<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

我が家のニューフェイス。

我が家に迎え入れた、ポメラニアンのジョンくんで~す
a0238324_22254759.jpg
ことの発端は、母の一言でありました。

「本当は、わたしね、昔から犬が好きなんだわ~。ずっと犬が飼いたかったんだわ~」

今まで駄目だと言い続けてきた父も反対しなくなり、飼いたいという母。

だけどそうは言ったものの、85歳という自分の年齢を考えると、自信がない。

でもなんとなくさびしい。

犬がいればこのさびしさも紛れるだろうな・・・

・・・・といって、世話ができるだろうか?・・・・やっぱり先のこと考えると無理か・・・・

行ったり来たり。

これはもう、協力するしかないっしょ!

てんで、助っ人(わたしのこと)登場と相成りました。



・・・・・・しかし、それからが長かった~~

両親の好みの犬は柴犬。(耳がピンと立って、鼻がすっと尖ってるのがいいんだそうな)

(飛びつかれて転んだらどうすんのよ?だいたい、散歩も行けないでしょうが!ねぇ?)

わたしは室内で飼える小型の洋犬が断然いい。

この相反する条件をクリヤできるワンコはいるのか?!どーするどーする??

頭をひねったあげく、「ペットコンシェルジュ」なるものに行きあたりました。

いわばペットよろず相談。

無理を承知で相談したところ・・・・

コレを見せてくれて・・・・ひとこと。「いかがです?」
a0238324_2238521.jpg

173番・ネオ・ジャパニーズ・ドッグ。(右端の白い犬)

「これ、柴犬の白いのですか?」

「そう見えるでしょ?  うふふ・・・  実はこれ、ポメラニアン。毛を短~くカットしたの。これなら御両親も気に入っていただけると思いますが?」

よ~く見たら、トリミングのカット集だったのね?(なに?「爽やかサマールック」とか、「ライオン・カット」とか・・・・)

なんじゃこりゃ~?!

これみんなポメラニアンなのね?

このごろのカット技術はすばらしいんですね?




両親もカット技術にうまく騙されて、まんざらでもない様子。

かくしてそれから一カ月半待って、三匹の子犬と対面し、

その中の一匹、母が一目ぼれしたジョン君が我が家にやってきたというわけです。

かれこれ半年かかりました。

動物愛護センターのホームページを見たり

保護犬カフェへ行ったり

ペットショップを見て回ったり・・・・

わたしは保護犬カフェにいるワンコを引き取ることをのぞんでおりました。

・・・・・・でも両親と意見が合いませんでした。



母は、元気な子犬から育てたかったんだと思います。

自分たちより先に愛犬が逝くのも嫌なのでしょう。


いろいろ考えさせられたことでした。


ジョンくん。今、生後50日あまり。

いたずら盛り。やたらなんでも噛むのでわたしの手はジョンの歯型だらけ。

ん~~  また子育てならぬ犬育てで忙しくなるわい・・・・


ただ

犬効果とでももうしましょうか・・・

母がいつも笑っております(^-^)

父と母の間にいつもジョンがいて  会話が増えた!

天真爛漫、疑うことを知らぬジョンの、あまりにも無邪気な姿に知らず知らずみんなが笑っています。


小悪魔なのかもしれませんけどね?・・・(-"-)

ちょんちょん



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2014-05-15 22:14

私のアフォメーション(宣言)

ある朝、こんなカミキリ虫みっけたよ?
夏が近くなってきた気配がします。
a0238324_1414350.jpg




**************************



「母の日や誕生日に、贈り物とかしないでほしいの。私もあなたたちにしないから。そのかわり、家に帰ってきたときとか、たまに会ったときごちそうするね!」

ゴールデンウィーク、子どもたちを前にして私が言ったことば。

知り合いから聞いたことなのですが、「これ、いいな」、と思いました。

家を離れて暮らす子どもたちの生活の繁忙さは察するに余りあるほどです。

してもしなくてもいいことに、大切なおカネと時間をかけて頭を悩ませたくない。

私自身、ヘンな期待もしてしまいそうで、これって自分がイヤだわ。

で、アフォメーション!

お嫁ちゃん、「それ、助かります!」、て言ってくれました。

正直でよろしい(笑)



ところで私も「子の立場」でもある。

夫と私の、ふたりの母へは何かしらの贈り物はしています。

子どもたちには宣言したものの、わたしたち(夫も含めて)からの贈り物はいたします。

ふたりが喜んでくれるのが嬉しいのと、ふだんの感謝の気持ちを伝えるいい機会だと思っているから。

性格のまったくちがうそれぞれの母に何がいいかと悩みますが、それはそれで楽しんでおります。

私の母へは、ミセス用の無地のティーシャツに柄を染めて、スパンコールをちりばめたものを。

夫の母には文字入りのお菓子を。
a0238324_2337596.jpg


ふたりとも喜んでくれたようでした。



**************************



さて私自身の「母の日」は・・・

当日は、久しぶりに会えたお友だちとランチを楽しみました。

「お互い母親同士、母の日を楽しみましょう❤」

なんて。

女子会ならぬママ会。

こういう楽しみ方もありだわ~♪



今年から、「子どもの誕生日」は、「私の出産記念日」で自分を祝うことにした。

「母の日」は「母親同士が楽しむ日」にしてもいいよね?

なんのことはない、どっちも「自分が楽しむ日」にしちゃったんだけど。(笑)




そんなふうに楽しく母の日を過ごし、帰宅したらEからメール。

「ブログ更新~」

どれどれ・・・

「・・・・う・・・・・・・・・ナミダ・・・・・・」 (T_T)


心の底から生きててよかったと思える言葉を娘からもらい、しあわせいっぱい、胸おっぱい・・じゃなかった、胸一杯になりました・・・・・




母の日バンザーイ \(^o^)/

考えてみれば、母のいない人はいないのよね~

ちょんちょん

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2014-05-13 22:24