改めて思うこと。


突然ですが、


男らしさ

女らしさ

って、なんですか。


男だから男らしく  女だから女らしく

ということば、どう思いますか。

男だから泣くな・・・とかね。

=====================

お兄ちゃんなんだから

お姉ちゃんなんだから

という言葉と共通したものを私は感じる。

イメージにあてはめようとすることば。


=====================


三人の子どもを育てるとき、

私はこういう言葉を、意識的に使わないようにした。

幼い時、自分がそう言われるのがすごく嫌だったから。


=====================


Eのカムアウトを受けた時、

こういう言葉を使わない子育てをしてよかったと、心から思った。

少なくとも、親の言葉で、「性」に違和感を持つ子どもを、

必要以上に傷つけることは避けられたのだから・・・

間違っていなかった・・・

そう、思った。


======================


Eは保育園のころはスカートもはいていたし、かわいい女の子だった。

小学校に入り、3,4年生ころから、E姉のお下がりを着るよりも、兄の服や、男物の服を好むようになった。

E姉やE姉のお友達とも遊んでもらったが、兄の友だちともよく遊んだ。

半ズボンにTシャツ、野球帽がEのいつもの服装で。

好きな色は青。ピンクや、やさしい色は嫌い。はっきりした色が好き。

キティちゃんとか、ディズニーキャラのものは好きでなかった。

外で元気に遊びまわるイメージ。

運動神経抜群。


============================


中学入学のとき、どうしてもスカートがはきたくないと泣き、

スカートをはくくらいなら学校に行かないと言い張り、困った覚えがある。

結局、我慢させて学校に通ったが、そのうち慣れたのか、諦めたのか、嫌だと言わなくなった。

母親の私は安心したが、いま思うと、かわいそうなことをしたのだと思う。


このころより、孤独な影のあるEが出てきた。

活発だった小学生の時に比べ、寡黙になり、私にあまり話をしなくなった。

女の子たちによく、「E!!かっこいい!」と言われ、モテていたっけ。

自分の性になんとなく違和感を感じ始めていたと思う。

私は思春期だし・・・と捉えていました。

ボーイッシュなのもEの個性と。


=============================


もう少し、私に知識があったならば、

勉強していたら、

Eの奥の奥にある、自分でもまだ気づいていない悩みを、共有できたかもしれない。

孤独にならずにすんだかもしれない。


============================


今、Eがこの時の自分をふりかえってみたら、どんなふうに思うのか・・・

自分の「性」を見つめ、考える時間を、このとき与えられていたら、

あんなに長く苦しむことはなかったのかなぁ・・・


私もEにカミングアウトされなければ、

ボーイッシュなのはただの個性だと思い続けて、

ひとりEが苦しみ続けることになっていたのかもしれないことを思うと、

本人のカムアウト以外に発信方法がないことに危うさを感じる。

本人だけのガンバリでしかカムアウトできないことに。



============================


結論の出る問題ではないことは承知しています。

ようやく、この問題に気がついたところです。


なぜかこの問題に思い至った秋の夜長。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2011-09-15 18:01 | かんがえたこと