とってもよくわかるきもち。

仕事お休みで、珍しくゆっくり新聞読んでました。

小さな記事が目に留まりました。

読者からの投稿です。

a0238324_19263194.jpg


十七回忌になっても親は子を思って泣くのね・・・

妹を思い出して私も泣きました。

「…妻はこう言って、いつものように墓石を抱いた。」

ここのところ、特に。

よくわかるなぁ・・・・この気持ち。


私も今度お墓参りに行ったら、「さっちゃ~ん♡!!」と言って墓石を抱っこしよっと!

うちの墓石でっかいけど。

抱けるかな~・・・駄目だったら頬ずりしてきます!

おねぇちゃん、ヤメテ~!!!気持ちわるい~~‼おえ~~っ

・・・て声が聞こえてきそうですが、容赦しませんからね(笑)




================





・・・かと思うと

セーラー服姿のアイドルがにこやかに笑っている写真のすぐ下に

「中1女子が自殺か」の見出し。

もう少し配慮したら・・・と、思う。

残酷すぎないですか?




あれやこれや思う師走。




================



せめてほっこりしてもらえたら・・・
この鹿は奈良で買った鹿みくじよ。トナカイの代わりに(笑)。
a0238324_19383885.jpg

みなさん、楽しいクリスマスシーズンを過ごしています?



ほっこりといえば・・・・

とってもほっこりする本を紹介させて。

a0238324_19501721.jpg


認知症の母とその息子の勇一さんと家族の物語。

たまたまテレビで、著者の岡野勇一さんが出ていて、私のアンテナに引っかかっておりました。

テレビの影響ってすごいのね・・・・

とっても人気で、手に入りにくくなっているのを姪っ子がゲットしてくれました。

笑ったり、ほろっとしたりしながら一気に読みました。



これまたよっくわかるような気がするんです、わたし。


近所にグループホームあるし、

デイサービスやってるところともかかわっているし。

デイサービスの利用者さんたちとは顔なじみ。

人生勉強をさせてもらっています。

いずれ私もゆく道ですがね。



===============



テレビといえば

二日続けて、ハートネットTVで同性愛者の結婚について放送されていましたね。見ました?


中村崇士さんというかたが、オランダにわたり、ミヒルさんと結婚式をあげるまでをきのう。


今日は、そのビデオを見たゲイカップル(ブル・ボンヌさんとパートナーのタカシさん)と、ビアンカップル(大江さんと小川さん)が、日本の同性婚について語っていました。


オランダって、世界で初めて同性婚が認められた国なんですね。

ゲイマップやゲイのための新聞があることも驚きでした。


印象深かったのは、オランダの新聞に、崇士さんとミヒルさんの結婚が報じられた記事に、

「日本ではゲイカップルの結婚が記事になることが驚きだ。こちらでは35歳の年の差のほうが話題になる」

と書かれていたこと。

また、「オランダは、同性婚が認められている国」ではなく、

「すべての人にひらかれた結婚の制度がある国なんだ」と、国会議員のヘンク・クロールさんが言っていたこと。

なるほどね・・・・


結婚することにより保障されるものはなにか、とか・・・

同性婚が認められないことによりどんな問題が起きてくるのか、とか・・・


「一番の問題は老後のことです」、と言っていた。


法的に守られることって大事なのね。

年金と社会保険、税金、相続の問題。


同性カップルを守るための制度(同性パートナー法)のことにも触れ、フランスのパックス法が紹介された。


知らないことばかり。


こういった制度がない日本で、じゃあ何が大事か、と問われ、

ビアンカップルの小川さんは、「家族、親戚、近所の人たちを味方に!!」と答えていた。


そういえば番組冒頭で

「日本では、自分のパートナーを家族にさえ紹介できずに苦しんでいる人がいます」

という言葉が出ていたわね。




「人間は、人とつながっていないと生きていけないもの」ということばを思い出します。




厳しい冷え込みの中ですが、せめて心だけはあたたくありたいものですね・・・・・・



================



街は選挙一色・・・・

たかが一票、されど一票。

何を基準に投票したらいいのか・・・

残念ながらセクシュアルマイノリティのことに言及する候補者や政党は私の知る限りありません。



ちょんちょん


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2012-12-11 19:42