人気ブログランキング |

いつまでたっても親子というものは・・・

直前まで迷っていた東京行き。


迷った末に行くことにした。


ベースにあったのは、やはり「後悔のないように生きたい」という思い。


そして直感。


何が起こるかわからなかったけど、今回、行こうと決心!



================




直前、Eと電話で、

E姉は私が来るというので身構えているようだときかされ、


「なんで~?!」



なおかつ

Eが盾になって、E姉を私からの攻撃から守っているような気配すら感じた。





ときどきこうなる。


「対母親」となると、姉妹の結束が、ガシッ、とね。




おいおい、わたし、戦闘モードになってませんけど?


無意識のうちに子どもは怪獣マザゴンにコントロールされしようとしているのを感じとるのでしょうか・・・





あ~あ・・・・

私ってそんなにこわい存在?


あした行くというこの時になって、混乱と悲しみとやるせなさが襲ってきた。





================





頼まれもしないのに「行く」と言ったこと自体が間違いなのか・・・・


「待つ」べきなのか・・・・




でも


E姉が何と感じようと、行かないといけない気がしていたのは事実。


どんどん気持ちがすれ違っていくような。


ちゃんとこちらの気持ちを伝えなきゃ、ってそんな気持ちがあった。





Eに言わせると、

私が「話を聞きたい」と言っただけで、E姉は「話さなければならない」と思い込むらしい。


E姉の、母親である私にたいするトラウマ?




そんなこんなが渦巻いて、そんなにE姉が負担に感じているのなら、いっそやめようかと真剣に考え込んだ。




結局、

こういうことがわかったのなら なおさら行かなきゃ、と



迷うより、行くべき、と結論づけて行きました。





===============




帰って来た今、

行ってよかったと心からそう思います。



深い意味がありました。



ちょっとE姉との距離が縮まったような気がするのは気のせい?




実の親子だけにややこしいわ。





===============




帰ってきたら頭が痛い(-"-)


人酔い。


酸素不足の金魚のようです。


地元のローカル駅に降りた途端、超安心したもんね!





================





そして酸素吸入のつもりで夜のひとりウォーキング。


ぷにさん、寝てたし。


そしたら・・・・


まっ暗闇のなかに中学生らしき少年たちが道端にたむろしている。


無言で通り過ぎ、しばらく行くとまた別のグループがしゃがみこんでいる。




こんなの初めて。


「夜の世界のこどもたち」って都会だけだとなんとなく思っていたけど

こんな身近にいたのね




帰り道、やっぱりまだいる・・・・


この子たちの親は心配してないのかな


居場所がない子たちなのか・・・




女の子と男の子といて

会話がきこえてくる


ナンパ中。


気になるけど通り過ぎて行くと


はじめに会ったグループがまだ同じ場所にいた。


中学生らしき少年グル-プ。

煙草吸っている子も。



なぜかそのとき私


「こんばんわ~!」

って出ちゃったの。


そしたら

少年たちが、「こんばんわ~!」って

返してくれた。


なぜだか嬉しかった。



EやRiだったら、こんなときどうするのかな、ってちょっと思った。




あの少年たちに、また会えるかな・・・・



今度会ったら、ちょっと話したい。




===============




いろいろあった日曜日。


どうやら私、自己嫌悪のループにははまらずに済んだようです。


それが救い。




===============




ふろくだよ~

タイ料理のお店でランチ
すごいボリューム&スパイシィなお味
a0238324_053434.jpg


ランチに向かう途中の高島屋デパートは外装を工事中で
かぶせたシートもおしゃれにペイントされてたよ♫
a0238324_05939.jpg




ちょんちょん



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

by jandaramommy | 2012-07-08 21:50