大事なこと

月に一度届く、ペンフレンドからのはがきよ。
花を見る目、自然を見る目が優しさにあふれています・・・
今月もありがとね、ふくちゃん(^u^)
a0238324_2325512.jpg



天気が不安定で雨や雷が・・・
でも雨に濡れたみどりは元気をくれるわ
わが家の庭よ
83歳の母が毎日這うようにして草取りをするので地面がきれいでしょ?
感謝してるわ、おかあさん!
a0238324_23293588.jpg




=====================



このあいだEと電話での話で。


ボーイッシュなEに向かって

ギャングエイジのこどもが

「おとこ~!」

「おとこおんな~!」

と名前で呼ばず、わざとこういう呼びかたをするんだそうな。


ボーイッシュな娘を持つ母としては

悲しいです・・・。

侮蔑感を感じるし。



一方で、

「悲しい」だけですましてはいけない、と思う。

ちゃんと見なきゃ・・・と。



その子たちの親の、セクマイの人たちに対する見方を反映して、

子どもたちがそういう言い方を選んでいるとしたら、

そこに問題があるよね?



教育の大切さをそこで感じるんだわ。




私の娘ながら感心するのは、

そういう言われ方をしても、Eがブレないこと。

軸がしっかりしているというか・・・

感情的にならずに冷静に受け止めているように思う



とはいえ・・・よ(-"-)

9、10歳で早くもそういう見方をする子ども。

偏見の目が育っていると感じているのですが、

教育でそこをなんとかできないか、と思う。




大事なことよ。



「木の芽がのびるのはやわらかいから」(みつを)



柔らかいうちになんとかしたい



でもね・・・

ちゃんと教えられる先生っていったいどれだけいるんでしょうね?

教師から教育しないといけないんじゃなかろうか・・・



こういうことって、人間の尊厳にかかわることだと思うから

ある意味、主要五科目っていうやつよりも、もっとずっと大切にされるべきことだと思います。





今すぐ何か出来ることがあるかと言われれば、正直私にはわからない。

声高に叫ぶことや主張したりすることよりも、自分に合ったやり方があるはず、と思う。




=====================




Eとの会話から生まれた疑問と問題意識です。


これ。
向かって右がゴボウで、左が山芋よ。
つまりド太いのよ!
オトコオンナだとか言うやつは
バット代わりにこれで殴っちまえ!!・・・
・・・て話じゃなく、てですね・・・(ワタクシは平和主義なのよん)
このたくましさが必要!!ってことが言いたかったの!
a0238324_0351974.jpg

わかりやすいでしょ?ね?
ちなみにこのゴボウは有機野菜の健康優良児よ~

神経もド太くなりたいじゃんだらまみぃでした~(意外とか弱いのよ、私・・・信じないだろうけどさ・・) 


ちょんちょん!(^^)!


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-05-09 23:30