ありがとう・・・だね。

田んぼのあぜ道を歩いてみたら、タンポポが・・・
寒いせいか、首をすぼめて、地面に這いつくばるように咲いていました。
a0238324_20535695.jpg

菜の花畑に誘われてちょっとお散歩のひととき♪
a0238324_2055982.jpg

草の上を歩く感触が、子どものころを思い出させてくれました。


********************

さーからのメール

「またあそびにいくよ
たのしかったー」




「さー」は甥っこです。

7年前に亡くなった妹の息子です。

私はこの甥っ子の、つかみどころのないところや

優しさや

繊細すぎるところ・・・

時として放つ、氷のような絶望感や

暗い目の光・・・

「愛おしい」と言う言葉で表現するにはちょっと無理があるようですが

たぶんこれが一番彼に対する私の感情に近い言葉です。



彼とはごくたまに、

連絡がきたり、私がしたりする間柄。

「なんとなく気になって電話したよ」

と、言うと

「あーそうなん?」  て感じで自然体で話せる。


そう。彼はいつも自然体なのかもしれない。

裏も表もなく

嘘を言わず相手を傷つけることも言わず

余分なことを言わず・・・もちろんお世辞も言わない。



必要以上に自ら人に近づくこともなければ

遠ざけることもしない。

だから彼には敵はいない。

いまどき珍しい純粋さを持っている気がする。

だけどそういう彼だからこそ、この社会は生きにくいのだろうと思う。



そんなさーがうちにやってきて、父とビールを酌み交わし、

母の作ったナポリタンをウマイウマイとほおばって、

おかわりして

みんなといっぱい笑って帰って行った。



帰ったあと、彼がくれたメールに私が返したのは

「わたしも楽しかったよ、また来てね」。



さー・・・

さーのおかげで、実は私も久しぶりにたくさん笑った日でした。

大きな声でいっぱい笑うということを忘れそうになっていました。

みんなで食べるから おいしい。

みんなとおしゃべりするから 楽しい。

たわいもないことで笑って、みんなでわいわい。

そんな感覚は久しぶりのことだったと気がつきました。

妹が教えてくれたのかもしれない。

おねえちゃん、もっと笑って、楽しくね、て。


甥っ子に教えられた一日でした。

ささやかなことにも 感謝 感激 感動 を。


あしたからもがんばれそうな気がします。

人はやっぱり一人じゃ生きられんわ!



ちょんちょん。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2014-01-15 20:50