「行きます」宣言したものの。

関西レインボーパレード

今週の土曜日です!!



実は私........

「行きます」宣言を高らかにしていたのにも関わらず、

今年はそちらに行かず、地元の公開講座に参加することに決めました。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



公開講座テーマ:
「多様なセクシュアリティを尊重するために---気づくうれしさ、学ぶ楽しさ--」

講師は、教育大学やその他の大学でジェンダー・セクシュアリティ論を教えているかただそうです。

私の住む地域で、関パレと同じ日、同じ時刻に催されます。


これに行きたい!





セクシュアリティがテーマの公開講座って、私の知る限り、今までなかったように思います。

「男女共同参画事業」の取り組みのひとつらしいです。市の主催です。




これを知ったとき、やっぱり関パレがあるから行けないわ~...残念だけど.....

そんな心境だったのですが、

日が経つにつれ、どんどん興味がわいてきて、行きたい気持ちが募ってまいりました。




Eにも聞いてみた。

E:「うちはボランティアするから、当日かあさんと一緒に歩けるわけじゃないし、

かあさんが行きたいほうに行けばいいんじゃない?そっちも大事だと思うよ」


そんな言葉が返ってきました。


何日か考えたあげく、決めました。




******************







私の住む地域でLGBTの会やその家族の会は見当たらない。

いるはずなのに見えないのです。



今回の公開講座が、何かのきっかけになるのでは。(その「何か」ってよくわからないけど)


誰かとつながるかもしれない。


そんな期待感。



めったにない、こういう企画がされるということは、それをやろうとする人がまずいらっしゃるわけで。


その理由を知りたいんです、私。


だから企画した人に会いたい、聞きたい!


このチャンスを逃したらイカン!!


それがこちらを選んだ理由ね。



++++++++++++++++++++





Eのカミングアウト以来、漠然と、自分の住む町にもLGBTの会やその家族の会があるといいのになぁ・・・と思うようになりました。


仲間ができればいいなぁと。



あと、

私はビアンの娘を持つ母親だから、セクシュアリティで悩んでいる人の話を聞くことはできるかもしれない。


今までの経験から、安心して話せる場所と人の存在は大切だと思っています。



カムアウトを受けてから二年半あまり。


Eのサポートはしてきたけど、もうそれも必要ないくらいEはしっかりと歩いています。

Eは、これから当事者として、Eの場所で、Eでしかやれないことをやっていくことでしょう。




私は私で、Eとは別の場所で、何かできるのでは・・と思っています。

まだよくわからないのですが。




*******************





物事なんでもそうですが、先ず、行動しなければ始まらない!

行ってみなけりゃわからない!


・・・・・・・・・・・・てことで。


またその報告をブログに書いてみようと思います。

乞うご期待よ~  


(関パレでジャンダラマミーに会えなくて残念がって下さる方がいらっしゃったら、ごめんなさい。お詫び申し上げます。)



ちょんちょん










にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-11-06 13:20