カムアウト受けてからもうすぐ2年。



瓶に入れていたコーヒーがなくなったので、

買い置きしてあったモノを入れ直しました。

ん~~・・・コーヒーのいい香り。


コーヒーの入っていた空袋に顔をつッこみ、くんくんするのが私の楽しみ♫

緑茶の時も同じことやってます。
(ときどき鼻に吸い込んでむせちゃったりししますケド)


アロマよ、アロマ!!

気分爽快!(^v^)

落ち込んでいる人、元気の出ない人、コレおすすめね。





=================




人ごとだ

こどもの問題だ




と思っていることが

よく考えてみると



自分の問題だと気がつく。


娘Eのカムアウトの時のことを考えると、

まさしく私もそうだった。

自分の問題だった。



なぜ、Eが同性愛者だときいて、泣いたのか。

泣いたわけを自分に問いなおしてみると、

何のことはない、

同性愛者という言葉をマイナスイメージに捉えている自分がいた。

じゃぁ、なんでマイナスに思うのか。

今まで気がつかなかった私の中にある 


固定観念、潜在意識、偏見、優越感 プライド


そこに問題があった。



Eのおかげでそれらの存在を意識することができた。

このことに気がつかず、

このまま年を取っていく自分を想像することの方が今は恐ろしい。




それに。

まだ気がつかずにいることも もっとあるのだろう。


まだまだこれからだ。


体は衰える一方だけど

こころと感受性は枯らさずにいたい




======================




母親とは

家族とは

結婚とは

夫婦とは





EとRiの生活を垣間見ながら

色んな事を考えさせられる。


新鮮な感覚を覚えたことも事実。

「同性カップルだから」 ではなく

EとRiのふたりの生活はこうなのね

・・・・と感心したり発見したり。

これはなかなかおもしろい。

全然違う個性を持った二人なので私はけっこうおもしろがって見ています。




====================




一緒に生活するなかで、

最初は見えなかったものが見えてきて、

新たな発見やハテナ

共有する時間とそうでない時間とのバランス

葛藤や迷い



一緒にいることが息苦しくなったり

相手を思いやりすぎて空回りしたり


二人だけにしかわからない辛さも味わいながらでの生活





========================




育った環境も個性も異なった者同士が一緒に暮らす大変さもおもしろさも

男女関係なく、どのカップルにもあること。



カルチャーショックみたいなもんを生活の中で日々感じながら生きることが「結婚」なのかもしれない。

「夫婦」はお互いが一番身近な存在だと思える人同志の事かな・・・・。



一番理解しあえる存在で、

必要とする人であり続けることが理想だけど。



どちらかというと、現実的問題で夫婦でいる事を選択していたりしてね。




=======================




いずれにせよ

ふたりを取り巻く環境は

常に流動的で変化に富んでいるように見える。

内側も外側も。


キーワードは

あきらめない

かな(笑)




=======================




ところで。

もうすぐ結婚式をあげる姪っこと式場を確認に行ってきました。神社です。
結婚式で人がいっぱいでした。
姪っ子ですぅ♫
a0238324_11215458.jpg



シキザクラが咲いていました。小さくても桜は桜よ~
a0238324_10583487.jpg



ありきたりではあるけれど

幸せに・・・


自分が幸せだと思ったら 幸せ
人が決めることじゃなくて  自分が決めること



春よ~♫
ちょんちょん♫



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-01-27 10:54 | まみーとEのきせき