかったのでそのままお迎えに走ったの。

そんなに着物だとわからんもんですか?

サプライズを狙ってたけど通り越して軽くショックだったりして(笑)


感動の再会シーンは逃したけど、悪気はなかったってことで許してあげるわ。(私、やさしいでね。)



お昼を食べるお店でようやく落ち着いて話し出した。

「お互い、生きてて会えてよかったね!」

って言ったら、ほんとに大病して一時は危なかったんだと真面目な顔して言われちゃった(-"-)。


あちゃ~(@_@;)




Y氏は市会議員。

もう20年やってる人。

いかついスタイルと顔とは反比例の、ガラスのようなデリケートな心を持つ。

見かけで判断されて、けっこう傷つくことが多いのではと思っています。



しかしまー、お互い、病気の話で盛り上がるっていやだわぁ~(笑)

笑えるからまだいいけど、ね?




おなかもいっぱいになって再会ショックも癒えたころ。

聞きたかったことを聞いてみた。

「セクシュアルマイノリティの人たちをどう捉えているの?」

Y氏:「セクシュアルマイノリティってなんやそれ?じぶん、わからんが~?」

ときた。

市会議員やってても知ってるとは限らないんだね。


それ以上話をしないという選択もあったのですが

私はY氏の人間性を信頼しているので続行。

「ゲイ、レズビアン、性同一性障害とかという言葉は知っているよね?同性愛者や自分の性に違和感を持っている人たちのことをセクシュアルマイノリティと言うんだよ。そういう人たちのことをどう思ってるのかなって思って。そういうことに対して市としての取り組みは?あなたは嫌悪感とか持ってるの?」


「あ~そういうことか。男女共同参画事業っていうのがそうかな。

そういえば、そのことで以前議会が真っ二つに割れたことがあったわな・・・あの時は大変だったな。」

と言って話してくれた。



なんでも同性愛を容認したような宣言や文言をだすと、同性愛者が集まってきて困る・・・(驚くばかりですが)・・・という発言が出たとかで。




詳しいことは聞けませんでしたが、Y氏は、男が男を好きになろうが、女が女を好きになろうが、「そこから出てくるすべての問題は理解されないことからきているんだ!!」、と話したそうです。
「あんたらは自分は関係ないと思ってるからそういうことが言えるんだ、自分の娘や息子がもしそうだったら、そんなことが言えるんか!」と言ったそうです。




なんか、日本版「It Gets Better!」を聞いた気分でした。



Y氏の、「理解する・しない」ということが根本問題だとする考えに大いに賛成です。

理解しようとする人と理解さえしようとしない人との違い。


これはセクマイにかかわらず、いろんなことにかかわるうえで大事な姿勢ですね。



LGBTIQとかセクマイという言葉など知らなくても、根本問題を見据える感性がY氏はちゃんと持っている。

それが確認できてうれしかった。

でもまったく理解しようともしない人たちもいっぱいいるのね・・・と改めて感じた日でした。




Y氏にEのことを話しました。

彼は静かに耳を傾けてくれました。




Y氏は「来てよかったわー」と何度も言って帰って行きました。

別れ際、今度はちゃんと握手してハグしてくれましたよ(*^^)v

好かれて困るわ~(笑)



ちょんちょん



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-11-07 22:18

「行きます」宣言したものの。

関西レインボーパレード

今週の土曜日です!!



実は私........

「行きます」宣言を高らかにしていたのにも関わらず、

今年はそちらに行かず、地元の公開講座に参加することに決めました。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



公開講座テーマ:
「多様なセクシュアリティを尊重するために---気づくうれしさ、学ぶ楽しさ--」

講師は、教育大学やその他の大学でジェンダー・セクシュアリティ論を教えているかただそうです。

私の住む地域で、関パレと同じ日、同じ時刻に催されます。


これに行きたい!





セクシュアリティがテーマの公開講座って、私の知る限り、今までなかったように思います。

「男女共同参画事業」の取り組みのひとつらしいです。市の主催です。




これを知ったとき、やっぱり関パレがあるから行けないわ~...残念だけど.....

そんな心境だったのですが、

日が経つにつれ、どんどん興味がわいてきて、行きたい気持ちが募ってまいりました。




Eにも聞いてみた。

E:「うちはボランティアするから、当日かあさんと一緒に歩けるわけじゃないし、

かあさんが行きたいほうに行けばいいんじゃない?そっちも大事だと思うよ」


そんな言葉が返ってきました。


何日か考えたあげく、決めました。




******************







私の住む地域でLGBTの会やその家族の会は見当たらない。

いるはずなのに見えないのです。



今回の公開講座が、何かのきっかけになるのでは。(その「何か」ってよくわからないけど)


誰かとつながるかもしれない。


そんな期待感。



めったにない、こういう企画がされるということは、それをやろうとする人がまずいらっしゃるわけで。


その理由を知りたいんです、私。


だから企画した人に会いたい、聞きたい!


このチャンスを逃したらイカン!!


それがこちらを選んだ理由ね。



++++++++++++++++++++





Eのカミングアウト以来、漠然と、自分の住む町にもLGBTの会やその家族の会があるといいのになぁ・・・と思うようになりました。


仲間ができればいいなぁと。



あと、

私はビアンの娘を持つ母親だから、セクシュアリティで悩んでいる人の話を聞くことはできるかもしれない。


今までの経験から、安心して話せる場所と人の存在は大切だと思っています。



カムアウトを受けてから二年半あまり。


Eのサポートはしてきたけど、もうそれも必要ないくらいEはしっかりと歩いています。

Eは、これから当事者として、Eの場所で、Eでしかやれないことをやっていくことでしょう。




私は私で、Eとは別の場所で、何かできるのでは・・と思っています。

まだよくわからないのですが。




*******************





物事なんでもそうですが、先ず、行動しなければ始まらない!

行ってみなけりゃわからない!


・・・・・・・・・・・・てことで。


またその報告をブログに書いてみようと思います。

乞うご期待よ~  


(関パレでジャンダラマミーに会えなくて残念がって下さる方がいらっしゃったら、ごめんなさい。お詫び申し上げます。)



ちょんちょん










にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-11-06 13:20

五目でございまーす!(サザエさん風)

足のかかとがカサカサ。

朝の台所仕事の手が冷たい。

そろそろ炬燵布団を出さなきゃいけないわ、という私なりの目安です(笑)



買い物行く途中に見つけた紫式部の実。やっと会えたね、なんか嬉しいぞ。
a0238324_1153725.jpg




かと思うと、こんなのにも出くわすから面白いよね。
ここはどこ~!!(テキサスか?)
2メーターはある! この生命力。
サボッテンじゃねぇよ、てか?(笑)・・・・あらいけない、私としたことが・・・(-"-)
a0238324_1202628.jpg

まぁ、季節も土地もまったく無関係を装って、力強く根を張るこのド根性に脱帽ですわ。

こうなったら、とことん行くとこまでいってもらおうじゃぁないの!!ねぇ!!





===============




あらやだ・・・つい興奮しちまっただ・・・(-"-)



ただいま五目御飯を炊きながらブログ書いておりますの・・・ほほほ・・・


書道の先生のお宅へ行くから、持ってくの!




================





92才の先生のご主人が入院して早や二十日。

今日は自称「先生を励ます会」の三人組(私も入ってます)が先生宅へ乗り込みます。



先生(88才)は五目御飯がお好き。

持っていったら膝に乗っけて何度も蓋を開け閉めしながらこんな思い出話をしくれた。




先生) : 私の母が五目御飯が好きでね~

家族も多かったものだからよく五目御飯をた~くさん炊いて、

おなかがはちきれそうになるくらい食べたものよ・・・・


そうそう。五目といえばね、

お客さんがくるといつも母親が口癖のように

「まぁまぁ、我が家は五目でございますがね・・・」

と言ってたもんよ。

この意味、今の人たちはわからないだろうねぇ・・・


五目御飯って具があっちこっちに散らかってるでしょ、

そのたとえで、うちの中が散らかりほうだいの様子を「我が家は五目でございます・・・・」って言ってたわけ。


今じゃぁ、こんなことば使う人もおらんわね~



・・・・・・・・・・そんな話でございました。



「五目でございます」は使やぁしませんが

散らかりっぱなしの家はありますことよ!(我が家が!)


わたくし、考えますに、

「ゴミ屋敷」と露骨に言わず、「五目屋敷」と言ったほうがまだ印象がよいように思いますがいかがでしょう・・・?

日本語の表現の良さの一つではないかしらん?


「断捨離」をはじめて聞いたとき、「暖シャリ」(あったかいごはん)のことかな?って思ったわたしの言うことだからあんまりアテにはできませんけどね~・・えへへ・・・(^.^)



そういえば「たおやかな」という言葉の意味を説明するのに適当な言葉が見つからず困ったけど、


若い人たちにはたぶん通じないよね。


逆に、私はEのブログにあった「ドラッグ クイーン」(ドラァグ クィーン?)が何のことだかわからなくてね。

調べましたよ、えぇ。




とはいえ、芸術と食欲の秋よ。
a0238324_201112.jpg


わが道を行くわ~

ドラッグ クィーン・・・・ 私も見てみたい・・・


ちょんちょん♫


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-11-01 20:09