Yさんへ(コメントのお返事)


はじめまして。


コメントのお返事を書いていたら文字数がかなりオーバーしてしまい、入りきらず!(>_<)

仕方ないのでこちらにコメントのお返事を書くことにしました。

いいかしら~?



前から読んでくださっているのですね。

コメント書くのってけっこう勇気いりますよね。


ありがとうございます。




それから・・・大学進学、おめでとう!


受験から解放されて楽しいはずのこの時期・・・・
お母様とのことで辛そうですね。



====================



「不安で・・」という言葉がYさんの気持ちをすべて物語っているように感じます。


Yさんが私の娘だったら、今すぐ、ギュ~ッと、抱きしめてあげたい!!

あなたはとっても母親思いのやさしい人で、ひとりで頑張っていると思うから。



=======================




娘の幸せを願わない親はいないです。

だけど、親が思う娘の幸せと、本人が思う幸せが必ずしも一致するとは限らない。



私はけっこう、子どものためと思いながら、自分のモノサシをあてていたように思います。

こどもはイヤダナァと思ってても、親には立場的に弱いから、口に出せずにいたことでしょう。


今思っても、かわいそうなことをしました。あはは・・・じゃなくて・・・ゴメンチャイ



========================






Yさんは、一人ぐらしはできないですか。

してみたいと思わないですか。


お互い、距離と時間をおくと客観的に見ることができるってこともありますよ。



少なくとも、私はEがカムしてくれたとき、Eがひとり暮らしだったので、顔をあわせずにじっくり考える時間と空間があってよかった。

カムアウト後も毎日顔を合わせていたら、お互い気まずい思いをしていたかもしれません。




=========================




これから先のことを考えて不安がるより、

「今」の自分を見ること。

自信をなくして、

自己評価を低くしていませんか。

私なんか・・とか。



LGBTは頭でどうのこうの考えることではなく、むしろ「個性」だと私は捉えています。

ありのままでいい。

その人がそれで「自分らしい」と思えるなら。



仲間の存在もとても大事だと思っています。


話しても大丈夫だと思える人には、話すこと。

孤独にならないし、客観的に自分が見えてくる。



お母さんと向かい合って

感情的にならずに

自分の心を話せるときが

あきらめなければ必ず来ます。


よければ、このブログを、お母さんに見せてください。


何かの役に立てば嬉しいです。




======================




Yさん、

あなたがカムアウトしたことで、

あなたとお母さんとの関係は新しい展開を迎えています。

家族の在り方を見直す時。

これはすばらしいこと。
(素晴らしいと思えるようにしていかなくちゃね!)




このチャンスを生かして、ここから学び、さらにいい関係を築いていく。

どうするかはあなた次第。


うまくいかないと思っても、お母さんのせいや、まわりのせいではありません。

あなたが成長するチャンスです。


新たなスタートラインに立ったのだから、

前を向いて、胸を張って、堂々と生きていきましょう。



応援しています。(EもRiもね)


旗を振りながら、ちょんちょん(^.^)/~~~



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-01-30 08:36 | にっき