<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

行ってみなけりゃ、わからない

夫ぷにさんが帰宅早々、なにやらポケットをごそごそ・・・

メモ用紙にくるんだものを差し出します。

広げてみると、かわいい栗が5個出てきたよ?
a0238324_22351293.jpg


「どうしたの、これ?」

「今日、現場に行く山道で落ちとったから拾ってきた」(ちょっと得意げな顔のぷにさん)

「もっと拾ってこい!」と言いたいところ、童心に帰って栗拾いしてる姿を想像すると笑えてくる。

大量に拾っちゃうと、栗泥棒になると思ったんでしょうね。

意外と小心者のぷにさんです。

さてさて、この5個の栗をどう料理しましょうか・・・

私が場所を詳しくきいて、ごっそり拾ってきやしょうか?

そしたら栗ごはん、とかね?

悩むところです・・・(-"-)



*****************


新聞読んでたら、やなせたかしさんの言葉に目が留まりました。

「孤独なんてあたりまえ、知らんぷりして、なるべく機嫌よく生きようよ」

機嫌よく生きる、っていい言葉。

やなせ先生の怒った顔を見たことがないそうです。

いつもユーモアたっぷりの楽しい方だったみたい。

もう一度、やなせさんの詩集を読んでみようかな。

たしかまだあったはず。


********************


先日、ある「セクシュアルマイノリティを考える会」に、初めて参加しました。

きっかけは、関西レインボーパレード&フェスタ会場での、とあるブースでした。

娘Eが私に紹介してくれた方が、「地元でこういう会があれば私も参加したいのに・・・」という私の言葉を受けて、教えてくださいました。

期待と不安の入り混じった気持ちを久しぶりに味わいながら、ひとりで向かった会場には、イメージ通りのかたが笑顔で迎えてくれました。

10名ほどの参加者で、中身の濃い時間を過ごすことができました。


******************


実際に足を運び、直接会って、顔を見て、話すことの大切さを改めて感じました。

同じ時間を共有すること。

一緒に考えること。

久しぶりの新鮮な感覚でした。

初めはぎこちなかった関係も、何時間か後には笑顔で話せるようになっていました。

Eのこともいろいろしゃべったけど、みなさんが耳を傾けてくれてうれしかった。



****************



私がなぜこういう会に参加したいと願っていたのか?

正直、まだよくわからない。

分からないけど、つながりたかった。

参加するうちに何か見えてくるのだろう。

参加することに意義があると捉えて、足を運ぼうと思います。

出会いを大切にして。



*****************



出会いを大切にといえば。

以前から「やってもらえない?」とたのまれていた絵手紙教室を引き受けることにしました。

私も楽しみながらやれそうだと、ようやく思えたから。

ある福祉施設のデイサービスでのボランティア。

さてさて、どうなりますことやら?

自分の機嫌を取る手段でもあります(笑)

ちなみに最近作でございます。
チョコのマスコットではありません。東南アジアの民芸品!
a0238324_22524267.jpg

「渋柿かもよ?」と言われ、熟すのを目下待っている柿ね。
a0238324_22532510.jpg

食べられるホオズキ・・ホオズキってこんなむずかしい感じなのね?=「酸漿」
a0238324_225622.jpg

こういうの、描いてま~す!

ちょんちょん
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2013-10-29 21:10

二度目の虹色パレード

久しぶりにEと親子でお出かけしてきました。

「関西レインボーパレード&フェスタ」。

それにしても暑かった!

帽子だけじゃなく、日傘も持ってくるべきだったと横をみれば、Eが帽子もなしで平気な顔して歩いております。

「あんた、暑くないの?!もしかして、慣れてます?」(驚愕の母)

「うん・・・慣れてる・・」(涼しい顔してクールにこたえる娘E)

さすが鍛えておられますこと。(脱帽!・・・いや、この暑いのに脱いではイケナイ)


============================


早めに到着したのはいいけれど、暑さで参った私は木陰に入って一休みしておりました。

よく見れば都会の中とは思えないほどの広い公園。

グランドの周りをぐるっと散歩道があり、周りに木が植えてあるので緑もあってなかなかいいところだと気がつきました。

で、適当な場所を探して木の根元に腰をおろしました。

私の近くにも60代かと思われる男の人が、缶ビール片手にタバコふかしての~んびり「関パレ&フェスタ」を眺めていらっしゃいました。

他にもそれぞれ木陰で休んでいるおじさんが何人か。

その方たちの目の先・・・野外ステージでは、「HIROMI」さん(同性愛をカムアウトしたモデルさん、らしい)と、「麻倉ケイト」さん((ニューハーフの歌手兼モデルさん?)のトークと歌が繰り広げられておりました。

HIROMIさんは、自身の「性」について語っておられましたし、

麻倉さんも歌やトークで自分自身をカムアウト。

お二人を眺めながら、なんかね・・・不思議な感覚になりました。

私の周りには作業ズボン履いた近所のおじさんたちが見るともなし、聞くともなしの風情でフェスタを後ろ側から眺めているわけね。

関パレ見物です。

ときどき私の目の前をウォーキング集団が(おそらくいつもと変わらない様子で)通り過ぎて行きます・・・

グラウンドのステージのすぐ横では、どこかのラグビー部が土ぼこりをたてて練習している・・・

あちら側(関パレ)は日常でなく、土手を隔てたこちら側は、ごくありふれた日常生活が繰り広げられている・・・

同じ場所、同じ時間を共有している人たちの間にも、これだけの隔たりがあることを実感していました。


ただ、先ほどのビールのおじさんが、自転車に乗って帰り際、私にすばらしい笑顔を向けてくれたのが胸にジ~ンときたのは、一緒に後ろ側から関パレステージを眺めていて、ある種仲間意識のようなものが芽生えていたからでしょうか・・・

私の目の前の風景がコレね。
a0238324_1156475.jpg



==============================


さて、パレードに参加する前に、いったんお昼を食べましょうとEと一緒に歩いていたら、向こうから歩いてきた男性に、

「これはいったい何の集まりですか?」と聞かれ、

「セクシュアリマイノリティの人のお祭りなんですよ~」

て、答えたけど、そのかたは「セクシュアルマイノリティ」という言葉をご存じない様子でしたので、

「ゲイやレズや性同一性障害などの人たちの集まりですが、どなたでも参加できますから、どうぞ中に入って見ていってください」

と答えたけど、あの説明でよかったんだろうか?

声をかけて訊いてくれたこと自体が嬉しく思われたできごとでした。


=======================


また、ランチしようと入ったお店で、店主さんとおしゃべりしていたEがあとで言うのに、

「今日はなにでこちらに?て訊かれたから、関パレのことしゃべったら、僕の兄もそうなんですよ~、

そのこと知ったら来たがるだろうな~、教えてやろ!、て言ってたよ。」

ふたりでニタリとしちゃいました。


今回の関パレは、参加者どうしの交流に加えて、参加者以外の人たちとの触れ合いもあっておもしろかったんですの。


==========================

ちなみにそこのメニューに深い芸術性を感じましたのでご覧くださいまし。
枝豆の中のニワトリにご注目あれ。
a0238324_0581817.jpg

そして、油のプールにいざ飛び込もうとする水泳帽のニワトリの雄姿!
a0238324_0584412.jpg

親子の「子」って卵じゃなかったっけ?
a0238324_059832.jpg


(・・・メニューのニワトリたちの可愛さに心打たれつつお店を後にしたEと私でした・・・)


===========================


新体験といえば、沖縄の「エイサー」を見ていて、誘われるまま踊りの輪のなかに入ってEと楽しく踊ったりしたこととか。(沖縄の手踊りって簡単そうで難しいんだね!)


それと、やっぱり会えた、あのひと、このひと。

初対面ながら意気投合しちゃったひと。

これからまたつながれそうなきっかけをくれたひと。


それらひとつひとつが、私には宝石のように光って見えます。


Eと一緒だったからこそ出逢えた。

意外と親子参加はメリットがあるわ(笑)


七色の風船、空高く飛んで行け~!!
a0238324_11111820.jpg



ちょんちょん


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2013-10-16 12:05

それぞれの想い

a0238324_2321275.jpg


おとといあたりからけたたましい鳥の鳴き声がするようになりました。

百舌鳥(モズ)到来。

台風一過です。

どこからともなく金木犀も香ってきますが、夏と秋がゴチャマゼだ・・・

暑いけど、10月12日の㈯の関西レインボーパレードはこの分だとお天気よさそうね♪

Eと一緒に行ってきまーす!

今年はなにやら今までと違った趣向らしいです。

またそれもおもしろそうね?

一年たつのは本当に早い。

昨年のレインボーパレードは、地元のセクシュアリティに関する講演会のほうに行ったので不参加。

ただ、あまりにその講演会のお粗末さに唖然とし、

こんなんだったら関パレに行ってたほうがよっぽどよかったと、とひどく残念だった思い出が。

だから今年はぜひ行きたいと思っていた矢先、

ちょうどEから「今年の関パレど~すんの~?」とメールがきて、

「行く行く~♪」と返事した私でした。

そんな会話が当たり前のようにできる親子関係がちょっと嬉しく思えたりする。



近くにいても心の距離がある人もいる。

逆に、遠くにいても距離を感じない人もいる。



二年前に初めて歩いた関パレ。

何もかもが珍しく、楽しく、おもしろかった。

あれからいろんなことがあったけど、私もEも、前を向いて生きてきたつもり。

だから今も本音で話せる親子関係があるのだろう。


関パレは、私たち親子にとって、ある意味「節目」になってると思う。


それぞれの想いを胸に、同じ時間を共に過ごす・・・

なかなかそういう場所はないよね。


行かなければ分からない。

何があるのかもわからない。


「楽しもう!」ていう心さえあればきっと楽しくなるはずだ!

そう、私は楽しみたいのだ!

親子で楽しんでくるでね!(^^)!


ちょんちょん♪


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2013-10-10 23:06

ティモシ-へ。

きのうは誘ってくれてありがとう。

疲れてバテてない?

きょうは打ち上げの翌日で、二日酔いかもしれないから、ブログに書かせてもらうね。(あっ!?お酒飲めなかったっけ?(笑))

きのうは早めに到着し、ばっちりプログラム一番から観てました。

すぐにティモシーがどこにいるかわかったよ!(なぜでしょう?笑)

レベルをあげたわね。

じつは私、途中からティモシーが正視できなくなっていました。

あまりに一生懸命で、真剣すぎて。

今しかない!!ていう気持ちが、たぶんストレートに私にきちゃったんだと思う。

体の隅々まで神経を行き届かせて、丁寧に一つ一つの動作を演じていることが手に取るようにわかりました。

ティモシーの歌声、すごかった。きれいだった。びっくりした。

何よりも、気持ちがこもっていたよ。

なんでそんなにしてやるんだと思ったら、涙がでてきちゃった。

感動したよ。

ありがとう。

もうね、シロウトとかクロウトとか、テクニックがどうとか、キャリアがどうとか、

なにができて、なにができないとか関係なく、

よかったよ。

私が言うんだから間違いないと思いなさい。

本当にがんばってるな、と思ったら、自分が恥ずかしくなりました。

私もガンバルね。



でもね残念なことがひとつだけ。(言ってもいい?)

衣装のこと。

あの青の、金文字(?)の入ったTシャツはないぜよ(-"-)

ティモシー、忘れてないかな~?

私が「染め」と「織り」と「ミシン」ができるってことをさ?

もっと「山羊」らしくしてあげたのに!(笑)

一緒に衣装作りのお手伝いができたのに。

そしたらもっと楽しめたのに、て思ったのよ?

私を利用してほしいわ、フントに!

もっとも、ティモシーはやさしくて、よく気のつく人だから

自分のことで近くでもない友だちを使っちゃ申し訳ないって思うでしょうけど

それは本人に聞いてみなくちゃわからないことよ?

これからなにか協力できそうなことがあったら遠慮なく言ってね。

ダメなときはダメって言うからさ(^.^)



そうそう、

帰りにお茶を飲みに行った喫茶店が、このあいだティモシーと一緒に行った美術館近くだったので

また行ってきちゃった。

というのも、その喫茶店のオーナーが招待券くださったのよ。ラッキーでしょ。

「エミール・クラウスとベルギーの印象派展」という絵画展。

とてもよかった。

ゆ~っくり見てたら外がもう夕焼けでした。

てなわけで、ティモシーが誘ってくれたおかげで、丸一日、芸術の秋を堪能したわけでございます。

それにしても、暑かった!

ティモシーは熱かった!!



今度「お疲れさん会」してあげる!ごほうび!


ちょちょんがちょん!



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2013-10-07 13:56