<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「嫁」とか「婿」とか

ちょっとのあいだにけっこう写真がたまっております。

大公開!!・・・なんちゃって(笑)

先日、奈良に向かう車中からの景色。

Eとドライブ♬


たまぁに、

雲の形がほんとうにおもしろくって

写真に撮っておけばよかった、と後悔する。

そういうときにかぎって、車の運転中とかね?

今回は撮れた(^^)g へへ・・
a0238324_14341833.jpg

鳥が飛んでるようにみえませんか?・・・て、話。

すごく大きな雲でした。

車の大きさでわかるかな?




***************


さてこちら。

地元の氏神様。八幡社境内でござい。

厄年の人による節分の日の餅投げ。紅白の幕を張った舞台です。

子どものころから変わらぬ昔からの行事。

こういう風景を目にすると、なんか安心するのは私だけ?
a0238324_14404880.jpg

餅投げに向ける熱い情熱がない私は不参加よ~♬



庭に目をやれば、

ハナミズキの枝にとまるメジロの集団と

いつもより遅咲きの水仙。

がんばったね~!と、声をかけてみる。

だって寒さで葉っぱが茶色よ?
a0238324_15175931.jpg





********************




節分の日には、年末年始、仕事で帰省できなかったE姉が

同級生の結婚式で帰ってきていました。




で、彼女、

結婚式にナニ着るの?って話で、

「ドレス」と答えていた。


直前になって親孝行してくれました。

E姉用に私が染めた振袖と帯を、私に着付けさせてくれました。
a0238324_15344523.jpg

はいはい、はっきり言って、私の自己満足です(笑)



先ほど、E姉に送る宅配便に宛名を書いていて、はっと気づく。

姓がもう私とは違うのだということに。

E姉、先月入籍したので姓が変わりました。


「入籍した」 「婚姻届を出した」

法的な意味で大事なことではあるけれど・・・

それが非異性愛者同士の間でも認められているのなら

私の中で引っかかりはないと思うのよ?




「息子や娘の大切なパートナーです。」

「お嫁さん」や「お婿さん」というより、そんな言い方を私は選びたい。

「パートナー」ということばは、性別に関係なく使えるところがいいな。






「ゲイのボクから伝えたい好きのハテナがわかる本  みんなが知らないLGBT」

この石川大我さんの本、とてもよかった。

LGBTが生きにくいバリアーの多くは、実は人々のココロの中にある。


「LGBT」でなく、「マイノリティ」という言葉にも置き換えられるよね。

いいことばだなぁ・・・




*****************



このあいだ、味噌作りをしました。

50㎏。

今年は姪っ子ひぃが手伝ってくれた。


一緒にすると楽しいし、はかどること、はかどること!


味をしめたので

今度はラッキョ漬けと梅干し作りも誘ってみようとたくらんでおります。


E姉と一緒にやることは一度もなかったねぇ・・・




ちょんちょん


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2013-01-22 23:36

前を向いて。


先日、東京行ったら、一週間前に降った雪がまだ溶けずにこんなに残っていて、びっくり!
a0238324_14314499.jpg




郵便受けに入っていたある会報の中にあった言葉。


逆境の時はいつか終わりが来ます。

あきらめない人生には

終わりがありません。

あるがままの自分を受け入れ

なりたいと思う自分を心に描きなさい。






少し情緒不安定になっているのかもしれません。

この言葉を見て涙が出てくるのです。





=================




楽しかった。


不可解だった。


新鮮だった。


わけがわからなかった。



おもしろかった。


信じられなかった。



================



相手の善悪はほとんど自分の都合次第による


という言葉を私は今、噛みしめています。




==================




3年前のEのカミングアウトをきっかけにはじめたこのブログです。


背中を押してくれたのが、娘のEと、彼女だった。



そのふたりがわかれました。



「わかれた」という言葉はひとことですが、

(この場合、「わかれ」という言葉が適切なのかどうかさえ、よくわからない。)

お互いから「放れる」ことを選択した。

といったほうが当てはまる気がします。


人それぞれが複雑な思いや感情が交錯するのと同様に

一言では片付けられない思いが

当事者ではない、私の中にも、まだくすぶっています。


私は二人に深くかかわり過ぎたのかもしれません。


おそらくこのくすぶりは、時間の経過とともに昇華していくものと思っています。




=================



Eが、

あいまいにせず、

言葉に出して、

きちんと別れたことに

安堵した。



恨みも憎しみも残さず

それまでの悲しみやつらさをぶつけることもなく・・・



よかった・・・・

と思った。




===============




嬉しかったのは、

その日のうちに、Eは私に報告をしてくれたこと。



今まで見守ってくれていた人にも報告していました。

それが彼女のけじめのつけかた。



その態度は立派だったと思います。


Eは、まわりの人のやさしい目に感謝し、これからもその人たちとの関係を大切にしていくことでしょう。




==================




私から、モトカノには、「ありがとう」とだけ・・・

あなたから学んだことは大変大きかったからね。





===================





じつは

年明け早々、3年前のEからのカミングアウトを振り返る機会に恵まれました。


ずいぶん当時を忘れてしまっているものだな、と苦笑ものでしたが

揺るがぬ思いどころか

確固たる思いは変わりませぬ!


「Eはかけがえのない大切なわが子である。Eがビアンであることは、家族関係にまったく影響はない」

ということ。


むしろカムアウトと同時に、ここから新たな家族関係が始まったといっていいくらい。

もちろん、いい意味で。


私が変わったことと言えば、

「ヘテロ」を前提とした話をしないよう気をつけるようになったこと。

相手が男性なら・・「彼女いるの?」とか、

子どもは?

結婚しないの?

とか。


それから、見かけで性別を判断することはしないように気をつけるようになったこと。


一方的な見方や批判をしないよう気をつけるようになったこと。



信頼できる人には、セクマイの話を自分から積極的にするようになったこと。




カムアウトを受けて、嫌なことは一つもなかったどころか、

いいことだらけでした。




==========




私の中では、第1幕が終わり、これから第2幕が上がりそうなところです。


これから何をしていくかという課題。


Eの応援、サポートという立場はもちろん、

Eが成長した分、それさえも必要とされていない気がする今、

ほかに私に何ができるのかな?



無理なく出来そうだと言えば、

やはり絵や字で表現していくということだとわかっている。


E、それでいいかや?




=====================




何も咲かない冬の日は

下へ下へと根を下ろせ




===============



ブログを囲む環境はすでに変わってきているけれど

やはり私にとって大事な場となっているこのブログです。


これまで見てくれた方へお礼を申し上げるとともに、

どうぞこれからもよろしくね、と言いたいです。


ありがとうございました。




============



今回は私のけじめとして。

ちょんちょん


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2013-01-22 10:24

耳の痛かったはなし。



神社の椿がきれいだったわ~♬

a0238324_1163861.jpg




暮れから成人式まで我が家はさしずめ、ちょっとした民宿状態だったのよ?

私、民宿のおかみさんやってたら、あっちゅうまに日が過ぎて、きょうは19日になっちゃった。



暮れから腰を痛めたり・・・

携帯無くしたり・・・

風邪気味だったり・・・

そんな中

人が出たりはいったり・・・



そして新年早々、警察のお世話になりました。

またオーバーな(笑)


ふふふ・・・ご心配なく。

「落し物がかり」です。

だれかご親切な方が携帯を届けてくださっていたのね~


すでに新しい携帯に買い換えていたけれど

手元に戻ってきてくれて感じるこの安心感!

本当にありがとうございました。




=====================



そしてきのうは耳鼻科の先生のお世話になりましてん、私。


一週間ほど前から右の耳が聞こえにくいな・・・とは思っていたところ

どんどん悪くなり、とっても気持ちが悪~い!!


耳掃除をしたら、ますますふさがったようになってしまったのよ。

ひどくなって三日目。

近所の友達に話したら「早く病院行ったほうがいいよ。耳の病気は治りにくいから・・」って。

すでに手遅れか!?

頭をよぎる「突発性難聴」ということば。

このまま治らなかったらどうしよう~

恐ろしくなって何十年ぶりかで耳鼻科へ駆け込みました。


そしたらね?

ものの三分ほどだったわ。

いきなり右耳を大掃除。

「詰まってますね~」「詰まってますね~」

(・・・・て何回言えば気が済むのよ、先生。)



ちょっと痛かったけど、取り終わったらすっかり治って気分爽快!(^^)!

何の検査もなし。

薬もなし。

それでおしまい。

あっけないくらいで拍子抜け。

お金払いながら

「あの~、耳掃除だけにでも来ていいんでしょうか?」

って思わず聞いてしまったわ。

いいんですってよ!

しめて¥1110よ!



帰り道、心に余裕ができたせいでしょうか?南天の実に目がとまります。
(誰ですかね、もう治らないんじゃないかと恐怖におびえていたのは(-"-))
a0238324_1324742.jpg






====================




そんなこんなで、今年も過ぎていくのでしょうか・・・・・・

早くも不穏を感じたりして?




そんなあなたにオススメは!

a0238324_2105356.jpg

こんなお店でカフェしましょ♪
a0238324_2131997.jpg

居心地のいいお店、見つけたの♬



================




あんまり忙しくて

そのせいか、いろいろあって、心の余裕もあまりなかったみたいね、私・・・・

Eにも注意されるくらいでした。



笑い話で済んだけど、

体のどこでも、不調を感じると不安になる、この「にんげん」という勝手な生き物です。


耳が普通に聞こえて本当にうれしい。

しあわせ。


そんなことを再発見した出来事でした。




病院のベッドで新年を迎えた友人。

彼女どうしているかなぁ・・・・


ちょんちょん



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2013-01-19 02:13