人気ブログランキング |

親の出る幕。

土日もなく日々仕事の夫ぷにさんに、きょうは「味噌おでん」を作ってあげよう!とはりきって包丁をにぎったところ

Eからひさびさのメール。

「ねんざした」

あらら・・・(やっぱり心が騒ぎます。)

しばし包丁を持つ手が止まります。



Eは大けがしても淡々としているので、言葉だけ聞いていると大したことないような気にさせる。

前回のじん帯断裂もそうでした。(実際は手術入院というハメに)

騒ぎ立てるのもみっともないけど、クール過ぎるのも困るのよね?

同じ足だ~・・・と思いつつ、とりあえず病院へ行ったようなので連絡を待っておりました。

実のところ、だいぶひどそうだと判断しております。


こんなときほど、住んでるところが遠くなければ・・・同居していれば・・・とつい思ってしまう。

目で確認できない、けがの程度もわからない。

手助けしてやりたくてもすぐに行けない。

歩けるのか?

痛みはどの程度なのか?

生活に支障はないのか?

頭の中がぐるぐる・・・・

かつての私だったら、取るものもとりあえず、まずEのところに行っているところです。(「来てほしい」と言われなくてもね。)

でも、Eはもう社会人。

心配ではあるけれど、Eの言葉を信じて先ずは静観です。



自分に言い聞かせています。

命にかかわることではない。大丈夫だと。

むしろ連絡してくれたことを嬉しく思っています。

すぐに血相変えて駆けつけてくるような母親には連絡さえもよこしてこないでしょう。

心配かけたくないという思いからわざと黙っていることだってある。


信頼してくれているからメールをくれたのだと思うと、その信頼を裏切るようなことをしてはいけないと思う。


けがをしたその意味をEも考えている様子。

また足止めされた(笑)。

何を?

何でしょう・・・

むしろ命にかかわるようなことではないケガを負わせることで何かから守ってもらえたのかもしれない・・・

目に見えない何かを守ったのかもしれない。

何かを気づかせようとしているのかも・・・しれない。


そんな捉え方もできる。

ネガティブに考えることはやめよう。



気を取り直してお料理、お料理。(せっせせっせ!)

(そして30分後・・・・)できた!手作り赤みそを使った特製「味噌おでん」!!

Eに食べさせてあげたいなぁ~・・・
a0238324_23262633.jpg

ぷにさん、どんぶり2杯たいらげましたよ(笑)

痛いの痛いの飛んでけ~!!

ちょんちょん

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

by jandaramommy | 2014-01-18 23:39