年賀状考。



今日になって、長女あんから届いた年賀状。

彼氏と二人の連名です。

まーまー、なんとかふたりやってるようね、ふむふむ・・・

風邪もひいて寝こんでいたようだけど、それでも書いたんだねぇ・・・

ちょこっとずつ大人になってきてますね~



==================



年賀状・・・・

いろんなのがありますよね。

手書き文字がひとっつもないもの。

手書きが大事かというと、そうでもなく、殴り書きしたような手書き文字も味気ない。


文字はないけど、絵がおもしろいなぁ~、センスいいな~、って思わせるもの。

書いてある一言にほのぼのあったかさを感じるもの。




元旦に間に合うことが大事かというと、私はそうは思わない。

むしろ今頃届く年賀状の方が近況など詳しく書いてあって、手紙という感じで嬉しい。

たぶん、時間的余裕があるせいでしょうね。


毎年、両親用と会社用と自分用と三種類の年賀状を作っていますが、

自分のものがいつも後回しとなる。

それでいつも自分の年賀状を出すのが遅れます。


学習能力がないんでしょうね、私。

切羽詰まって、

「別に元旦に届かなくってもいいじゃん!!」

ってことになってます。


要は、義務感からでなく、楽しく年賀状を書きたい。

できれば、もらう方も楽しい気分になってくれるような、ね。

もらうから出す、のではなく、

私が出したい人に出す。

毎年これを基準にしています。

返事が来ようが来まいが気にしない。


どうかすると、年賀状だけのつながりという友人もいますので、それはそれで出さなくなると、たぶんそれっきりになるのでしょうね。


今年は、老夫婦二人暮らしの親戚からの年賀状には、

「わたしどもふたり年をとり、年賀状も今年限りとさせていただきます。今までの御厚情に感謝いたします。」

というものも・・・

寂しいものを感じますが、これもまた一つの生き方でしょう。



==================



体の衰えを自覚し、今のうちにと「団捨離」を始めた友人。

それも潔いと思います。


かくいう私はというと・・・

断捨離する時間があるなら、もっと楽しいことに時間を使いたくなっちゃうなぁ・・・

人生に未練たらたらですしね。

「人間盛りは115歳。70、80は鼻たれ小僧。わしらの人生これからこれから」

この言葉、大好きで、墨彩画に書きました。


これからすると、私、まだ鼻たれ小僧までいってませんから~!!



へへ・・・ちょんちょんヽ(^o^)丿
[PR]

by jandaramommy | 2012-01-10 21:51 | にっき