突発性行きたがり屋症候群発症の日。


晴れた!!

関西レインボーパレードの日だ~!!






*****************





ふだん出不精のクセして

なぜかあるきっかけで、突然行動的になります。

きのうがまさにそれで。

久しぶりでごわした。




++++++++++++++++




家で新聞読んでたんです。

しかもおとといの。(なにそれ?)



展覧会案内をなんとなく見てたら

目にとまったある記事。

しょうぶ学園「Nui Projectシャツ」展。



えっ!!

最終日がきょうじゃない!!



数分後に車を走らせていました。

大都会での運転、超苦手な私なのにね(-_-;)



いったい、なにが私を突き動かすのかわけわからない~(笑)



でも私の直感は正しかったのよ!!




*****************




そこは初めて行く街なかのおしゃれなギャラリーでした。



鹿児島市の知的障害施設しょうぶ学園のNui Project(ぬいプロジェクト)のメンバーが制作した作品展。



既成服のシャツに絵のように刺しゅうしたもの。

刺しゅうで描いた絵。



刺しゅうという言葉でくくりたくないほど個性的で自由な表現が見られました。




私の好きな「さおり織り」は織り物ですが、

刺しゅうという手法こそ違え、自由で楽しい表現は共通です。




(以下新聞記事より抜粋)

刺しゅうはかれらの「営みそのもの」という。

作品には気負いがない。

ひたすら自分と向き合い、淡々と針を動かす姿が垣間見える。

縫い込まれた模様は花や動物、幾何学的な模様とさまざまだ。

好きなものを好きなように。

目に見える形はシャツだが、手芸品とは醸す雰囲気が違う。



どこからどこまでがアートか。

そんなことを思わせる。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::




ねむの木学園の絵画展でも同じような感動を味わったっけ。


そこにいると居心地がいい。


おだやかな気持ちでいられる。


それはたぶん


作品に欲がなく


純粋だからだろう。


最近、「純粋」という言葉、聞かなくなりましたね?
今気がついたんですが。






ギャラリーの片隅で、工房の刺しゅう風景のDVDを上映していました。


18人の人たちが順番に映し出されてくるなかで

見ているだけで涙が出てくる人がいました。



なんというか

そのかたの雰囲気が柔らかくてきれいで泣けてきた。


ひたむきでおだやかでとてもやさしい。



やっぱり作品に「人」って表現されるのね・・・・・・・・・


改めて思いました。



====================




出かける前

私、鬼まんじゅう(さつまいもの蒸し菓子)作ってたのよね~

a0238324_1051421.jpg


実は蒸しあがるのを待ちながら新聞読んでたのさ。



鬼まんじゅうも私のゲイジュツ作品といえるくらいおいしく出来たわ(*^^)v


へへへ・・・・





ちょんちょん♫

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-11-10 10:58