RのカムアウトとRママと。


今、自分のブログ読み返したら・・・誤字の多いこと・・・(;一_一)

やっぱり寝不足はダメねぇ・・・・・寝不足のせいにしたい私・・・ちゅん・・・


読みにくくてごめんね~   

気を取り直して・・・行くよ~!!(^.^)/


==============================


RがR父に、自分のブログを教えるという形でカムアウトしたことを知り、気になっていました。

その後、R父からなんの反応もなく、眠れなくなってしまったR。

R父の、「おかあさんにRのブログを見せたらショックを受けるからまだ教えない方がよい・・・」

のこの言葉が、Rには重すぎた。

「何がショックなんだろ・・・」

「私はブログを読んでもらうのが一番わかってもらえると思ってしたのに・・・」

そう言ってるRを見ているのはつらい。

そばで見ているEもまた同じ状況に。


どうもEはRが心配のあまり、どうしていいのかわからず立ち往生状態。

RはRで、両親がカムアウトを受け入れてくれたのか、

カムアウトした自分をどう見ているのか、

何を考えているのか、知りたいのに、きけないし・・・こちらも立ち往生。

二人がふたりとも停滞して身動きが取れないようなイメージが来た。



このままの状況が続くと・・・二人とも心身ともにまいってしまう・・

いや、すでにかなりひどそうだ・・・

それだけカムアウトってエネルギーを使うことなのよね・・・


Eでなく、Rの顔がやけに浮かんでくる。

それにEが体調をくずしている様子。


その日の朝に、「やっぱりこれは行かねば!!ほっとけない!!」

行ってみないとわからないけど、行った方がいい気がする。

(私、直感人間です。)

父母に留守を頼み、夫に了解を得て、いざ出発!


========================

晩御飯作ってるとRが帰宅。

くら~い顔。

知らないふりして、「おっかえり~!」


======================

突然ですが、私、「食べ物の力」を信じております。

人は、深い悩みや悲しみの中にあるとき、食べ物がのどに通らなくなります。

話して、心が軽くなってくると、自然と食べています。

ありふれた私の料理でも、Rはおいしいと言って食べてくれるので、

よかった・・・とまず思いました。

食欲あるやんけ!よしよし!(私のこころの声)


========================



Eの家なのに、Eがいなくても全く気にならない。

ほんとに家族にご飯作って食べさせてる感覚。

しばらくしてEも帰宅。

どうも二人とも、ご飯作る気力もない状態だったのね。。

Rのカムアウト後のご家族の反応が気になって。

ほかのことが手につかない。

悪い方へ悪い方へ考えてしまう。

この状態を長引かせてはいけない・・・・

と、カムアウトを受けた経験者の私は思いました。



じゃぁ、私に何ができるかと思うと。

というより、私が望んでいたことは、Rのお母様と話したかった。

もう、カムアウトした以上、言いたいことが言える仲になったことを確認したかった。

「わたし」という人間を知ってほしかった。

で、Rにお願いしました。


==============================



Rのお母様との時間は、

ひとことでいえば、不思議な時間でした。


私は、その日午後、コンサートを聞きに京都へ行き、

帰ってきてから、ご飯を食べながらお話ししましょ、ていうことで・・・

よく考えたら、夕食作ってるだけの時間があ~りません<(`^´)>



もう、あり合わせのおかずを並べただけのテーブルでしたが、

そんなことは問題でなく、メインディッシュは「お話」ですからね。


忙しかったせいか、私は緊張感もなく、

どんなことを話したかというと、

今の私のものの考え方が、

私の人生経験のなかから培われてきたことを話しました。



========================


Rに初めて会った時の印象。

RとE、ふたりをどう見ているのか。

Rがカムアウト後、不安なまま眠れない夜を過ごしていること。




それから自分のこと。

「わたし」というありのままの人間を知っていただきたくて。

家族のこと、仕事のこと、人生経験・・・

「私は、自己評価がとても低く、自信がもてない人間です。

それがわかった上で、意識して、考え方を変えるようにしてきて、今がある。」
 
という話・・・とか。



今まで色々あった中、

「私さえがまんすれば・・・」とか、

「私なんか・・・」

という言葉を使うのはやめたこと。



「すみません」

「ごめんなさい」

という言葉も、後ろ向きな言葉に聞こえるから、

なるべく、「ありがとう」

の言葉におきかえるようよう意識していること。



子どもたちには、前の私のような人間になってほしくない。

言葉でいうより、私が自分の生き方を変えれば、子どもにも必ず伝わるはず。

それを信じて、努力しているところだと。



子どもには、自分の人生は自分が主役で生きていってほしい。

子どもに望むことは、それだけ。



そんなようなことを話した記憶。


Rと、Rのおかあさんと、いい時間が過ごせたと思っています。



===========================



Rのお母さんが、どんなことを感じて、どんなことを思ったのか・・・・


あとでいただいたメールを見て、安心しました。


Rもほっとした様子でした。

R、よく頑張ったね!!

頭なでなで、いい子いい子・・・(笑)・・


===========================



今回のメインイベントはこれだったような気がいたします、私・・・


帰るその日、自分にご褒美で、Eにおねだりして・・・・

「チャポロ」という喫茶店へ連れて行ってもらいましたの。

a0238324_18125454.jpg


ここの静かな雰囲気、好き。

満足、満足でしたわ~~(*^^)v・・・へへ~!


ではまた、次回!!



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2011-09-13 23:51 | まみーとEとRのひび