偶然というには・・・

私にしてはめずらしく

がん治療の最先端の「陽子線治療」のお話を聞きにでかけました。

テレビ番組で見ていたのもあって、興味を持ちました。

どこかで 自分がガンになった時の予備知識を得ようと思ったのかもしれません。



そしてその夜。

久しぶりの友人からメール。

ガン再発の知らせでした。

抗がん剤治療を受ける事にしたとのこと。

病院での定期検査でわかったということらしい。

「想定内のことだったから、大丈夫。」

・・・という。




いったい、何度目の再発?

何度めの治療?

そのたびに病気と向き合う彼女に

すさまじいまでの生きることへの執念を感じてきた。



わかっていた・・・

根本にあるのは、「子どもへの思い」だ。



彼女の魂は

どんどん澄んでくる。

どんどん強くなる。

どんどんきれいになる。

誰かのために生きることのすばらしさを

私は彼女から学んだと思う。



でも・・・

でも・・・・

今回の、このタイミングでの再発の知らせ・・・は・・・

・・・・神様、残酷すぎやしませんか・・・・



新しい命の誕生を見て喜んでいただけに

友人からのメールに強い衝撃を受けてしまいました。

「これでよし」ということは生きている限りないのだと、改めて思います。



いいことも悪いこともなく

ありのままを受け入れていける自分でありたいと思います。



私は友人が、「風と共に去りぬ」のスカーレットの友人、メラニーとよく似ていると、つくづく思う。

本当の強さとは?

本当の優しさとは?

「優しいことは強いのよ」

と、ねむのき学園の宮城まりこさんが言っていたのを思い出す。


そう、本当の優しさは、強さの中にある。


必ず元気に。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
[PR]

by jandaramommy | 2014-10-22 23:54