ひな祭りなので





これ。

「おこしもの」と、このへんでは言います。

「こしらえる」からきたことばかなぁ、と思います。
ひとりで50個こしらえました。
a0238324_22144218.jpg


ちょっとアップにした写真。
きれいでしょ(^-^)
a0238324_22141052.jpg



「おこしもの」ってね

この地域で作られる雛菓子です。

米粉を熱湯で練って、

いろんな木型に、練った米粉を押しつけ、型から外し、それを蒸して作ります。

お餅のようなものなので、食べるときは焼いてきなこやお醤油をつけていただきます。

昔から我が家にある木型はおそらく100年以上はたっているはず。

まだ現役。


子どもたちが小さい頃は、一緒にわいわい言いながら粉だらけになって作ったものです。

楽しかったなぁ・・・

きょうはひとりで作ったケド。


お雛様とお仏壇にお供えして

両親にもあげて

ご近所さんにも一軒、お福分け。


今日のメイン行事はこれでしたヽ(^o^)丿

ひとり遊びもなかなか楽しいものよ♫




=======================




ところで。

たまたまつけたテレビにコロッケさんが映ってた

自伝的番組。


コロッケさんが、右耳がまったく聞こえないことも

おかあさんとお姉さんと3人の

とても貧しい家庭で育ったことも

全く知らなかった。



コロッケさんの家、

物心つく前から家の中に「あおいくま」の標語が貼ってあったのだそうです。



・・・あせるな

・・・おこるな

・・・いばるな

・・・くさるな

・・・まけるな


頭文字を並べると、

「あおいくま」


つらいとき、悲しい時、苦しい時、困った時

この言葉のどれかが必ずあてはまり、呪文のように唱えていたという。



わかりやすくていいことばだなあと

そう思ってテレビ見ていました。



コロッケ家の最大特徴は


笑い。


常に笑いが絶えなかったそうな。


コロッケのお母さんは、笑いとユーモアで、貧しさを子どもたちに感じさせなかったというからすごいよね


私もその素質はチョビッとあると思うんだけど・・・

まだまだ修行とスケールが足らんのだわ(-"-)




========================




あおいくま。



あぁ

老いさらばえて

いいかげん

くやしがっても

まーいっか・・・



ゆうこ流「あおいくま」。

笑い飛ばして今日も行く~~


ちょんちょんヽ(^o^)丿



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-03-03 09:31 | にっき