<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

私のカミングアウト。

月曜の午前中。

新聞に目を通す。

ある歌人の記事に目が止まりました。

永田 和弘さん。

妻は、天才歌人と言われた、故「河野裕子」さん。

妻の死の直前に詠み交した相聞歌や闘病生活をつづったエッセー集を出版したかたでした。


「長男の肩にすがって大声で泣いた。黙って肩を貸してくれている息子にすがって泣きながら、甘美なもの、幸せを感じた」



その言葉に、きのうの私といっしょだわ・・・と思ったら、また泣けてきた。


いつのまにか、子どもは私を支えてくれるまでに成長してくれていました。




==============================



おととい。

まるで私が呼び寄せたようにEが帰ってきました。



話したかった。

話をしなくてはいけない、そんな切羽詰まった気持ちでした。



夫のぷにさんとEには、私の「気づき」を聞いてほしいという強い思いがありました。

家族の問題だから、まず身近な家族に。

ふたりに時間を作ってもらい、話しました。

なかなか感情をコントロールすることが難しく、特に夫にはどこまで伝わったのかはよくわからない。

でも自分としては精いっぱい話したつもりです。




だけど・・・・・

二人に話した後、それだけでは済ませられない私がいました。

肝心なことをまだ話していない・・・・・

話さなきゃいけないことがまだだ・・・・




帰り、Eの運転する車の中。

「E、私、まだ話していないことがある・・・・

パパには話せない・・・だけどEには聞いてほしいと思っているんだけど・・・

もしかしたら、ショックを受けるかもしれないよ・・・・それでも聞きたい?・・・・聞いてくれる?」 て、切り出した。


E:「うん、聞きたい・・・」




私が子どもの前で自分をさらけ出し、言葉がでないほど大泣きし、嗚咽しながら話したことは初めてのことでした。


Eは、隣で黙って静かに耳を傾けてくれていました。



それは、さまざまな私の「心の傷」のことでした。

こんなに私は深く傷ついていたのかと・・・自分で自分を再確認してしまいました。

心にフタをしてそのままにしておけばいいはずだったのに、それはダメなんだということもわかっていました。


「お墓まで持って行こうと思っていたんだけどね・・・」


そんなことを言いながら、一方ではだれかに聞いてほしいと・・・・話さずにはいられない心境になっていたこともあって・・・Eに話しました。

それはたぶん、私が自分を変えたいと願っていたからだよね?



傷付いて、劣等感だらけの、弱い、情けない私が、Eの目にはどう映っているのか・・・と思う余裕などまったくありませんでした。


自分の感情にまかせるまま、泣き、話し続けました。


母親との関係や姉妹関係でつらい思いを抱え続けてきたこと。

そのせいか、私は、すごく自己評価が低くて、劣等感ばかりでいること。

それでもがんばってきたこと。

でもまた傷ついて、自分がすべて否定されたように感じること、

自分にたいして暴力的になってしまうこと。

いまだ自信が無いこと。

そんな自分が好きになれないこと。

だから、Eが「うちの母、最高です!」てブログに書いてくれたのを見た時、すごくすごく嬉しかったこと・・・・



聞き役がEだったので、私は安心して話せたのだと思います。





========================




ひとしきり話して、少し落ち着いたところで  「泣きすぎて頭痛がするわ・・・」とか言いながら家に入ってきたところで、ふとアイデアが浮かんできました。

「Eの絵を描きたい」


!!そうだ、今度の個展でその絵を出そう!



「ねね、Eのいちばん好きな自分の写真、送ってくれないかな?」

(Eの反応を見ると、OKらしいと判断)



「そうそう、こんな絵も描いてみた~   どうかな~?」

・・・とかやってたら・・・・・けっこう元気になってきて・・・・・そしたら・・・・・・・


「母さんは、絵、描いてたらいいんちゃう?  うちは絵が描ける母さんがうらやましいよ。うちも絵が描けたらいいな、て思うけど、描けんしね・・・」



「・・・・・・・・・・そうだね・・・・・・・絵を描いてる自分が、いちばん自分らしいと思えるわ・・・・・・・・なにより楽しいし。」

「それでええんよ、母さんは。」



心がホカホカしてきました。





Eがいてくれて、私は幸せだなぁ・・・・

新聞の永田さんのことばに共感して涙したのは、こんなことがあったから。





Eだけでなく、子どもはいいにつけ悪しきにつけ、親の鏡となってくれている大切な存在です。



批判したり、裁いたりできるのは自分だけだということを忘れ、子のためと言いながら、親の権威を振りかざし、してはいけない介入を娘の人生にしてしまった愚かな私でした。しかも、「自分が傷つきたくない」という本当の理由から目をそらして・・・



気づかせてくれたさまざまなできごとに、「ありがとう」 と、今は素直に言えそうです。

今回はなにより、Eの存在が大きかった。

でもちょっぴり心が痛い。

私の話は、Eのたくましいとはいえ、ヘアカットをすると「中学生?!」と思えるくらい童顔の彼女には重すぎて聞く身もたまったものではなかったことでしょう・・・・

この際、

「ありがとう・・・これからもよろしく!!」・・・と、ちゃっかり言っておこうっと!

あ、・・・たまには私も聞き役になりますので・・・・(笑)





・・・トイプードルほしい・・・・
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2014-03-03 11:15