<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「得意」より「好き」で。

気がつけばすっかり春ですね♫

チョウチョも飛んでいますね!
a0238324_16142614.jpg



ふぅ~・・・忙しく駆け抜けた三月でした。


出かけることも多かったけど。

目新しいことと言えば、袴の着付けをさせていただいたこと・・・かな?


「小学校の卒業式に袴を着たいと言う友だちの娘さんがいるから着付け頼めない?」という友だちからの依頼でした。

大学卒業式で袴と言うのはわかるのですが、小学校の卒業式で?!

ちょっと驚きました。

聞いてみたら、クラスで6人くらいは袴を着るのだというじゃありませんか。




ま、私としては、着物に興味を持ってくれること自体がメチャうれしいので、喜んでお引き受けした次第です。

どんな娘さんがいらっしゃるのかと、そりゃあ楽しみにしておったのでございます。

なんたって、家族以外にちゃんと着付けをするのは初めてよ。

そしたらね、

とってもかわいい、シャイな子がやってきました。


昨年にEの卒業式で袴を着せて以来一年ぶり。

おかげさまで人さまの着付けもさせてもらえるようになったわん、とほくそ笑む私。


やっぱり、人さまに喜んでもらえる仕事はホントにやりがいを感じるわ!


だってね、着付け終わったら、お母様もその子も、とっても笑顔。

晴れの日の門出のお手伝いってこういうことよね!

卒業式に向かう親子を笑顔でお見送りできた私も幸せでした。




*************************



ところで。

「好き」「得意」の違いって、わかります?


スポーツドクターの辻 秀一さんというかたが書いていた新聞のコラムに目がとまりました。

とても言い得てると思っって。(以下抜粋)



「日々の生活で好きなことを大事にすることがだんだんと忘れられていませんか。

特に学校で教育を受けるころから、好きよりも得意が大事にされてしまいます。

国語が大好きと言っても漢字できてないねと言われるし、

体育好きと言っても逆上がりもできないくせにと言われます。

その後も誰々よりもできるかどうかの比較に基づく得意という感覚のほうが主役となって人生を支配していきます。

得意は相対的に創り出される感覚で、誰かと比較することで生まれる状態です。
したがって、得意では他人に依存するし、気分を安定的にご機嫌へと導くことが難しくなります。どんなときももっと得意な人がいるからです。

一方、好きは絶対的でだれがどう言おうが好きなものは好き。好きはいつでも自由で私たちの心にご機嫌の風を吹かせる大事な感覚です。

私はバスケットボールが大好きです。たとえばサッカーのメッシやロナウドの前でもバスケ好きと言えますし、NBAの選手たちの前でも堂々と好きと言えます。

しかし、NBAの選手の前でバスケが得意とは絶対に言えません。
得意は比較評価だからです。


好きを大事にしていかないと心のご機嫌は持っていかれてしまいます。
それを得意で回復しようとしても難しいのです。
多くの人が好きよりも得意で生きるために不機嫌になっているといっても過言ではありません。

好きを大事にして、好きなことをまずはもっと考えましょう。」



*****************




私は、着物好きなので、着物に関係することをしていると、とってもご機嫌な自分がいることにこのコラムを読んで気がつきました。

ご機嫌な風が吹きまくりよ~♫

絵を描くことも好き。

織ることも染めることも好き。





・・・・・・だけど得意とはとてもじゃないが言えなくて(-"-)。

劣等感に人生を支配されてきた気がいたします。




絵を描くことが好きだったから入った美術大学で、逆に(すごい人ばかりで)劣等意識にさいなまれ続けた大学生活でした。(そりゃいったい「何年前の話?!って思うんですけどね・・・抜けきれないのですよ、なぜか。)

ちっともご機嫌じゃなかったわ(笑)


ようやく「得意」ではなく「好き」を大事にする生き方を意識できるようになってきたところでしょうか・・今は・・・・


長い長い呪縛です。




****************




学校教育の弊害を思わないわけではない・・・


さて、娘Eも自分の夢をかなえてこの春中学校の先生になるけれど


どうか「好き」という気持ちを大切にできる先生になってくださいね!!





***********************:




我が家の桜も満開となりました。
夜桜よ。
a0238324_16131570.jpg

アトリエにも飾ったりして。
a0238324_1614089.jpg

ニューフェイスのキョロちゃんです(笑) ヨロシク!
a0238324_1874249.jpg




ま、どんなことであれ、「人がなんと言おうが好きなものは好き」

これですわね?!

ちょ~んちょん、と(^.^)


E~!きばらんば!!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2013-03-31 17:07

自分は軽率だなと思う。

どうでもいい話かもしれませんが

ブログ書き終わって、送信ボタンをポチっと押したら、

絶妙のタイミングで出てきよるコマーシャル。


「○○○円のプラ○○タでここまでちがうのか!?」


使用前、使用後の、それこそ同一人物とは到底思えない写真を、これ見よがしに見せつけて、

五十代後半突入のおばはんの心を揺さぶりおるわ(-"-)



その写真見たとき、

「これは親子?」て思いましたもん。

・・・で、やはりちょっと心が動揺。

「顔とスタイルに自信がない!」と自信を持って言えますのでね、わたし。



しかもその写真の下をプチって押せば、

即、お取り寄せできる仕組みです。

キャンパーン中で「今だけ○○円!」

・・・とかね。



でも、けなげに、一生懸命、思い直すのです。

「顔の衰えは仕方がない、年齢相応の顔でよしとしよう。

それよりこころ美人に近づくようがんばろう!」と。

ねっ!ねっ!


「笑顔にまさる美人なし」

「美人は三日で飽きるが、ブスは3日で慣れる(慣れろ?)」(命令形ですか)

とか言いますでしょ?(笑)



*******************




姪っ子ひぃと一緒に行ったカレーのお店。

「ヒマダナ」。

じゃなかった、

「ヒマラヤ」よ。


地元の町の郊外にある田園地域の幹線道路沿いにある、

とんでもなくそこの風景に不似合いな建物発見。

だって、看板がまっ黄色のカレー色。

けばけばしい色使い。

どう考えても一人で入るには勇気がいるわ。

とっくにランチタイムどころか、ティータイムに近いころ、

ランチを食べ損ねた女ふたりが最後の望みを託して入ったお店でした。


ところが!・・・です!!

な~んてさわやか笑顔なの~❤

嫌な顔されるどころか、「どうぞどうぞ」でウェルカムでした。

インド人のかたばかりでやってるお店。

みなさん感じがいい。緊張感はどこへやら。


おなかもすいていたのもあって、「本日のスープカレーセット」、おいしかった~

おなかがすきすぎて、写真撮り忘れたわ(>_<)


帰り際、気がつく「テイクアウトOK」の文字。

夫にやさしいわたしよ。

「鹿か豚」・・・じゃなかった、「シシカバブ」とカレー、たのんだわ~♬




****************




バカなこと書いてますけど


震災記念日。


どこかパソコン画面に映る広告やらあれやこれや自分さえもが軽すぎて・・・

しかも軽率に反応する自分がいます・・・

私って・・・??


*******************



いろんな思いが頭の中を巡ります。






******************






古い文庫本を何気なく手に取り、ページをめくってみた。

ボーヴォワール著 「 第二の性」

私が若いころ読んだ本でした。ちなみにこれ、五巻まであります。

すっかり内容を忘れてしまっていましたが、

パラパラとめくるとすごい言葉が書いてある。

たぶんこれは私が10代後半か20代前半に読んだもの。

あのころ私は何を思って、この本を買い求めたんだろう・・・

女であることに不条理さを覚え、悩んでいた時期だったかと思う。



*******************



静かに過ごしたい日もある。

自分への反省を込めてね。


ちょんちょん



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2013-03-10 16:00

心の温度。

親戚からもらったイチゴを煮ながら書いてます。

当然、甘いイチゴの香りが家中に充満中。

この香りがお届けできないのが残念だわ。(笑)




************************




この詩どうですか。

a0238324_23372197.jpg

寺川武志さん(37才)というかたの作った詩。
ご自身の書いた字もすてきだなぁ、と思います。
NHKハート展で最優秀賞をとったものみたいよ?

読みにくいかもしれないから書きなおしますと・・・



     ぬくもりがわかるんじゃ
                                        寺川 武志

  ぼく 人のぬくもりに敏感なんよ

  心の温度が分かるんじゃ

  ほんのちいさなことでも

  僕の心は揺れるんよ

  はかないんじゃけど

  はかないんじゃけど

  せじゃけどぬくいんかつめたいんかは

  分かるんよ





*************************




心の温度を感じる時って誰しもありますよね?



突然、友だちから電話が来る。

「別に用事ないんだけどさ~  元気かな~、て思ってさ。 で、どう?」


絵手紙が届く。

花の絵とともにやさしい言葉が添えてある季節のお便り。


心の温度計が快適温度を示しますね(笑)


そういえば庭の紅梅が満開を迎えました。
a0238324_15442258.jpg





********************




きのう、甥がふらっと来てくれて、なんてことないおしゃべりの中で、

東京で一緒に暮らしている小学校からの友人は、

仕事やら人間関係やらで行き詰まると

「よいしょ~っ!よいしょ~!!」

とお風呂の中で大声で叫ぶそうな。

ときには、突然ふすまを開けて部屋に入ってきて、「よおいしょ~っ!!」と言いながら、甥を抱えてバーベルがわりに上げ下げして発散するんだって。


「そのときあんたはどうしているの?」

「ん?いっしょに持ち上げられながら、よぉいしょ~!て言って、されるまま。」

「それだけ?!」

「ん!それだけ」

一同、爆笑。



なんて平和的で

なんて優しいんだろ。



そんなときって、すごく心が傷ついていると思うのよ?

だけど彼は、自分が傷つけられたようなことはしない。

攻撃しない。

代わりに、「よぉいしょっ~!」て言って発散する。




されるまま、一緒に「よいしょ」を掛け合う甥もなかなかのものだとワタクシ、感心いたしました。

(さすが私の甥っこよ、えっへん<`~´>)



この甥っこ、全身真っ白な犬です。(尾も白い=おもしろい、ね!)  こんな顔(-"-)しないの!

「体調はいいの?ごはんちゃんと食べとる?」

「ん~・・・首がまわらん・・・かな?」

「お金がなくて?」(確信的にそう言っている私)

「ちがうちがう。ずいぶん前になるけど、家で日向ぼっこしながら本を読んでたらさぁ・・・・」

「ふんふん・・・それで?」

「眠くなってきて、ごろんと横になって、寝てたら・・・・」

(ふんふん・・・どうしたどうした?)

突然、枕の下から手が伸びてきて、首をがきんとすごい力でひねられた!」


(え、え~~~!!!??)


「それ以来首が痛くて廻らなくて、ホントに医者に行こうかと思ったくらいひどかったんだけど、

ようやくこのごろこのぐらいは動くようになったとこ」

(首を半分くらいまわしてみせる)


「真っ昼間だよ? 家でひとりでいて、本読んでただけだよ?

ゴロンって、ちょっと寝転がっただけで・・・

おれもあまりのことにびっくりしちゃって、

だれかいるのかなーって、キョロキョロしたんだけど、何も見えないんだよ。

だけど、畳から手が伸びてきたんだよ。

しかもしっかり指の感触は感じたんだよ。

なんなんだよーって感じでさー・・・」


真っ昼間の怪談話ですか。

聞きながら鳥肌が立ちましたわ。


甥っこは、築60年ほどの古~い木造の一軒家に友人とシェアハウスしてます。

都心なのに異常に家賃が安いのにはなにか訳があるのではないかと疑いたくなる話です。


もしかしたら、この家、妖怪や魑魅魍魎の通路となっているところかもしれませんね・・・

一度行ってみようかしらん♬



背筋は寒くなりましたが、心はあったかくなった甥とのひとときでした。

彼の首の無事を祈ります・・・・・(笑)

「お守り」あげようかしら。



ちょんちょん!(^^)!





にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2013-03-10 15:53

おんな三人伊勢道膝栗毛

このごろは春の陽気ですね。

久しぶりに窓を全開しています。

そういえば母がツクシの佃煮をくれました。

ほろ苦い春の味。母の味。

ちょうちょの飾り切りがまたステキでしょ。(これはちゃっかりお料理屋さんからもらってきたもの)

春のおすそわけね。
a0238324_13571827.jpg




***********************



先日、「お伊勢さん」へ行ってきたのよ。

姪っこひぃと、長女と私の三人で車でね。

外宮、内宮、月夜見宮などいろいろ廻ってきました。



*******************************


正式ルートをたどりましょう、てことでまず外宮(豊受大神宮)へ。
宮内にはいると神聖な感じがいたします。
a0238324_12351973.jpg

a0238324_1235569.jpg

大木がそこかしこに。まるで「ゾウの足」
a0238324_12373438.jpg




ちょうどお昼となりました。
「せきや」のあわび釜めしごはん、いただきました。
満足!
a0238324_12441599.jpg

店先にかわいい銅像が「どうぞ~」(笑)と、言ったか言わないか、わかりませぬ。
a0238324_12453976.jpg

曰くゆえんが書いてありました。
a0238324_12465271.jpg




*****************************


おなかもいっぱいになったところで、いざ内宮へ~!!
内宮そばの「おはらい町」風景よ。
ここをまっすぐ行くと内宮へ行くのよ。
a0238324_12231349.jpg

その前にコーヒー飲まなくちゃ♪
レトロな喫茶店。すっかりくつろぐ女三人。
はたして内宮に無事辿りつくのか!!
a0238324_12534776.jpg

はい、五十鈴川御手洗場(いすずがわみたらし)。
ここまで来るとやはり空気が違います。
a0238324_12572576.jpg

式年遷宮だけあって、工事中の様子が見られます。
a0238324_137148.jpg

a0238324_131352.jpg

a0238324_132563.jpg



その後 勇んでくりだす「おはらい横丁」。
a0238324_13153856.jpg

店先でこんなポーズを取るふとどきものの猫人間、発見。
a0238324_131559100.jpg

そばにはこの子が「あ~ら、いらっしゃいにゃ♬」
a0238324_13172476.jpg

ひなまつりただなかでムード満点。
a0238324_13183422.jpg

伊勢地方のしめ縄飾り。
「笑門来福」とか書くところ、この地方はもともと神様が住んでいるところなので、そういう言い方はしないそうな。(ゆうこの知恵袋より)
a0238324_13325621.jpg

おなかもすいたところで、伊勢名物「てこね寿司~」(ドラエモン風に言ってみてね)いわずとしれた「寿司久」さん。
安くておいしい定番です。
a0238324_13285856.jpg




*****************************


翌日行ったのは・・・
a0238324_1334085.jpg


「あまの岩戸」と呼ばれるところ。「風穴」がありました。
けっこうな山登りかと覚悟して入口に置いてあった杖をお借りしました。
a0238324_13362385.jpg

a0238324_1337178.jpg

修験者のごとく歩く私よ(笑)
a0238324_13375921.jpg

だって、こんな山の中。 超気持ちいい~~~
a0238324_13395830.jpg




****************************



まさかの森林浴なんかもできちゃったりして、

おいしいものもいっぱい食べて(お食事すべてハズレなし!)

娘ふたりとおなかが痛くなるほど笑ったり、歩いたり。

お風呂で背中流しあったのも初めてだったかな・・・

いい思い出がいっぱいできました。


これも「お伊勢さん」のご利益ですね?

「また」を期待しつつ・・・


ちょんちょん♬



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2013-03-08 12:40