台風一過とともに。

我が家の日めくりカレンダーには毎日格言が書いてあります。

ちなみにきのうは、

「夫婦生活は長い会話である」(ニーチェ)

ん~~・・・なるほどね・・・

と、わかったようなわからないような・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


台風一過とともに、私の今年の一連の行事が一区切り。一過です。

ブログも忙しすぎてなかなか更新できず。

と言うのは・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


我が家のアイドル犬が前足を骨折し大騒動に。
このありさま。
(プ二さんのパンツが花柄だということは無視してね。うふ♡)
あられもない格好で失礼いたします・・・
a0238324_13394443.jpg


二日ほど寝ずの看病でございました。

手術するかしないか、迷いに迷った末に、手術せず家に連れ帰る方を選びました。

だって、知らないところに二週間も手術入院は、大きなストレスになるだろうと思うとかわいそうで・・・

結果、私がへとへとに。(笑)

たかが犬の骨折といえども、そこから学ぶことが多くありました。

家族の病気やけがというとき、何を最優先して選択するかということのシミュレーションだったように思えます。

パラボラ犬のジョンくん、いまではギプスの足も器用に動かし、元気いっぱい走り回っております、ハイ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この骨折騒動の何日間というもの、実はわたくし、気が気ではありませんでした。

10月3日からの染織工芸展に出す作品作りがもう切羽詰まった状態で・・・

先生にも、「今から始めて、ホントにできたら奇跡だよね?」と苦笑いされて。

真剣にもう一年待って、来年に回そうかと思いましたよ。

でも・・・でもでも・・・

私としてはそれでも出したい!!

いちかばちかで挑戦しようと決心しました。

(そんなときにジョン君の骨折騒動勃発!私の心も折れそうに。)

ぜんぜんできてもいない状態のときに、作品のテーマと作者からのコメントを書いてと言われ、

書きましたが、「へんだよな~?!これで間に合わなかったらどーすんの?」という状態。

結果、ぎりぎりせーふ!どうにかこうにか、こぎつけた~~!!!
a0238324_14383767.jpg

a0238324_14392537.jpg

a0238324_14401248.jpg

a0238324_14413875.jpg

自分でもよくがんばったと思うから、いっぱい写真だしちゃったわ(笑)
押しつけがましいかもしれないけど、見てね、見てね!

「しあわせの詩(うた)」

植物といろんな鳥をモチーフに。

明るく元気な柄にしたかった。

そして格調高く・・・コホン。


もうね、一日おきに徹夜の状態が10日間。
ふらふらになるってこういうことなんだとヘンに納得しながら、タフな体に生まれついた幸運に感謝、両親に感謝。

そして先日、行ってきました、東京に~
(あら写真がぼけぼけ・・・頭もぼけぼけ~ごめんね~)
a0238324_14561523.jpg


なぜか初対面なのに、ずうずうしくも泊めていただいたステキなお友だちに感謝。
そして忙しい毎日のなか、時間を作って見に来てくれた長女の親友、Kちゃん。

このお二人に見てもらいたいという目標があったゆえのがんばりでした。

見てくださったかたが

「これって・・・ウェディングドレスですよね?

真っ白なウェディングドレスに柄や色を載せるっていうことにとても意味を感じる。

結婚して、いろんな経験をしながら、これから自分色に自分自身を染めていくということと重なるような感じ。

とてもステキ。着てみたい。」

こんな言葉をかけていただき感激でした。

本当にできてよかった、染めてよかった。

ありがとう・・・ありがとう・・・・

しあわせです・・・・・・

何も言葉はかけずに、深夜黙々と染めている私をそっと見守ってくれていたぷにさん、出かけるとき、気持ちよく送りだしてくれた両親、応援してくれる友人、家族・・・

この人とのつながりがあればこそ・・・

好きなことを好きにやらせてもらえるしあわせに感謝を忘れてはならないと言い聞かせています。



ちょんちょん♡

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

# by jandaramommy | 2014-10-06 14:42

改めて今思う。

小さい秋、見ぃつけたっと!
a0238324_0161657.jpg

萩の花です。

九月一日、近所を歩いていたら見つけました。

風や空気、日の短さに季節の移り変わりを感じます・・・


****************


数字に追われた八月にやっとキリがつき、ほっとしています。

この子にも毎日追われっぱなしで・・・
a0238324_0215760.jpg

ビーバーではありませぬ(-"-)  うちの犬!
a0238324_0242224.jpg

まだやんちゃ盛りの生後五カ月の男の子よ?

私の手は噛み傷が絶えませんが、それでも帰宅するたび熱烈大歓迎してくれるのは

もはやこの子だけ・・・

なのでかわいくてたまりません。

噛みにケーションに耐えましょうぞ。

私のブログ更新が長引いたのはこの子のせい?(笑)

いえいえ・・・



今思うと、個展を機会に新たな道がひとつ開いたような感じです。

またセクシュアルマイノリティのことにかかわるようになりました。

娘Eのカミングアウトから早や5年という歳月が流れ、

家族友人にもオープンになり、

セクマイのことで私たちの中では大きな問題になることはなく

どちらかというと、もはやそのことはあまり意識するほどのことでもないような気さえしていました。

でもEが職場でつらい思いをしているもともとの原因は、

Eのセクシュアリティに違和感を感じた人からの心ない言葉からではないかと気づいた時、

やるせない思いとともに、何ができるだろうかとまた考え始めました。

そんなとき、絶妙のタイミングで、「ビアンの娘を持つ母親」という、

同じ立場のかたと知り合いました。

それがきっかけととなり、その後2回、LGBTの会に参加。

会そのものの存在は何年も前から知っていましたが、

「人」の力ってすごいですね!?

彼女の潔い生き方に感銘を受け、この人が関わってる会ならば一度行ってみたいと思いました。

七月に神戸へ、八月にはEと一緒に横浜へ。

時間がなかなかとれないEが一緒に行けたというキセキ!

久しぶりにEと話して、いろんなことを再確認した時間になりました。



**********************


仲間の存在は大切だと思います。

特に今回は、LGBTの子を持つ親同士の交流が多かったのでそう思うのかもしれませんが、

親も孤独に悩み、泣く時期が必ずどの親もある。

それを経てから立ち上がる。

子からのカムアウトを受けて今現在悩み、泣いている親と、

その経験をしてカムアウトを受け入れた親同士が同じ場で話すことはとても大切なこと。

孤独から救われるからです。


どんな関係であれ、親子の関係は切っても切れません。

親は(特に母親は)常に子どもの事が頭にあるのではないでしょうか。

逃げることはお互いにできないのだから、あとは向き合っていくしか前へ進む道はないのでは・・・?

でも

当事者でしかわからない苦しみは、そうでない親にはわからないことが多い。

あとは想像力で補っていく。

LGBTに限らず、いろいろな問題は「想像力」が大事と思います。


Eが話の中で、支えてくれる家族の力が自分に生きる力を与えてくれている・・・と言う言葉を聞き、とても嬉しかった。

久しぶりに見たEの生き生きとした表情・・・

やはりこの子にとって、「性」は生きて行く上でとても重要なことなのだと改めて思う。

今の私があるのは、Eのカムアウトから学んだことが大きいとつくづく思います。

カムアウトがなかったら、私はすごく傲慢な母親になっていたことでしょう。

私の人間としての成長を促したのはEのカムアウトだと胸を張って言える。

Eもまた、苦しんだだけの事はあったのではないかと思います。

いずれにしろ

これからどんな展開になっていくのか楽しみにしています。


ちょんちょん❤


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

# by jandaramommy | 2014-09-02 00:29

終わりから始まりへ

一か月にわたる個展が終わりました。
a0238324_1325045.jpg

a0238324_13143611.jpg

a0238324_2383849.jpg

期間中、ふだんなかなか会えない友人知人、親戚縁者・・・初めて会ったかたも含め、たくさんのかたに会って、お話しできたことの、なんと楽しかったこと!!

遠方では鳥取や神戸、京都、奈良、東京より来てくださいました。

しょせん個展開催したところで、来てくださる人がいなければ成り立たないもの・・・

満員御礼とまではいかなくても、そこそこ来てくれたら嬉しいなぁ・・・・と淡い期待と不安の入り混じった気持ちで迎えた個展でした。

それがまあ、思いがけずたくさんのかたにお越しいただき、本人がいちばん楽しんでいたという毎日でございました。

皆様のおかげで、幸せな一カ月間だったと、声を大にして言わせていただきます!

やってよかったです!!ありがとう!!


**********************


入口近くに、芳名録代わりにとクロッキー帳を置いていました。

そこに書かれた感想文を見るのがまた楽しみで。

ちょこっと中の感想など・・・


「作品を拝見して、衝撃を受けました。これが「絵」なんだ、写真のように正確に表しても「絵」ではないなと痛感させられました。反省・・・・。
これからもいい絵を見せてください 
ありがとうございました」


「若い人たちの表情がとても良いですね。
見て元気の出る絵です」

「バルタン星人もお願いします」

「顔の表情には苦・楽・情といろいろ表れます。いつも笑顔でいたいものです。
髪の毛一本一本にも作者の心がありますネ」

「驚きのパワー!
「母の元気は・・・」がとてもいいですね。
こんな感じでわたしの母親も描いてもらいたいなぁ。
本当は自分を描いてほしい・・・とも」

「目に魂を感じます
心があたたまります
ステキな絵を見せてもらい幸せ。」

「ますますの絵ごころに感心!」

「すばらしいです。久しぶりに圧倒されるような、力強い中に訴えかけるような絵で心を奪われました。
これからもがんばってください。楽しみにしています。」

「ほっとする絵と言葉ですね。見に来てよかったです。
カネゴンとことばが特に好きです。」

「パワーをありがとう」

「想いをこめた作品が一点一点、光が違って見えます。」

「ほっこりあったかい気持ちになりました」


最後にEの感想を・・
「母の絵は大胆かつ繊細で好きです。ステキな個展ですな。おめでとう。」

このクロッキー帳は私の宝物になりました。

a0238324_2345360.jpg


ちょんちょん
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

# by jandaramommy | 2014-07-07 13:29

個展 「源-source-」


興味のある方は、これ見て来てね(^3^)/

a0238324_19215036.jpg

a0238324_192226.jpg


会いたい方は、会場にある名刺を見て連絡ください(^v^)/



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

# by jandaramommy | 2014-06-08 19:26

わたしがわたしであるために。

個展が始まりました。

案内状にした作品の中の一枚。
a0238324_22551669.jpg

わたしの小さいころの?・・・・とか

亡くなった妹さん?・・・とか

どこかで見たような・・・とか言われます。

そのたびに、「うふふ・・そう?」

とにんまり。

見る人により それぞれちがった見方をしてくれることが嬉しい。


今までの作品とずいぶん変わったね、とも言われた。

はい、描こうとしたらこうなりました。

自分でもよくわかりません。

なんとなくこうなってしまいました(笑)。

わたしの心も変化し続けているのだから、描く絵も変わって当然なのでしょう。

むしろそうでなければいけないと思っていますが。


**********************


二年に一回くらいのペースで個展を続けていけたらいいな・・・

と、漠然と思っていましたが、

実に三年ぶり。

正直、絵を描く意欲さえ湧かなかったわたしに声をかけてくれた方がいました。

「あんたの絵が好きなんだから、どんどん描いて見せなさい!楽しみにしてるんだから!」

音信不通のわたしを心配して、かけてくれた電話での話。

涙をこらえながら、即、「やります!」と答えていた。

とはいえ、人生始まって以来の冠婚葬祭、親子間の問題がどっと押し寄せ、筆が持てない日々が続きました。

しかし、ある日を境に、猛然と筆が走りだしました。

個展4ヶ月前のこと。



************



描きたいものを描く。

という当たり前のことにようやく気がつき、本当に素直な気持ちで描かせていただきました。
タイトル 「 風 」  
a0238324_23543390.jpg

 「いつかまた」
a0238324_23565312.jpg

 「青い時」
a0238324_23575299.jpg


極めつけはこれかしら?    「プライド」
a0238324_00684.jpg


見る人が見ればわかりますよね?  だーれだ?(笑)



******************************:



個展初日のきょう、天気の悪い中来てくれるかたがいるのかしら・・・という心配はどうやら無用だったようです。

すでに「やってよかった」という満足感と幸せ気分の中にいるわたし。




絵を描くことは、わたしがわたしらしくいるための、いちばんの方法です。

そのことを再認識させてくれました。




「ありがとう  何べん言っても 言い足りぬ」

これはわたしの師匠(人生と書の) が教えてくださったことばです。

以前よりも深く心に沁み入ってきます。


胸をはって、前を向いて歩いて行かなくちゃ!!

エイエイ、オ~!!(自分へのエール、てことで。てへ


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

# by jandaramommy | 2014-06-06 00:24