ちょっぴり辛くなった時、手に取ってください。





山笑う春

水滴る夏

風涼む秋

山眠る冬




こんなすてきなことばを見つけた。

鎌田 實(かまたみのる)さんの本。

本名は「よくばらない」。

心が自由になるメッセージ集・・・



今のわたしにピタッときた。


先日コメントくれたYさんが読むと元気になるかも・・・

そんなことを思ったり・・・・




====================




「ひとつ屋根の下にいるからといって

血がつながっているからといって

わかりあえると思うのは大きな誤解です

血がつながっていても別々の人間

その別々の人間が一つの家に住むからこそむずかしいのです

血がつながっているからこそ

曖昧にしないことです

違う人間が一緒に生きるからこそ

お互いの心の中の獣を暴れさせないように

相手を思いやるのです」



======================




「硬くて強いものは折れやすい

やわらかくて弱ければ

何があってもしなやかにたわんで折れません

そう思って強い自分を演じるのをやめました

泣きたいときは泣き

頑張れないときは人に助けを求めました

すると肩の力が抜けただけでなく

張り詰めた心に

相手を受け入れる隙間ができました」



=====================





「笑いがいいとわかっていても

人には笑えないときがあります

悲しいのに、辛いのに

無理して笑う必要はありません

悲しいときや辛いときは泣きましょう

泣くと副交感神経が刺激され

血液の循環がよくなります

涙を流すと、脳はリセットされ

再びやる気が出てきます

泣きながら自分の心を守っているのです。きっと」





====================





「どんな道でもいいのです

当たりくじの人生になるか、はずれくじの人生になるかは

どちらの道を選んだかではなく

選んだ後の生き方によるのではないでしょうか

外からは「当たり」「はずれ」は見えません

「はずれ」ながら「当たり」という不思議なくじもあります

考え方ひとつで、くじは全部、当たりくじになるのです」





=====================



「人間は一人では生きて生きていけません

必ず誰かとともに生きています

誰かと生きると、しがらみが生じます

しがらみとは、言葉を換えると絆でもあります

絆の中で人間は守られています

強いしがらみがあるということは

強い絆で結ばれていることでもあるのです

絆は困難なときの支えや助けになってくれます

強くつながっているからこそ

逃げることができません

しがらみの中で、自由が少しだけ不自由になります

もし、あなたがしがらみに悩んでいるなら

見方を少しだけ変えてみませんか

必ず自分の方にも原因があるものです

一方的に相手を責めず

自分自身を見直してみます

関係を修復する手掛かりが見つかります

人間関係は相対的なものです

自分にだって半分は責任があるのです」





======================




「希望なんて、はじめは見えないものです

はじめから先が見えたら

ちっともおもしろくありません

濃い霧の中に、あなたが行く道は必ずあるのです

見えない先に何を思うかが大事

でも、思うだけではただの願望です

願望を希望にするためには

動き出す必要があるのです

立ちすくまないでください

希望へ向かっていく見取り図を描いてみることです

夢は達成できた方がいいに決まっていますが

大切なのは、このプロセスなのです」



====================




本当は、自分の言葉で書くのが一番いいのでしょうが・・・・

好きな言葉を抜粋してみました。



もしもこれを読んでくれる人の心に

何かひびくものがあったら嬉しいです


言葉の力って、自分が思ってる以上にすごいものがある




======================



鎌田 實さん、

死ぬときは、

「サンキュー、グッドバイ」 と言って旅立ちたいそうです。



「ありがとう」 と 「さようなら」 か・・・・・


よくばりすぎず

がんばりすぎず

ほどほどの加減で

生きていけたら・・・・ね


ちょ~んちょん




眉間にしわ寄せて・・・シワヨセよ、私(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-02-09 23:20 | かんがえたこと