人気ブログランキング |

2011年 10月 12日 ( 2 )

東京での二日間。

9,10日と行ってきましたー!


目的は、武蔵野市民文化会館で行われた「色の泉展」を見に行くこと。

私の手織り作品、タペストリーを出品してましたので。


そしてもうひとつのミッションはというと・・・・

E姉の様子を見に。

ちなみに写真は興味しんしんで撮ったハトバスよん。

こんどはこれに乗りたい私!

a0238324_2222548.jpg



======================



その日。新幹線ダイヤが乱れており、東京駅での待ち合わせ時間に間に合うのか心配しながら乗ったのですが、遅れることもなく東京到着~

ところが。。。

遅れてきたのがおりましたの。(-"-)

肝心のE姉が・・・

駅のホームでの、親子抱き合っての感動の再会シーンは・・・・・しーん・・・・ですた・・・




その後、無事E姉と(正確には、E姉とその彼氏ウトくん)会え、E姉の仕事場へ就職以来初めて訪問。

日本橋高島屋デパートの某売り場。


私、日本橋高島屋って大学以来行ったことなかったの。

この建物、文化財指定されてるのよね。

見てびっくらこ、入ってびっくらこ!!

格式高い、素敵なデザイン・・・。

テラコッタや、天井、階段の手すり、入口のデザインなどなど・・・

雰囲気に圧倒され、どこ見ても感動、おのぼりさん丸出しで、

「はぁ~~!!」「ほぉ~~~!!」「すご~~い!!」

・・・てな調子で。360度首回転。


あれ?
いつのまにかE姉がいない・・・どうやら恥ずかしくて後ろにずずーっと下がりっぱなしだったらしい。

・・・かまわず感動状態は続く・・・(@_@;)


ようやく仕事場のデパ地下へ。


職場のかたにようやくご挨拶できました。


それにしても。

古い建物ゆえの不自由さ不便さはわかる気がする・・・

なんたって、売り場スペースの狭いこと!

この中で、常に人の視線を浴びながら、お客様にも職場の人にも気を使って毎日働いているんだねぇ・・・


仕事場を見て初めて、その実感が伝わってきた。

母は見た!!(これ、「家政婦は見た!」のマネ)




=======================




その後、ふたりに荷物を持たせて、一度行きたかった「相田みつお美術館」へレッツらゴー!!

a0238324_7301876.jpg

(ふふふ・・・隠し撮り・・・E姉と彼氏さん)


またまたびっくらこ。

小じんまりした和風の静かなたたずまいを想像してたの、私。

ぜんぜんちがーう!!

東京国際フォーラム地下1階・・・てどこよ?て感じで。

広すぎてわけわからんし。(@_@)

すでに入口で、写真取りまくりで歩行ストップ。

やっと入って・・・そこでまた写真。

相田みつをはどこにいる・・・・

(言い訳しますけど、ぷにさんに見せてあげたかったの、写真。建築設計士なので、建物をあっちこっち見に行きたいのだけども、仕事が忙しくてなかなか・・・ね?・・やさしいな~、ワタシ!(^-^))


ハイ、見つけたヨ。

a0238324_22243591.jpg


入ると、「和」の感じで、雰囲気のある空間になっていました。美術館のかたも親切で、まずロッカールームを教えてくれ
て。荷物を持たずにゆっくりと見て回ることができました。

相田みつをはあまりに有名ですが、いったい本物の作品はどのくらいの大きさがあるのか・・

作品に囲まれた世界はどんな雰囲気なのか・・・

ともかく一度、実物を感じてみたかった。



「開館15周年記念特別企画 めぐりあい」・・・やってました。



相田みつをの空間に浸ることができ、満足でした。

作品ひとつひとつに独特の時間と空間がある。

意外に作品は大きくないということもわかりました。

私、ノートに好きな言葉を書きまくり。

E姉たちを置き去りにして。

美術館は基本、入ったら自分の好きなように見たい。



=====================



そしてようやく「色の泉展」を見に武蔵野市民文化会館へ移動。

途中、E姉のなかよしさん、Sちゃんも合流。

Sちゃんは先日知ったばかりですが、このブログみてくれているそうで。

なんかそれだけで親近感倍増なんですけど。

彼女、とってもおしゃれ~~

だいたい、待ち合わせ場所で、「素敵な人がいるわ!」て見たのが彼女でしたもん。

彼女のファッションセンスに脱帽。

とってもステキでした。

見てください、このセンス!!

a0238324_22261117.jpg


a0238324_2232342.jpg


a0238324_22332755.jpg

(この時計に注目してね~!・・・どこかのファッションチェックみたいになってきたわ・・・)

==========================



ようやく会場に着きまして。

私の友禅染のせんせいでもあり、親友でもあるM先生と、その夫、画家のバン先生にも会えました。


M先生は、ほんと、女優と間違えられるほどの美人で才能豊かな才色兼備の人よ。

私はいつも引き立て役よ・・・別にいいんだけどね・・・

相田みつおの言葉にあったわ、こんなのが。

「トマトはトマトのままでいいんだよなぁ・・・トマトがメロンにはなれねんだよなぁ」・・・てのが。

私はトマトでございます。


会場はこんな感じです。

a0238324_22374898.jpg


迫力ある作品ばかりで、こんな中に出品させてもらえて光栄に思えました。

それに・・・私の作品・・・負けてなかった気がする・・・(#^.^#)・・・えへへ・・・

a0238324_7311937.jpg



みんなと一緒に、はい、パチリ!

バックの作品はM先生の。ロングドレス姿が彼女です。隣が私。

a0238324_15251148.jpg


a0238324_225049.jpg

あはは~!!私とE姉と彼氏のうとくん、Sちゃんの集合写真~♫遊んでます~♫



暗くなるまで会場で楽しんで

四人でゆっくりごはん食べり~の~・・・

しゃべり~の~・・・・

笑い~の~・・・・

で、E姉のアパートへ到着。

盛りだくさんのフル回転の一日ですた。(さすがにチカレタわ)

E姉はあす仕事なのです。



=======================



a0238324_22463416.jpg


二日目朝。

E姉のアパートから見た景色。柿の実がたわわに実っていました。


何年ぶりなんだろ。

腕枕してE姉と寝たのって。

可愛かったな~~E姉。(*´∀`*)


起こさないように起きて、朝ごはんのしたく。

へへ・・前日からだしは準備。(味噌は私の手作り味噌を持参してきた。)

ありあわせの野菜で味噌汁をつくり、近くのローソン100へいざ!

お弁当を作りたくなったのでね。材料を買いに。

E姉は元気にお弁当を抱えて出勤していきました。


さて、それから。

家政婦ゆうこにとって、大変やりがいのあるお仕事が待っておりました。

掃除洗濯、台所。

その日6時半まで夕食の準備まで出来たところできりよく帰ってきました。

置き手紙書いて。

どか~んと迫力のご飯です。

a0238324_22153358.jpg




===========================



あとで気がついた。

この日、帰宅し、ぷにさんとしゃべったのがその日声を出した第1号。夜10時。

誰とも一言もしゃべらなかった・・・

(?・・E姉を朝送り出してからね・・)

東京ってこういうとこなんだね。

ちょっと寂しくない?

東京での生活の現実を感じた一瞬でした。




===================



楽しかった。満足でした。

ありがとう、E姉、うとさん。

Sちゃん、またきっと会えると確信してるよ。

ちょんちょん!!(^.^)




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

by jandaramommy | 2011-10-12 22:01 | にっき

二人を見守る立場から。


「ジャンダラマミー東京へ!!」


・・・と題して、珍道中の様子を書くつもりでいたのですが、

おとといい夜、帰宅したら、A1サイズのポスター8枚、どかんと机の上においてあ~るではありませんか。


夫、プニさんが、やや得意げな顔して、

「Eに頼まれたヤツだ。プリンタ設定するのにだいぶ時間がかかったゾ。
プリントしてみたらインクでベタベタになるし・・・結構手間がかかるんだ・・・どうだ?」

とのたまう。

(ぷにさん、これで精一杯のアピールでございます。なにせシャイでしゃべるの苦手。ハイハイ、私のいない間、Eのためにすごく頑張ってたのね~)


このポスター、Eが11月の大学祭でやる「マガジン展」に使うもの。


東京にいるとき、Eから連絡がきて、印刷したポスターを見て、感想や訂正など聞かせてほしいと言われてた。



・・・・・・・・翌日、ゆっくりと拝見・・・・



迫力あるし、いいんじゃない?!

Eの一生懸命さや、こだわりや、真剣さが伝わってきた・・・・

Rから見たEが書いてあるポスターも一枚。

書きにくいところを頑張って書いたね・・・



=========================



ひらめいた!!

ジャンダラマミーは、思いました!



私から見た二人のことを書いたらどうかな?・・・て。

もうこれがEにとって、大学生現役最後の学祭だし。

視点を変えた立場から書いたものもあっていいんじゃない?




========================




さっそくEに電話したら、

書いてくれたら嬉しいとの返事。


・・・東京旅行の話は後回しにして、急きょ、挑戦~~!!




=======================




母から見た「ふたり」(これ、題名のつもりね・・・えへ)



Eの母親、ゆうこと申します。

昨年3月にEよりカミングアウトを受け、母親としてEを見守ってきたつもりです。

それ以来、今まで知らなかった扉の存在に気付き、その扉を開け、新しい世界を見ています。



私自身、変わったことは・・・・

人を見る目が幅広くなったこと。

自分の考え方が変わったこと。

少なくとも、男だから女だからという考え方はしなくなった。

また、セクシュァルマイノリティのみならず、マイノリティと呼ばれる人たちへの関心が広がったこと。

そして、ほんの少し、謙虚になった。



こんな自分の変化を気づかせてくれたのは、EとR、二人の存在が大きい。

そういう意味で、二人には心から感謝しているし、これからも私のできることで応援していきたい。



Rと初めて会ったのは、今年七月初め・・・

あれから4か月しかたっていないのに、あれよあれよという間に不思議な感覚で、家族のような関係になっていました。



Eには、いつか人生を共に歩くパートナーと出会える日がくることだろうと思っていたし、

ずっとそう願っていました。


孤独に頑張るEの姿は、どこかさびしげに私の眼には映っていました。



カミングアウトしたからといって、解決でもなければ、ましてや終わりでもない。

Eにとって、それは新たなスタートだったと思います。


以前よりは孤独ではなくなったけど、かといって、Eの心の底にあるものに触れることや理解は、母親といえどもできないと、感じていました。



だから、Rという存在は、私にはとてもとてもありがたく思えたのでした。

やっと、理解しあえる人がEに見つかった。

その安ど感・・・・

どちらか一方通行でなく、お互いが理解しあえるということができる存在。



二人は、内面の、深いところで、共鳴し、影響しあっています。

おそらく、長く自分の内面を見つめ、苦しみ、考え続けてきたお互い同士だからこそ、築いている関係性なのでしょう。



お互いが、自分の人生に、必要不可欠な存在であると認識するのに、男性も女性も関係ない。

そういう人に出会えたことがすばらしい。




乗り越えなければならない課題はたくさんあることでしょう。

でも二人を見ていると、「大丈夫」って思える。





何をするにも、「楽しいこと」は重要ポイント。

いろんな角度から、グローバルに、バランス感覚を保ちつつ、

楽しく、かつ、大胆に、二人が豊かな人生を歩んでいってくれますように・・・


この二人の関係性がもっと広がって、マイノリティーゆえに苦しんでいる人たちが心を開いて話せる場ができて、こころ豊かな人生を、もっと多くの人たちが送れますように・・・・

そう願ってやみません。



この二人なら・・・・きっと・・・




付け加えて。

なにより、二人と関わっていると、私が「楽しい」んです。

私の人生も、より味わい深くなりそうな予感が・・・



ありがとう。

そしてこれからもよろしく。


愛する娘たちへ。




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

by jandaramommy | 2011-10-12 13:27 | まみーとEとRのひび