ようやく聞いた、FM COCOLO



きょうはぷにさんが一日いなかったので

このときとばかり、そうじや片づけものなどやりました。

出かける前は、少しでも帰った時に気持ちがいいようにしておきたい。



日が変わりましたが、きょうまた奈良へ行く。

Eの学祭展示を見に行くことと、5日土曜日、関西レインボーパレードに参加することが目的。

夜、Eからの電話では、準備が整った様子。

お疲れさま。



====================



先日、Eが置いていってくれたラジオ出演のMDを聴いた。

忙しくて、ゆっくり聴くひまもなかったものだから。

Eと、もうひとりの人の話しか聴けなかったけど、想像以上にいい番組だと思った。

Eの声、ちょっとハスキー・・・風邪引いてたよね、あのとき。



======================


自己紹介から始まり、

Eに質問が。


いつ自分の「性」に気づいたか。

家族との関係。


はきはきと話しているE。


もう一人に同じ質問。

彼は家族にカムアウトしていないし、別に取り立てて言う必要も感じていないと言っていた。

自分がラジオ出演していることを知ったら驚くだろうと、笑って話していた。



人それぞれだし。

いろんな考え方がある。



私の場合は、Eからカムアウトされなかったら、

親子関係はすごく表面的なものになっていたはずだ。


関西レインボーパレードに親子参加どころか、

RiとRiのおかあさんといっしょに歩けるなんて、絶対あり得なかった。

Eの学祭の展示はセクシャルマイノリティに的を絞ったものだし、

それに私も全面協力している。

Eの父、祖父祖母、兄弟姉妹、従姉と、従姉の彼氏までEを見守り、協力を惜しまない。

カムアウトのすごさはここにあると、私は思っている。


Riだって、両親にカムアウトしたからこそ、一緒に関パレに行ける。

もしもカムアウトしていなかったら、どうなっていたんだろうね・・・・・



カムアウトしてから、Eは家族の中で孤独でなくなり、私は一緒に楽しめることが増えて、本当に嬉しい。

私自身の人間関係も広がった。

視野も広くなったと思っている。

何より、ほんの少しかもしれないが、人間的に成長したように思っているのです。




逆に、Eがカムアウトしてくれなかったら?

すごく傲慢な母親をやっていたかも・・・


Eのカムアウトは、私にとって、もっとも必要な、大事なことを教えてくれた。


「性」で差別しないこと。

自分らしく生きること。



そして私の世界観は広がりを見せ始めた。



==================



私は今、本当に、心の底から、生きていることが楽しい。

娘であるEの生きざまを、私が見て、教えられ、私が変わったからです。

Eとの絆も深くなったと思えてる。


E(EとRiと言った方がいいかも・・・)のこれからを、私も楽しみながら眺めていけるような気がしています。



===================



また寝不足になってしまいそうな時間(>_<)。


このくらいにしてもう寝ましょ。

遠足気分で眠れないかも・・・・大人の遠足ね!!!



ちょんちょん!



行ってきま~~す(^.^)/~~~



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2011-11-03 11:40 | かんがえたこと